関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

君は関のオモシロユーチューバーを知っているか

年初の目標で、今年はユーチューバーになると宣言しましたが、

早々に断念しました。

なぜなら、とりあえず、ゴリラポッドや自撮り棒とか買って、

自分でしゃべって撮ってみたけれども、その動画が、まったく

面白くなく、見るに耐えないものだったこと。


当初公開していましたが、封印しました。


そしてもう一つの理由が、新生のように現れた彼らの存在です。


THIS IS SEKI YouTu

a0026530_11214302.png


新婚夫婦とその又従姉妹のJSが繰り広げる関の面白さを発信する動画で、

やる気があるのかないのか、意気込みは伝わってくるゆるーい世界が広がっています。



1弾は、関でおもしろゴミ拾い。


ゴミ拾いをしながら面白いゴミを探そうという企画。

ゴミ拾いが面白いわけないじゃないか!

と思うなかれ。

やっている3人はとっても楽しそうです。

すでに第3弾までやっとる!


他にも

「黒い謎物質を食べてみた」



「雪降るモネの池」



「路地裏をひたすら歩いてみた」

「どでかい天狗岩に登ってみた」


まだ始めたばかりで視聴回数はまだまだですが、

そうはいっても、「雪降るモネの池」なんて、僕の動画の100倍のアクセス数です(笑)


どれも数分の短いものなので、ぜひ見てみてほしい!

今後、どんな企画がでてくるのか楽しみです。


ぜひ「偽親善大使がイク!」ってやってほしい。


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-02-16 11:33 | 地域メディアのまちづくり

アラサーが学び合う起業支援の場所を。

この1、2ヶ月ソーシャルビジネス関連の事業がいっぱいです。

1月28日には関のソーシャルビジネスプレゼン大会
2月9日には、関でソーシャルビジネスセミナー
そして、昨日、2/11は岐阜市で「アラサー起業家応援ラボ ソーシャルビジネスの作り方セミナー」でした。

今回は岐阜県から委託を受けたぎふNPOプラザの事業で、ぎふNPOセンター理事として企画から携わりました。

まずは講師の田代 達生さんからソーシャルビジネスとはなんぞやとうことをお話
そして5人の将来的に起業してみたいアラサーからプランを発表してもらい、
の後それぞれ応援したいと思った発表者と参加者がグループを作り、グループでブラッシュアップしました。
そして、発表して、田代さんからコメントをもらうという方式。
a0026530_11522347.jpg

今回勇気を持ってプレゼンしていただいた方々は

氏名:汲田真一さん
年齢:25歳
プレゼン内容:レンタル傘

氏名:丹羽達哉さん
年齢:31歳
プレゼン内容:地域密着型のリノベーション建具屋

氏名:栗本悠史さん
年齢:30歳
プレゼン内容:地元に愛され、旅行者と触れ合える交流型ゲストハウス

氏名:石川貴之さん
年齢:29歳
プレゼン内容:地元のストーリーを織り込んだカトラリー(洋食器)づくり

氏名:平工顕太郎さん
年齢:33歳
プレゼン内容:長良川川漁師の新事業

今回こういうやり方をするのははじめてでしたが、色々と試行錯誤して企画してみました。

やりたかったのは「学び合い」。

今、企業支援の方々がやる起業セミナーとかあふれている時代ですから、
いくらソーシャルビジネスといってもNPOが普通にセミナーやっても、意味がないです。

僕らの強みはコミュニティをつくることです。
若者のチャレンジを応援するコミュ二ティ、起業を目指す人同士のコミュニティなどなど。

ということで、今回の「アラサー起業家応援ラボ」のメインは、

それぞれ応援したいと思った発表者と参加者がグループを作り、グループでブラッシュアップすること
a0026530_11523262.jpg
この参加者同士でブラッシュアアップする時間がかなり盛り上がりました!!
実は参加していただいた方々が急に意見とか言えるのかと心配していましたが、
いやいや、失礼しました。
みなさん、それぞれの立場や専門があり、その視点での意見があります。
その別の視点からの意見がとってもプレゼンターの方にも新鮮だったようです。

また、発表者にとって、自分のために一緒に一生懸命考えてくれる人がいるということが、
今後のモチベーションや事業の進度に大きく関わってくることだと思います。
これは、僕が東海若手起業塾を通して学んだことです。

