6月に読んだ本たち

6月は印象に残る本が多かったです。
特に平川克美さんの「消費をやめる 銭湯経済のすすめ」。前著「小商いのすすめ」の考えを更に進めたもので、藻谷浩介さんの「里山資本主義」、平田オリザさんの「新しい広場をつくる」、内田樹さんらの「評価と贈与の経済学」につながる考え方でした。関市が今後目指すべき姿はこういうことだと思っているので、そのうちに考えをまとめて書きたいと思っています。

小説では、山崎豊子さんの「花のれん」がものすごく面白かった!山崎豊子さん初期の本で、名作だと思います!


2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3860ページ
ナイス数:73ナイス

「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ (シリーズ22世紀を生きる)「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ (シリーズ22世紀を生きる)
読了日:6月29日 著者:平川克美
女のいない男たち女のいない男たち感想
短編は長編より村上春樹臭が濃過ぎなくていい。だからこそ彼の表現や世界感にほろ酔いできる。BARでビールを飲んでそのあとウイスキーのダブルの水割りをちびちび。まさにそんな感じの話たちだった。
読了日:6月27日 著者:村上春樹
ロードバイクバイブル (エイムック (1203))ロードバイクバイブル (エイムック (1203))
読了日:6月23日 著者:エンゾ早川
天才たちのプロ野球天才たちのプロ野球
読了日:6月21日 著者:二宮清純
幸福な田舎のつくりかた: 地域の誇りが人をつなぎ、小さな経済を動かす幸福な田舎のつくりかた: 地域の誇りが人をつなぎ、小さな経済を動かす感想
イマイチ。事例集に登場する地域は面白いが、筆者独自の分析もない。ネットで得れるレベル。
読了日:6月18日 著者:金丸弘美
時代屋の女房 (1982年)時代屋の女房 (1982年)
読了日:6月18日 著者:村松友視
落語こてんパン (ちくま文庫)落語こてんパン (ちくま文庫)感想
数ある落語家の書いた本にはつまらないものも多いがこの本は面白かった。柳家喬太郎が落語のあらすじを簡単に説明しながらその噺についてたらたらと書いた軽い本。いい具合に力が抜けてて、気軽に落語を知れる。
読了日:6月17日 著者:柳家喬太郎
「忘れられた日本人」の舞台を旅する----宮本常一の軌跡「忘れられた日本人」の舞台を旅する----宮本常一の軌跡
読了日:6月16日 著者:木村哲也
プロ野球 二軍監督--男たちの誇りプロ野球 二軍監督--男たちの誇り
読了日:6月13日 著者:赤坂英一
池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)
読了日:6月12日 著者:池上彰
太陽の棘(とげ)太陽の棘(とげ)感想
すごい本だった。戦後すぐに沖縄に派遣されたアメリカ軍精神科医と沖縄の芸術家たちとの交流を描いた物語。終戦後間もない沖縄の状況や生活、アメリカ人の心情など重苦しい話を土台として、その上に描かれる、誇りを持ち絵画を描くニシムイの画家たちの鮮やかな生き様がより際立つ。
ニシムイ芸術村が存在し、タイラのモデルとなった玉那覇正吉も、その自画像(表紙)も実在することを、最後の謝辞まで知らなかった。それを知ってあらためて、この物語の凄みを感じた。作品を沖縄まで見にいきたい。
読了日:6月11日 著者:原田マハ
花のれん (新潮文庫)花のれん (新潮文庫)
読了日:6月8日 著者:山崎豊子
公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)
読了日:6月7日 著者:熊谷俊人
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
読了日:6月5日 著者:村岡恵理
子どもの本屋、全力投球 (就職しないで生きるには 9)子どもの本屋、全力投球 (就職しないで生きるには 9)
読了日:6月3日 著者:増田喜昭

読書メーター

by takayukin_K | 2014-07-02 11:06 | 本によるまちづくり

岐阜県関市でまちづくりの代表を16年し、市議会議員となりました。関市のまちづくりを政治活動、NPO活動、地域活動のさまざまな視点からお届けします。


by takayukin_K