1/2,1/3:能登半島地震

【1月2日の活動】
朝から能登半島地震のニュースをテレビやSNSで。
関善光寺さんにご挨拶に立つ予定でしたが、「おめでとうございます」という気にもなれず
取りやめにしました。

関市としてどんな支援準備をしているのか確認をしました。
給水車派遣と、災害協定を結んでいる姉妹都市の氷見市の必要物資の調査をしているとのことでしたが、
午後から早速出発していだけました。
下記、関市の1/2公式facebookより抜粋です。
1月1日に発生した能登半島地震に伴い、関市の姉妹都市である富山県氷見市に飲料水を提供するために、市職員7名が市役所を出発しました。
市の備蓄倉庫から500ml✖️1200本と株式会社ビクトリーから無償提供いただいた飲料水500ml✖️1440本と2l✖️1152本を3台の市の車に搭載し、氷見市へ向かいます。
明日には市単独で給水車の派遣も行う予定です。

災害では、時期を超急性期・急性期・亜急性期・慢性期・平穏期に分けられます。

超急性期では発災から2,3日。自衛隊やDMATなどの支援。
この時期に、必要とされていない物資を送ることや個別で連絡することが、被災地にとってご負担となるため
個人としての活動として募金活動がいいと思います。

ただ、まだ断水が続いています。
2本の橋が通行止めとなって孤立していた能登島は橋が片側通行で通れるようになったそうです。

また、民間の企業や団体を対象に、支援物資の受け入れが始まりました。
1/2,1/3:能登半島地震_a0026530_07173031.jpg
1/2,1/3:能登半島地震_a0026530_07173517.jpg
1/2,1/3:能登半島地震_a0026530_07173880.jpg
ご支援いただけるかたは、下記よりお申し込みお願いします。

ただ、この必要物品も日々変わっていきますのでご注意お願いします。


【1月3日の活動】
朝は、帰省している友人とアロマオブコナさんでモーニング。
待ち時間が出るほどの大盛況でした。
確かに3日から営業してくれているところが全然ないんですよね。
ありがたかったです。

その後、子どもたちと、ネットフリックスで映画をみるなどゆっくりと過ごしました。
「飛んで、埼玉」2回目ですが、むっちゃ面白いですね。

何人かの方から「能登半島地震のことでできることがあれば」と
ありがたいご連絡をいただいております。

先方の方と連絡調整をしております。

ーーーーーーーーーーー
まちづくりのNPOを経営して16年。政治にも取り組みを進めました。
「あなたを政治のお隣に」

■北村たかゆき公式サイト

■instagram

■youtube

■Twitter



by takayukin_K | 2024-01-03 22:42 | 日々の政治活動

岐阜県関市でまちづくりの代表を16年し、市議会議員となりました。関市のまちづくりを政治活動、NPO活動、地域活動のさまざまな視点からお届けします。


by takayukin_K