11月で読んだ本で一番良かったのは『グッドワークス!』

先日、久々にお会いした大学院恩師の木村宏恒先生から、「ブログを見たけど、君はもっとちゃんとした本を読みなさい」とお叱りを受けました。
確かに、小説、エッセイやらが多くて専門書が少ない・・・・・・。
もっと精進せねば。

11月に読んだ中で一番良かったのは、『グッドワークス!』でした。
企業が「善いことをして良い業績を残す」ための本でいろんなアイディアが湧いてきました〜。
マーケティングの巨匠フィリップ・コトラー書く企業が「善いことをして良い業績を残す」ための本。今、自分の中でのテーマにぴったりな本で、アイディアが湧いてくる素晴らしい本でした。事例も豊富なのもよかったですが、単なる紹介ではなく、この分野をしっかりと系統付けてくれていることがありがたい。最終章でNPO、支援セクター向けへの提言もありズバリでした。
グッドワークス!



2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2857ページ
ナイス数:28ナイス

133キロ怪速球 (ベースボール・マガジン社新書)133キロ怪速球 (ベースボール・マガジン社新書)
読了日:11月30日 著者:山本昌
壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)
読了日:11月29日 著者:壇蜜
創発的破壊 未来をつくるイノベーション創発的破壊 未来をつくるイノベーション
読了日:11月29日 著者:米倉誠一郎
グッドワークス!グッドワークス!読了日:11月24日 著者:フィリップコトラー,ナンシー・R.リー,デビッドヘッセキエル
旅をする木 (文春文庫)旅をする木 (文春文庫)
読了日:11月24日 著者:星野道夫
紙の月 (ハルキ文庫)紙の月 (ハルキ文庫)感想
普通の人が、劇的なものではなく、普通に犯罪に手を染めていく。こんなのであれば、普通に日常でありそうで怖くなった。そこに落ちる人と落ちない人はほんのわずかな環境の差。女性が読めばもっと細かな心理描写まで共感できるのだろう。男としては、女性がこう考えているものなのかと勉強させてもらった感じ。
読了日:11月16日 著者:角田光代
Nのために (双葉文庫)Nのために (双葉文庫)
読了日:11月10日 著者:湊かなえ
5 (角川文庫)5 (角川文庫)
読了日:11月7日 著者:佐藤正午
カフカ自撰小品集 《大人の本棚》カフカ自撰小品集 《大人の本棚》
読了日:11月3日 著者:フランツ・カフカ

読書メーター

by takayukin_K | 2014-12-02 15:54 | 本によるまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K