さて、追い込みの3日間

フリーマガジンぶうめらん第6号が8月1日に発行します。

最終入稿日は23日。そう、今日です。

しかし、毎度の事ながら、出来ませんでした。
今は切り替えて、25日完全入稿を目標でやっています。
というか、毎度のことだけに、23日は「たぶん無理」と思いつつの目標になっております

6回出しているんですが、未だに編集作業のよい仕組みができません。
毎回ちょこちょことやり方を試してはいますが、どうもうまくいかないというか、真剣に考えてないというか・・・。

今回から発行間隔がこれまでの3ヶ月から2ヶ月になり、一気に忙しくなりました。真剣に編集の仕組みづくりをしないと、ぶうめらんの質が落ちかねない。それに、どんどんと時間に追われ、出すことに精一杯になってしまったら、作り手が楽しめないじゃない!

第5号は、かなりの反響をいただきました。部数を増やしたことにより、プレゼントの応募もこれまでの、倍以上。
着実に広がってきています。

ハガキのメッセージを見ていると、「作っている人が関の事が好きで、楽しんで作っている」という空気感を、読んでいる方が感じてくれているようです。
本当にありがたいことです。

作り手が楽しむ事ができなければ、ぶうめらんの質が落ちる。

肝に銘じて、仕組みづくりをしていかねば。

ということで、相当楽しんでしまった第6号のコンテンツはこんな感じになりました。

-----------------------

特集1:ぶうぶうドライブ!
遠くに行かなくても、関には楽しいことがいっぱい!夏のセキをぶらり。
 今回は、板取と武儀・上之保地区です。


特集2:関の夜遊び特集
  夏は夜にフラフラしたくなる季節。
  関の夜景や関のバー、関で夜遊べるところをご紹介します。


なじみせ:おなじみの連載、
  「本当は教えたくない、いきつけにしたいお店」を紹介します。


わっちんどこ:第5号からはじまり、多くの反響を生んだ
  関のチョーローカル地域を紹介する「わっちんどこ」。  
  今回は大門町。関で一番古い商店街は、すげー濃いところでした。

新連載:大人も知らない関の歴史
  関ライオンズとぶうめらんのコラボレーションで実現!あまり知られてないけれど、すごい歴史をもつ関。その魅力をご紹介していきます。

ぶうめらんは8月1日から、順次お店に設置していきます
by takayukin_k | 2008-07-23 23:14 | 地域メディアのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K