今回、ぎふNPOセンターとして、アラサー世代を対象に、ソーシャルビジネスの事業をやるのは、はじめて。
つながりも弱い中、「ぎふアラサー会議」方々には、大変なご協力をいただきました。
今回の発表者も全員ぎふアラサー会議から、お声かけていただいて選出していただいております。
ぎふにこういうコミュニティがあることが嬉しいです!
アラサー会議は次回、4/29に東濃で開催しますよ!
また、同じく、日本ファンドレイジング協会東海チャプターの方にも、協力いただき、
当日、それぞれのグループに入っていただきアドバイスをいただきました。
ファンドレイザーの方が入っていただいたことで、グループワークが一気に厚みを増すことができました!
ありがとうございます!!
代表の北山さんなんて、当日朝博多にいたのに、飛行機で駆けつけてくれました!

講師の田代さんからは、「この方法はすごい良かった!」とベタ誉めいただき、有頂天になりました

が、

そういえば、セミナーの最初で「僕の起業相談は褒めて伸ばすタイプなので、田代が言ったからオッケーとは思わないでね」
と言っていたことを後で思い出しました。


こんな事業でした。
a0026530_12121727.jpg
ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-02-12 13:13 | 中間支援のまちづくり

視察に来ていただき、市民活動センターとして裾野を広げる活動が足りてないと感じました。

昨日は、亀山市役所の方と、亀山市の市民活動センターの職員の方そして
地域のまちづくり協議会や市民活動をされている方が、
関市市民活動センターに視察に来ていただけました。
a0026530_10020663.jpg


視察には今年度4、5団体ほど来ていただいておりますが、
そこでいただく質問で、新たな視点がいただることが面白いな〜と思っています。

それは大きく2点で、ここが自分達は足りてない、考えられてないという点と、ここで驚いてもらえるのかという点と
いう点。

今回で「足りていないな〜」と感じた質問は
まちづくりに関して、関心の高い地域と低い地域があると思うが、特に低い地域に対してはどのように支援しているか?
というもの。

「むむむ、今はあまりできていません」というお答え。
今年度からは特に、ソーシャルビジネス支援等、頑張っている団体、人をサポートするという面が強くなっています。
いわゆる市民活動やボランティアを行う裾野を広げる活動というのが、意識が弱くなってきてしまったな〜という反省。

意識の低い方は、相談には絶対きません。近くまで出向くいて直接話す場とか何か考えていく必要があるなと感じました。

一方、驚いてもらえたのは、事業の数。
数えたらセンターとして年間80回近く開催しています。

それも、ほとんど定員10人以下の小さなイベントをたくさんやっていることです。
まあ、毎週PC相談会やっていますし、月2回は関のおしゃべりカフェ、月1回は市民活動プチイベント、隔月ではじめてのNPO講座などなどをやっています。

多種多様な時代の中、市民が何にひっかかかるか全くわかりません。
おしゃべりカフェでは、毎回テーマを変えて実施しています。
1月は「子どもの貧困について話そう」
2月は「俳句について話そう」
3月は「駄菓子を話そう」
なんの関連性もないテーマですね(笑)

以前に書きましたが、100人のイベント1回よりも10人のイベント10回。
はじめてのNPO講座とかは誰も申込者がいなくて中止になることは年6回中2回ありました。
ちなみに次のNPO講座は、2月15日(水)19時から。
(小声で…点いまのところ申込者ゼロです。)

気軽に入ってくれる場をできるだけたくさん用意することが、必要だと思いやっています。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-02-09 10:26 | 中間支援のまちづくり

小規模多機能自治組織は岐阜でも大きな潮流になっています。推進ネットワークの岐阜地域自主勉強会を関市で開催しました。

贅沢なことに川北秀人さんとどっぷり2日間過ごさせてもらいました。
昨日は、関市で、小規模多機能自治推進ネットワークの岐阜地域自主勉強会。
(国では地域運営組織と呼ばれているんですね)
今日は、中津川苗木地区での講演会。

