2017年、ぶうめらんが取り組む4つのこと。

新年あけましておめでとうございます。

ぶうめらんの北村です。
いつもよりゆっくりの年末年始を過ごさせていただいております。

2016年も大変お世話になりました。
様々なことがありましたが、一番大きかったのが、
3月の関市美濃市の高校生全員に配布するフリーマガジン「高校生ぶうめらん創刊」です。
そこから、関の高校生への取り組みに力を入れてきた1年でした。

やはり、以前から言っていることですが、まちづくりにはメディアからはじめることが、
すごく有効だと再確認しました。
高校ぶうめらんを創刊後、企業からの高校生との引き合いや高校からの引き合いなどなど、
これまでと違うつながりをつくることができました。

さてさて、2017年。
2007年に法人化したNPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらんは2017年6月で10年を迎えます。
そして、フリーマガジンぶうめらんも10周年。
関のいいところを、関の人が紹介する「関のネタ帳」として、
関市の中日新聞販売店さんに協力していただいて2万部配布をしておりますが、
10年経つといいところ、悪いところがでてきます。

フリーマガジンは、今年の10周年に合わせて大幅にリニューアルをする予定です。
議論はずっとしているんですが、まだノープラン!!!
さてさてどんな紙面になるのでしょうか。
「休刊」とか「webに移行します」とかはないです。
関ではまだ紙媒体であることの意義は大きいですので。

さて、その他のまちづくり事業についても、今年はどんどん新しいことにチャレンジしてきます。
なにせ、昨年11月から一人専従職員を増やしまして、
専従職員が3名、パートが2名の体制になりました。
新職員の新しい視点からの取り組みとともに、自分に時間が少しできると思うので、
これまで温めて準備してきたことをやれたらいいなと。

それが、以下の4点です。

一つが、高校生フリーマガジンの次の展開として、高校生が関の企業のことを体験するプログラム。
二つ目が、20代から30代の若者が関のまちづくりに参加するための取り組み、
三つ目が、関の中小企業によるCSV事業を増やす取り組み。
そして最後に、2017年は準備段階だと思いますが、関の観光への取り組みです。

関の高校生に関に残って欲しい、関にUターンして欲しいという想いでまずは情報提供をはじめています。
次の展開としては、情報を得て、体験して、具体的に結びつけること。
インターンシップのような方法になるか、今、いろいろと模索しているところです。
また、CSVに関しては、これまで三輪塗装さん等でお手伝いさせてもらってきましたが、
これをもっともっとたくさんの企業、お店に広げていきたいと思っております。
そのために「塾」や「サロン」の形を関がています。
その他に関しては、長くなってしまうので、またおいおいブログで書いていきます!

そして個人のこととしては、ブログをちゃんとかんばります、動画を使いこなせるようになりますという2点。
ありがたいことに、ポツポツこのブログをみて仕事の依頼をしていただけるケースも
増えてきたんですよ。
ちゃんと書き続けないといけないと思っております。

また高校生はじめ若い子と話す機会が多くなって、びっくりするほど動画文化が浸透していることを知りました。
おじさん食らいつかなければいけません!
とりあえず、ユーチューバーになろうと思います(笑)

初詣は関善光寺から。
2017年、ぶうめらんが取り組む4つのこと。_a0026530_23231073.jpg



ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」

by takayukin_K | 2017-01-01 23:50 | 中間支援のまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K