新しい公共モデル事業

多世代憩いの広場てらっこが、来年度の岐阜県新しい公共モデル事業に採択いただけました。
いつの間にか情報解禁してたんですね。

新しい公共モデル事業採択事業

てらっこスタッフブログ

今年度は、関善光寺で開催していた「てらっこ」。超ざっくりと言うと、お寺で、ばぁばとママがスタッフとなって、ママと子どもがゆっくりできる場を作るという事業です。
浄土宗さんの共生・地域文化大賞の優秀賞も頂くなど、大変評価いただける事業にすることができました。
もともと、お寺は、どの地域にもあるので、色々な場所できたらいいな〜と思っていたところ、新しい公共モデル事業でその想いを認めていただけ、来年度関市の旧郡部の2地域でも開催することになりました。
そこでは、地域のまちづくり委員会と連携して実施していきます。
まずは関係者による運営委員会立上げをするため、バタバタと調整や資料づくり。会場にさせてもらうお寺やスタッフを調整しています。
5月オープン予定なのでがんばらなければ。

それにしても、新しい公共の運営委員会議事録で、審査会の様子が結構細かく出てるんですね。
さっきHPを見て気がついた(笑)


ちなみに、3月31日には、共生・地域文化大賞の優秀賞授賞記念イベントやりますのでぜひお越しください!
新しい公共モデル事業_a0026530_23493185.jpg

by takayukin_K | 2012-03-09 00:13 | 地域メディアのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K