関市での自主勉強会には、チラシも作らずFBや直接のお声かけ等だけにもかかわらず
定員の30名を超える方にご参加いただけました。
会場の然の膳さんもいっぱい。
a0026530_23423007.jpg
今回良かったのが、関市だけではなく、岐阜県内のいろいろな地域で小規模多機能自治を取り組んでいる、もしくは取り組もうとしている方々に参加いただけたことです。
関市、美濃加茂市、恵那市、揖斐川町、八百津町、可児市などなど。
推進ネットワークに岐阜は4つの自治体(関市、恵那市、瑞穂市、養老町)しか加盟していません。
東海ブロック会議をやると、これまで、活発な三重県での開催ばかり。
今回岐阜で自主開催してみて、多くの自治体で、すでに小規模多機能自治を取り組んでいることがわかりました。
これまで、関市の地域委員会の方々も、他市の同じような活動をしている方々と交流することはほとんどなかったので、今回、とってもいい機会にすることができたと思います。
最初の時間で各地域で取り組んでいること、困っていることを発表してもらいました。
そこで、驚いたのは、板取の地域委員会すげーやってる!ということ。知らなかった!
建設会社が減って除雪がままならないので、歩道の除雪は市から地域委員会が請け負っている
とか、板取の南部は雪がまだ少ないので、南部の除雪ボランティアを整備しているとか。
小水力発電の取り組みを始めているとか。
終了後の懇親会はみなさん食べるのも忘れて盛り上がりました。

そして、その夜川北さんには関市で泊まって頂いて、次の日は一緒の車で中津川市苗木地区まで。
何より役得なのはこの車でのお話し。
今回も今考えていることの相談をさせてもらいました。
今、自分の問題意識としては、
関市において、地域委員会を支援していく体制の仕組みをどう作っていくかということ。
関市の地域委員会は昨年度とりあえずほとんどの地域で立ち上げが終わり、さて、活動するぞという段階で
迷っている団体も多く、温度差が広がっています。
都度都度対応でやっていくのではなく、支援する体制とその仕組みが必要です。
現状考えていることを書いてみて、それにアドバイスいただけ、考えがまとまりました。
a0026530_00034321.jpg
苗木での勉強会はなんと苗木地域から150人近くが参加。
苗木地区では、今年度、行事、組織、活動の棚卸しワークショップのお手伝いをさせていただきました。
前段で苗木まちづくり協議会の杉山会長からそのことを含めたまち協の現状についてのお話しをしていただき、
それに答える形で川北さんからお話しいただきました。
かなりの熱気でした!

さてさて、今回、川北さんからは、小規模多機能自治のブロック会議を関でちゃんとやること、そして県も巻き込んでいくこと等の宿題をいただきました。
今、小規模多機能自治が国の方でかなりのスピードで動き出していることを聞き、
情報のアップデートをどんどんしていかねばいけないと実感しました。
ということで、来週の津市で開催される東海ブロック会議と3/1の東京で開催されるフォーラム&交流会にも参加しに行ってきます。
イップットを行動に変換していかねば。




# by takayukin_K | 2017-02-06 00:10 | 小規模多機能自治のまちづくり

関のモーニング全店制覇の旅vol.44 ひと葉

関のモーニング全店制覇の旅。44店舗目は、関市武儀地域にある「ひと葉」です。

初めて行った時には、住所をナビに入れても、なぜか元中濃高校前を案内されて、
迷った挙句、お店に電話をして教えてもらったという場所。
電話で聞いても、この先を進んで果たしていいのだろうかと不安に駆られる道を行くと
見えてくる素敵なログハウスがお店です。今日の朝はキツネが前を歩いていたそうです。


a0026530_10163418.jpg
寒い朝とログハウスと暖炉からの煙。
胸キュンしてしまうシチュエーションじゃないですか。

中も素敵です。
a0026530_10204169.jpg
この写真じゃわかりづらいけど、入口はコーヒーポットの形に切り抜いてあるんですよ。
こんな場所にあるのに、入った時は、地域のマダム達で賑わっていました。

ホットコーヒーを注文してできてたモーニングがこちら。
a0026530_10164064.jpg
ホットコーヒー、バタートースト、ポテトサラダ、ヨーグルト。
ポテトサラダの量が多めで嬉しいです。
パンもうまい!
いっぱいずつマスターが手で入れてくれる珈琲もすっきりして朝にちょうどいいです。

これで、ドリンク代のみ400円!

