多治見は日本一アツいまち

2月6日(土)に多治見市のNPO講座「市民活動のめざすもの~協働によるまちづくり」でお話をさせていただいてきました。ご一緒にお話したのは、㈱金沢商業活性化センターの高本さん、そして、三島市商工観光課のスター柿島さん、そして、コーディネーターがぎふNPOセンターの事務局長をされていて、現在共立総合研究所にみえる市来さんでした。NPO、企業、行政という立場から協働というテーマを探るというパネルディスカッション。
長年活動されて、まちに対してすばらしい結果を出してみえるお二人と、まだ、とりあえず2年半前にはじめたが、結果がでていないぶうめらん。場違いのような感じで恐縮でした。

しかも100人ほど入れる会場がほぼ満員。
多治見の方々のまちづくりに対する熱意がすごい。
お聞きすると多治見だけではなく、各務原や江南とかからも来てみえる。そんなに広くから人を集めてくる事務局もすごいですね。
会場からも熱い質問が飛び出し、講座は大成功だったのではないでしょうか。さすが、日本一暑い町多治見です。

終了後、関市でいる少年自然の家のような場所で手作りの打上げ。様々な熱い人に出会えた日でした。
by takayukin_k | 2010-02-09 00:09 | 地域メディアのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K