4月に読んだ本について

4月に読んだ本で一番良かったのは、五木寛之さんの「金沢さんぽ」でした。
五木寛之の書いた金沢エッセイを読んだことがなく、新刊で出てたので買いました。見た目は新幹線ブームに乗って、これまでのエッセイを寄せ集めて作った適当感漂う本でしたが、内容は素晴らしい!五木さんが、暮らしの中で歩いて感じた金沢が沁みます。あ〜住んでた時にこんな感性がほしかった。主計町を歩いたことなかったし‥。ということで、ゴールデンウィークに金沢行ってきました!


----
2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2458ページ
ナイス数:6ナイス

金沢あかり坂 (文春文庫)金沢あかり坂 (文春文庫)
読了日:4月29日 著者:五木寛之
ワークショップデザイン――知をつむぐ対話の場づくり(ファシリテーション・スキルズ)ワークショップデザイン――知をつむぐ対話の場づくり(ファシリテーション・スキルズ)
読了日:4月27日 著者:堀公俊,加藤彰
五木寛之の金沢さんぽ五木寛之の金沢さんぽ
読了日:4月27日 著者:五木寛之
ヘルマン・ヘッセ―危機の詩人 (新潮選書)ヘルマン・ヘッセ―危機の詩人 (新潮選書)
読了日:4月25日 著者:高橋健二
ぼくは本屋のおやじさん (ちくま文庫)ぼくは本屋のおやじさん (ちくま文庫)
読了日:4月25日 著者:早川義夫
岐阜は名古屋の植民地!?―東京・大阪の衛星都市も同じだ!?岐阜は名古屋の植民地!?―東京・大阪の衛星都市も同じだ!?
読了日:4月25日 著者:松尾一
缶ビールのロマンス (角川文庫 (5722))缶ビールのロマンス (角川文庫 (5722))
読了日:4月20日 著者:片岡義男
街場の現代思想 (文春文庫)街場の現代思想 (文春文庫)感想
さすが内田先生。素晴らしい本でした。若者の相談に答えるという流れだが、特に結婚と離婚の話がいい!その章のタイトルは「結婚という終わりなき不快について」(笑)「その不快をクリアした人間には、人間を人間たらしめている決定的な資質である『他者と共生する能力』を得られる。つまり結婚とは、理解も共感もできなくても、なお人間は他者と共生できるということを教えてくれる制度」だそうです。
読了日:4月15日 著者:内田樹
誰もがいま淋しい (角川文庫 (5973))誰もがいま淋しい (角川文庫 (5973))
読了日:4月6日 著者:片岡義男
白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)
読了日:4月6日 著者:東野圭吾

読書メーター

by takayukin_K | 2015-05-07 14:09 | 本によるまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K