以前、取材もさせていただきましたが、ご夫婦は、各務原から移住されてきたそうです。
マスターの旦那さんは元自衛官。
ログハウスのカフェに憧れて、このログハウスもかなりこだわって作ったそうです。

とってもいいところです。関市街から30分弱かかるけど、ぜひ行ってもらいたいカフェの一つです。

珈琲香房 ひと葉
営業時間 3月~10月 AM9時~PM6時
     11月~2月 AM9時~PM5時
定休日  水曜日・木曜日
住所   岐阜県関市富之保3565-2
Telfax 0575-49-3110
http://hitoha.in.coocan.jp

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-02-04 09:20 | 関のモーニング全店制覇の旅

「企業とNPOとの協働」という言葉の違和感

書きたいことが溜まっていまして、記事がタイムリーではありません。

1月24日に企業とNPOとの協働現場訪問ツアーが関で開催されました。
これは岐阜県主催で、ぎふNPOセンターが運営しているもの。
こんな感じの内容でした。
関牛乳株式会社 × NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん
関牛乳株式会社の関のソウルドリンク「関牛乳」を子どもの頃から好きになってもらいたいという思いと NPO法人せき。まちづくり NPO ぶうめらんの高校生が地域づくりに関わる機会をつくり、関市への郷土愛を醸成 させたい思いが合わさり、関高校の文化祭での「関牛乳総選挙」など高校と企業の連携が生まれています。 工場を見せてもらいながら、企業と NPO が協働してまちづくりに取り組む思いをお聞きします。
関牛乳さんの工場見学をさせていただいて、
高校ぶうめらんと関牛乳さんのコラボした取り組みについて、そして、ぶうめらんが取り組んでいるCSVの取り組みについてお話しさせていただきました。
a0026530_19490399.jpg
僕も工場の中に入るのは初めて。
a0026530_19485515.jpg
真剣に話をしてくれる吉田宰志社長。
参加いただいた方々も、とってもよかったと言っていただけました!

それにしても、以前から「企業とNPOとの協働」という言葉に違和感を感じています。
何が違和感なのか少し考えてみたら、
「第1の顧客としての企業」
「第2の顧客としての企業」
を分けて考える必要があるのではという考えに至りました。

第1の顧客としては、通常の事業活動。車を売って、お金をもらうと同じことです。
NPOは「社会を良くするための」サービスを提供している団体。
「社会を良くするための」をとってしまえば、サービスを提供している事業所として
企業となんら変わりがないわけです。
ぶうめらんならフリーマガジンの広告枠を販売して、企業に買ってもらう。
これは協働というのだろうか。

第2の顧客としては、支援者としての立場で、企業に資源を提供してもらうこと。
子育て支援の活動をしていて、その場所をショッピングセンターとかが提供してもらうとか
地域の防犯活動の車の維持のために資金を企業に提供してもらうとか

今、これを両方ごちゃまぜで企業とNPOとの協働と言っているのではないでしょうか。

第1の顧客としての企業とのやりとりは、協働と言わないほうがいいんじゃないかな〜。
ここでは、NPOも企業と同じ土俵で選ばれなければなりません。
NPOの強みとして、社会性や市民とのつながりがあるとかがある。それは、企業としてのデザインが強みとか、販路が強みとかの強みのオプションの一つではないでしょうか。

第2の顧客では、企業的に言えば、CSR、CSV、社会貢献。
こっちを企業とNPOとの協働というのではれば、なんとなくしっくりくる気がします。

自分が企業とNPOとの協働を使う時には、この辺りを分けて考えようと思っています。

まあ、そもそも、企業との協働の違和感の根本は、NPOも企業と一緒にやることを特別視せず、
当たり前にサービスを提供して、連携するようにならないといけないということからきていると思います。

あ、決してこの事業をディスっているわけではなく、この企業とNPOとの協働ということが当たり前になる世の中にしなければいけないなーと思ったという話です。


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-02-01 20:12 | CSVのまちづくり

ドコモとソフトバンクをやめてMVNOにしてみた

昨日、思い立って13年ほどお付き合いしたドコモと6年ほどお付き合いしたソフトバンクからMVNOに変えました。
記録の意味もあり、その顛末を書いておこうと思います。

思い立った理由は3点でした
・そもそも2台持ちをなんとかしたかった。持ち運び大変。
・携帯代を安くしたい
・今使っているiPhone6plusの動きがおかしい

携帯代は通話のみのガラケー(ドコモ)が3000円/月ほど、
主にネットのiPhoneが7000円ほど(端末代は先月終了)合計1万円ほどでした。

まずは、ソフトバンクに解約金がかからずに解約できるのかを問い合わせ。
→ちょうど契約更新期間で2月3日までということが判明!残り10日間!

