関市の子どもの12人に1人が貧困で、10年前から倍増

子どもの貧困についての課題の認知が随分と広がってきました。

先日まで中日新聞が連載していた「新貧乏物語」はとても真に迫る内容で、
私の周りでも話題になっています。

関市においても例外ではありません。
子どもの貧困の統計というものなかなか難しい面があり、
数字にみえてこない貧困家庭はたくさんありますが、
とりあえず、関市が要保護、準要保護に認定している子どもの人数は、

平成26年度は小学校、中学校で7,774人中693人。
8.91%です。
平成16年には合併前ではありますが、4.4%でしたので、ほぼ倍増しています。

※追記
要保護とは生活保護家庭、準要保護が生活保護まではいったてないけれど、支援が必要な家庭です。
世界的に言う「相対的貧困率」(標準所得の半分の所得)ではありません。ちなみに、日本の相対的貧困率は6人に1人だといわれています。

関市にはまだ学習支援をしている場所はありません。
ただ、岐阜県内ではぎふ学習支援ネットワークができており、すでに10カ所が連携しています。
関市から近い学習支援の場には、関市にはないからと通っている子もいると聞きます。

そういった課題と現状があるなかで、
公募の市民で関市のまちづくりを考える「関市まちづくり市民会議」では、「チーム子援隊」が結成されて、貧困家庭の学習支援への取り組みが始まりました。

6月18日にぎふ学習支援ネットワーク共同代表の中川健史さんをお招きし講演会を実施し、
7月26日(火)〜29日(金)には「夏休み宿題お助け教室」を実施します。

チーム子援隊のみなさんも精力的に動いていただいています!
まずはぜひ講演会へ!

-----
講演会『岐阜における子どもの貧困と学習支援』
日時:平成28年6月18日(土)13:30〜15:00
場所:わかくさ・プラザ総合福祉会館3階

講師:中川健史さん
一般財団法人ぎふ学習支援ネットワーク共同代表
NPO法人仕事工房ポポロ代表

定員60名

主催 関市まちづくり市民会議チーム子援隊 
申し込み問い合わせ:関市市民活動センター 0575-24-7772
こくちーずでの申し込みが便利です。
http://kokucheese.com/event/index/398118/




関市の子どもの12人に1人が貧困で、10年前から倍増_a0026530_11470944.jpg

関市の子どもの12人に1人が貧困で、10年前から倍増_a0026530_11585064.jpg


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」

by takayukin_K | 2016-05-29 12:02 | 中間支援のまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K