風のガーデン。緒形拳を勝手に偲んで。

緒形拳さんの遺作となった「風のガーデン」をじっくり見ました。
すごくいい。
富良野を舞台にした倉本聰の脚本なので、間違いがあるわけない。
今回は花を象徴的にストーリーが進むようで、随所にすごくきれいな花。木曜日が楽しみになりました。

今回どうしてもみたかったのは、やはり緒形拳さんの遺作だから。
すごく好きな俳優さんでした。
大ファンというわけではないけれど、チャンネル変えてて緒形さんが出ていたら、「おっ」と手を止め、じっくり見てしまう感じ。

きっかけは、4年前、七尾にいた頃、能登演劇堂に緒形さんの芝居を見に行った事。たしか「子供騙し」というタイトルでした。
内容はもう忘れてしまったけれど、3人芝居で、脚本自体はあまりたいしたものではないけれど、緒形さんと篠井英介さんの圧倒な掛け合いに、すっごく興奮したのを覚えています。
緒形さんの演技をしてるとは思えない自然体の演技にぐーーと惹き込まれたんです。

たしか、ブログにも書いた・・・と思い、見直してみるとありました。その勢いが恥ずかしいわい!「うんうん、興奮したんだね~。どうどうどう。」となだめたくなる・・・。

絶対舞台をもう一度みたいと思いながら、それもかなわなくなってしまいました。ほんとに残念です。ご冥福をお祈りします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
by takayukin_k | 2008-10-10 00:08

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K