関のモーニング全店制覇の旅vol.65 ハーベスト。「今、頑張っているパパやママが洞戸に住みやすくなるために応援したい」

関のモーニング全店制覇の旅。65店舗目は、洞戸にあるハーベストさんです。

NPO法人洞戸村ふるさと塾やNPO法人キウイスポーツクラブ等洞戸地域のまちづくりの事務局として尽力されてきた
武藤記子さんが念願だったカフェを6年前にオープンされました。

ぶうめらんでも何度か取材させていただいております。
最近では、昨年2017年の9月に若者がU35で構成される「わかもの会議」の中で若者が行ってインタビューさせていただきました。
その中で武藤さんのカフェハーベストへの想いもたっぷり書かれているので、そちらも掲載しますね。

さてさて、今回は、facebookでモーニングがあるとはじめて知りまして早速突撃してきました。
いつもの通りホット!と行きたいところでしたが、ここは洞戸。
ついついキウイとバナナのスムージーを頼んでしまいました。
そしてでてきたモーニングがこちら。
a0026530_16005333.jpg
キウイスムージー、手作りパン、サラダ、ヨーグルト。

なにより美味しいのが手作りパンです。日替わりで武藤さんが焼いたパンが食べられます。
今日は、シナモンパンとバーネットスライス。バーネットスライスがうまい。あと5つくらい食べたい!(パンの追加は+50円ですって!)
キウイスムージーもうまい!!

お店にはキウイの焼き菓子もありました。
洞戸はキウイが名物といってもなかなか食べられる所がないので、キウイを使った食べ物があるのはとっても嬉しいです!
また行きたいです。
これで飲み物代だけ。
キウイスムージーは500円
ホットコーヒーは400円。

ランチもあります。
冬野菜と大豆のキーマカレーや、本日のスープと自家製フォカッチャなどなど。今度はランチを食べに行こうと思います!

-----------

「洞戸のカフェ・ハーベストの武藤さんと語ろう」

a0026530_16003968.jpg

私たちと同世代のお子さんをもつママ、武藤記子さんが経営するハーベストでは、カフェだけでなく、駄菓子や文房具の販売や、トールペイント教室やフラワーアレンジメント教室などが開かれています。

小関:どうして洞戸でカフェを?

武藤さん:もともと出身は広島で、働き盛りは名古屋で働いていましたが、それから家族で洞戸に移り住むことになって、15年になります。以前は洞戸のNPO法人や、生涯学習センターに勤めていました。

カフェを始めることになったのは、知り合いから声をかけてもらったのがきっかけ。

改装費や片付けが大変で、やっとオープンしたのは今から6年前になります。

合併前から、スーパーや喫茶店など、洞戸からどんどんお店がなくなりました。だんだん活気がなくなる洞戸を見て、「何かやらなきゃ」、そんな気持ちでカフェを開きました。

子どもの必要なものが買えて、運動公園に来た人が合間に立ち寄れるように、駄菓子や文房具が買えるカフェにしました。今では子どもからお年寄りまで見守れる、地域密着型のカフェになりました。

川村:これまでにもいろいろやってきたんですね。

武藤さん:自分にできることをやってきたらこんなことになっちゃった(笑)。でも子どもが大きくなる前から始められてよかった。歳をとってからだと、地域に溶け込めず引き籠っていたと思います。子どもを通じて、地域に自分を知ってもらえました。

加藤:カフェを経営するのは大変ですか?

武藤さん:食品衛生責任者の資格や、保健所への登録などの準備が必要です。他にも、持ち帰りには菓子製造業が、ジャムを販売するなら瓶詰製造の許可が必要です。

看板の設置や、板取への観光客の増加のおかげでお客さんも増えましたが、利益優先ではなく、自分にできることを大切にしています。

丸茂:洞戸にこんな素敵なカフェがあるなんて!地域と繋がり続ける気持ちの源は何ですか?

武藤さん:どの仕事も、やっている人が「楽しそう」だったから、この輪の中に入りたいと思えました。自分のできること、洞戸でできることを探した結果が今に繋がっています。

これからは次世代に引き継ぐ番。地域行事も若い人に繋いでいきたいのですが、なかなか難しい。

今、頑張っているパパやママが住みやすくなるために、このカフェを通じて洞戸を応援していきたいです。

応援のひとつとして、キウイフルーツを使ったメニューの提供もしています。「キウイの宴」というコンテストは知っていますか?キウイを使ったメニューを募集する企画ですが、コンテスト後もここでメニューを提供できるようにしています。

和田:趣味も仕事に生きていて、すごいですね。

武藤さん:「やりたい」と思っていることは、今はできなくても、絶対できるときが来る。思い続けることが大切ですよ。

夢を実現できたのは、地域の思いと自分にできることを紡ぎ続けた武藤さんのあたたかい姿勢の賜物でした。

お世話になったお店

ハーベスト(月・火定休日)関市洞戸黒谷135-1

営業時間:水木金15時~18時、土日9時~18

連絡先:090-2267-3159

洞戸住民のあたたかい空気が流れるほっこりカフェ。




ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」

by takayukin_K | 2018-02-11 17:12 | 関のモーニング全店制覇の旅

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K