次に、MVNOをどこにするのか検討。
僕の場合は、月々平均5ギガ強。ここ数ヶ月ずっとこのくらいなので、急に増えることはなさそう。
電話も仕事でそこそこする(ただし長電話はそんなにない)。
速度制限はさけたい。

比較サイトをみる。
値段と速度とこまかな独自サービスがポイントなんですね。
値段でDMM、
回線速度と使っただけの料金プランでFREETEL
楽天ポイントで楽天モバイル
あたりを絞りました。
ただ、まあ、大体同じようなサービスなんですね。
DMMが安いといっても、差はわずか。

熟考した結果、いや、考えるのが煩わしくなった結果

楽天ポイントほしい!

という短絡的な答えに行き着き、楽天モバイルにすることにしました。
私、かなりの楽天ポイントマニアでして、ほぼ全部楽天カードに統一して、ポイント貯めてます。
すぐに1万円近く溜まって、ちょっとした服とか変えたりして嬉しいんですよね。
楽天モバイルは、通常の支払いもポイントもらえるし、楽天での買い物のポイントが契約期間中+1倍になります。

まあ、値段は標準的(5GB 2350円/月)だし、楽天電話何回でも5分無料(850円/月)に入れば月3000円でほぼフックスします。電話5分以上かけることはほぼないので。

次にほしいiPhone7plusをどうやって買うのかを検討。
simiフリーが欲しいのでアップルショップのネットショップにすることに。
現在のiPhone6plusを下取りしてもらって、購入価格を安くしたい。
調べるとネットショップでは、iPhoneを送って、査定された値段がアップルギフトカードで
返ってくるようです。

ん?

じゃあ、その間電話なくなりますよね。
論外!
と思い選択肢に外したけれども、よくよくみると、小さく、店頭ならその場で購入価格に反映されますとのこと。

楽天モバイルも名古屋にあるみたい。

ということで、一度に解決しようと名古屋に出かけて行きました。

アップルストアで6plusの査定をしてもらて無事最高額の21000円。
7plusのクリアブラックをゲットしました。
さすがアップル、気持ちのいい接客。

その後、いろいろあって、岐阜で唯一の楽天モバイルのある各務原イオンへ。
かなり残念な接客と手続きに2時間待たせることにイライラしながら、
なんとか楽天と契約。最初は待ち時間1時間って言ったから待っていたのに、
1時間待った挙句、プランを決めて書類を書いた後「はい、では手続きしますので1時間後にきてください」と言われて、えーーとなったわけです。
いや、子供大泣きしているし、1時間後には会議があるから戻らないといけないんやけど。
まあ、でもここまできたらやってもらうしかない‥。

その後、楽天をよ〜く知っている人から、楽天モバイルだけはやめたほうがいい「1年間何もないことを祈ります。南無阿弥陀仏」と言われましたが、もうしょうがない。

ということで、とりあえず色々とモヤモヤしながら楽天モバイルになりました。
無事を祈ります。

まあ、1日目は不都合なく快適です。


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-01-25 01:15 | その他

新聞に掲載いただけました。関のソーシャルビジネスプレゼン大会。

ありがたいことに、本日1/21の中日新聞さん朝刊に関のソーシャルビジネスプレゼン大会の事が
掲載いただけました!ありがたいです!

a0026530_21322316.jpg

本番までちょうど1週間になりました。
これまで、プレゼン発表者には、佐藤真琴さんによる事前研修と中間報告会として事業計画のブラッシュアップを
してまいりました。
来週火曜日にももう一度ブラッシュアップ報告会があり、さらに本番前日には、自主的にプレゼン練習をしていただけるそうです。
改めて、参加者をご紹介いたします。
ぜひ当日は、若者のチャレンジを聞きにきてください!
お申し込みは、こちらまで!

a0026530_21422934.jpg

『関にゲストハウスとカフェを作る事業「縁空」』河村浩明さん

関市に訪れた外国人同士や地元の人々との交流が生まれる場がないことに対して、関市にゲストハウスとカフェを組み合わせて作ることで、世界中の宿泊者と地元の人々とのつながりが生まれ、大きな輪となる場所の創出を目指す。

