10月に読んだ本たち

10月は11冊の本を読みました。
今月今回一番よかったのは、森下典子さんの「日日是好日」かな〜。
茶道をやり続ける中で感じたことを、お茶をはじめた頃から20年以上経った時まで書き綴ったエッセイ。まったくお茶に関して無知なんですが、勧められて読んでみました。
お茶をやるってこういうことなのかとちょっとだけわかった気がします。
お茶がやりたくなった。


2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2813ページ
ナイス数:44ナイス

西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事感想
いろんな意味で勉強になった。この本を読んでから音羽館に行けばよかった。実際すごくいい本の出会いがあって、一時間以上いてしまった。
読了日:10月27日 著者:広瀬洋一
迷子の王様: 君たちに明日はない5迷子の王様: 君たちに明日はない5
読了日:10月26日 著者:垣根涼介
失われた感覚を求めて失われた感覚を求めて
読了日:10月22日 著者:三島邦弘
ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポダーリンは外国人 ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポ
読了日:10月19日 著者:小栗左多里,トニー・ラズロ
大相撲の見かた (平凡社新書)大相撲の見かた (平凡社新書)
読了日:10月17日 著者:桑森真介
日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)
読了日:10月16日 著者:森下典子
新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた 角界の闇に斬り込んだ30年間の取材記録 (小学館101新書)新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた 角界の闇に斬り込んだ30年間の取材記録 (小学館101新書)
読了日:10月13日 著者:
銀翼のイカロス銀翼のイカロス感想
一気読みでした。さすが!ただこのシリーズ全てそうですは、やっぱり半沢の言っていることは銀行の論理。行き過ぎの主張と感じるところもあって純粋に応援できません。そういう違和感も含めて池井戸さんは書かれているんだと思います。池井戸潤さんの作品は銀行ものより中小企業が舞台のもの方が好きですね。今文芸誌で連載中の足袋の会社を舞台にした「陸王」が楽しみです。
読了日:10月13日 著者:池井戸潤
二度寝で番茶二度寝で番茶
読了日:10月9日 著者:木皿泉
永遠のディーバ: 君たちに明日はない4 (新潮文庫)永遠のディーバ: 君たちに明日はない4 (新潮文庫)
読了日:10月7日 著者:垣根涼介
優雅なのかどうか、わからない優雅なのかどうか、わからない
読了日:10月5日 著者:松家仁之

読書メーター

by takayukin_K | 2014-11-07 18:24 | 本によるまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K