活動をメディアに取り上げてもらう3つの方法

関市市民活動センター通信「しっぷす第6号」を発行しました。

さて、今回の特集は、「活動をメディアに取り上げてもらうための3つの方法」です。

先月、IIHOEの川北さんのお話を聞き、市民活動団体にとって本当に役に立つ使える情報を提供しないといけないという当たり前のことを再認識しました。
関市の団体が求めていることって、やっぱり広報・集客で、新聞やテレビに掲載してほしいというニーズは大きいのではないでしょうか。

この通信を見て、団体の方がすぐに行動が起こせるように、関市内のメディアの連絡先、FAX番号、プレスリリースの手順・方法そして、取り上げてもらいやすい視点について掲載しています。

これに伴って、市内市民活動団体の方で、当センターにプレスリリースしたい情報をお持ちいただければ、この地域のメディア全部に、プレスリリースするサービスをはじめます。
また、以前から行っていますが、当センターにチラシを持ってきてもらえれば、市内8か所(中央図書館、わかくさプラザ、市役所、板取・洞戸・武芸川・武儀・上之保生涯学習センター)の施設にチラシを一斉配布する「おどろ木」というサービスもあるので、こちらも合わせて利用してもらえれば、市内への情報はかなり行きとどくのではないでしょうか。
もちろん、団体の方が望まれれば、フリーマガジンぶうめらんにも、掲載いたします。

さて、さてこのしっぷす通信、関市の方々には、2月1日頃の回覧板でお届けできると思います。
また、市民活動センターのHPにもアップいたしましたのでぜひご覧ください。
みにくいのが申し訳ない。後でなおします。
http://seki-siminkatudo.com/news.html
by takayukin_K | 2012-01-18 23:41 | 中間支援のまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K