残業をやめれば給料が増える

今日読みました。
今話題の「千円は拾うな!」(安田佳生)

要するにビジネス本なんだけど、
なぜ読もうと思ったかというと、帯に

「残業をやめれば給料は増える」

って書いてあったから。
その考え方はぜひ知りたい。
現状、自分は残業しない日はない状態で終電がほとんどだけど、それはだれにとってもプラスじゃない。

印象に残った事
■最近は「勤勉」とか「努力」の言葉の意味が変わってきているとのこと。
 今や人と同じことをコツコツやり続けることが「勤勉」でも「努力」でもない。今は、人と違う成果を出すために新しい やり方を考え、実行することが「勤勉」で、もっとも短い時 間で成果を出す工夫をすることが「努力」ということ。

そうそうそうなんですよ。

■残業をやめれば給料が増える
仕事を終わらせるために一生懸命残業している人が多いが、仕事の時間を減らすことは以外にできる。とのこと。

とりあえず、すぱっと時間を短縮してみる。
仕事の時間を大幅に削減しながら成果を維持するためには何かを劇的に変えなければいけない。その仕事のやり方を劇的に変える方法を見つけることが「成長」。空いた時間で劇的に変える方法を考える。
休みなく働いていると目の前の仕事をこなすことが精一杯で、やり方について考えることができない。
また、こうも言っている「一見人間は仕事をしながらスキルアップをしているように思うが、ただ単に仕事をこなしているだけではスキルアップなんてできない。仕事のスキルを上げる練習をしなければいけない。その練習が、深く考えるであったり、成果を劇的にあげる方法を考えるということ」

なるほどな~と思った。今の仕事でも、絶対毎日仕事をするだけではなく、本による知識を詰め込んでいかないと、成長はない。本を読んで考える時間を無理やりにでもとることが、少ない時間で今以上の成果と、自分の成長が望めるようになるのだと思う。

明日から、この本で読んだことを宣言して、早く帰る宣言をしようかな。。。
by takayukin_k | 2006-03-12 21:25 | 読んだ本

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K