モネの池に路線バスでいけるんです!「路線バスで板取の旅」

関市は交通の便がいいところ。ただし、自家用車に限る。

名鉄美濃町線の廃線で、岐阜市からの路線がなくなり、都会から電車でくるのは大変不便になりました。
しかし、高速のインターチェンジは市内に3つもあり車では大変便がいいです。

今回、関市まちづくり市民会議のチームKJB(観光循環バス計画)では、もっと
関市の観光に公共交通を活かすことができないかを考えました。

そこで考えたのがしたのがこの企画。

関シティーターミナルから板取への日帰り旅行
「路線バスで板取の旅」

もともとある路線バスから、市民会議メンバーの皆さんが、板取観光ができるモデルコースを作成しました。
正直バスの本数は多くないため、ある程度楽しんで帰ってくるためには、ほぼこの2つの方法しか
ないと思います(笑)

1、モネの池/板取川温泉コース
2、モネの池/21世紀の森コース

今回、通常バス代金が600円かかるところ、この期間中だけは400円になります。
バスは休日は本数が減るため、このモデルコースでいけるのは、平日のみとなります。
もちろん、通常も走っているバスに乗るので、この期間でなくても行くことができます。

バスで行けば、お酒も飲める!
バスでゆっくりと板取を楽しみませんか!

期間:平成28年6月20日(月)〜6月30日(木)
チケットは、関シティーターミナル待合所旅行センターで買えます。

まだ、チラシを配っただけですが、かなり問い合わせがあります。
驚くほどの反響。

a0026530_16030136.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」

by takayukin_K | 2016-06-16 16:10 | 中間支援のまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K