『若者が関で活躍できる場を作る』 小関加奈さん

a0026530_21420828.jpg多様な働き方の選択が関市では十分でないことに対して、関の若者がもつ趣味や特技を表現できる場・収益になる場を作り、多様な働き方・暮らし方ができるまちを目指す。

a0026530_21430746.jpg『もっと「わかる」もっと「楽しむ」もっと「つながる」妊娠出産育児』 田嶋恵子さん

出産前後のサポートがつながっていない医療の現状から妊娠・子育てに不安を感じている女性に対して、同じ子育て世代の人々が地域の助産師やママたちとつながる機会を作り、妊娠や出産で女性が大切にされ、出産にのぞめる環境をつくる。

a0026530_21421680.jpg『犬の殺処分ゼロへ』 田口尚也さん

飼い主の飼育放棄や犬の殺処分の減少、及び飼育が困難なために生活の質や健康の質が落ちている高齢者のために、飼い主に対する出張相談を行う。また、新施設を設置し、飼育困難相談窓口の開設や、高齢者施設への情報提供、病院への情報提供が行える環境をつくる。

a0026530_21432672.jpg『出逢いつながる心つながる駄菓子屋さん』 東山崎鮎美さん

希薄となった多世代交流や、子供たちの社会性を育む場を作るために、現在経営している駄菓子屋さんで、多世代交流の場をつくる。


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-01-21 21:43 | メディア掲載

関のモーニング全店制覇の旅vol.43 Fujii

関のモーニング全店制覇の旅。43店舗目は、関市千年町にあるレストランFujiiです。

市民活動センターの真ん前にあって、土日の出勤の前にたまにモーニングするお店。
フランス料理屋さんなのに、モーニングをやってくれているのが嬉しいですね。

ホットコーヒーを頼んででてきたモーニングがこちら。
a0026530_10101129.jpg
ほーら、こんなにおしゃれ。
バタートースト、サラダ、チョコレートケーキ!
このサラダがまたうまい!マカロニサラダです。

そしてなんといってもこのチョコレートケーキ。
このケーキをちびちびいきながら、コーヒーをちびちび。
気がついたら本を1冊読み終えてしまいました。

とってもいい空間です!

西洋飲食館 Fujii
岐阜県関市千年町2-11
0575-24-9888
営業時間 [モーニング]8:00~11:00
[ランチ]11:30~14:00
[ディナー]18:00~20:00(OS20:00)
定休日 火曜、第1月曜


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-01-20 10:38 | 関のモーニング全店制覇の旅

地方でまちづくりをする人のための必読書12冊

うちのNPOにも、若いスタッフが入りまして、これからどんどん学んでもらわねばなりません。
ということで、研修として読書をしてもらうと思っています。
そのために、まちづくりをするための知識として読むべき本を12冊選びました。
せっかく選んだので、その12冊をご紹介します!
もちろん、活動する上では、産業、中心市街地(商店街)、エネルギー、特産品開発、観光等分野で掘り下げていかないといけないのですが、入門編として、まちづくりの考え方の土台をつくるための本を選びました。


○これからの地方のあり方
・『里山資本主義』 藻谷浩介

身じかに眠る資源を活かして、お金もなるべくちいきで回して地域を豊かにしようとする里山資本主義は、地方のまちづくりは都会を目指すのではないという点において、押さえておくべき違う土俵の考え方。

・『コミュニティデザインの時代』 山崎亮
里山資本主義と方向性は同じ。地域の当事者が主役となってまちづくりをしていく場を作っていくことは、
活動の土台の考え方にしないといけない。

・『新しい広場をつくる』 平田オリザ

「誰もが誰もを知っている世の中から、誰かが誰かを知っている世の中へ」。「文化による社会包摂」。
地域での活動は都会のように人が多いわけではないので、排除していては成り立たない。地域内でのつながりの大切さを学べる本。

・『小商いのすすめ』 平川克美

小商いとは「儲ける」「稼ぐ」ことが第一の目的というよりも、自分のやりたいこと/責任のとれること/嫌な気分にならないことを、自分の手の届く距離、目に見える範囲で、細かなコミュニケーションをしながらビジネスをしていく、「ヒューマンスケールを重視した」「小利大安」な仕事のやり方のこと。
地域での働き方には企業誘致で働き場を!ではなく「起業」の視点も入れないといけないが、
都会ではなく、地域でやる優位性は小商いこそある。


○働き方
 ・『旗を立てて生きる』 イケダハヤト

地方で今のままほっておいたら、人口流出するばかり、地方が生きていくためには、働き方を
変えていくことが必要。その新しい働き方を実践して、発信しているのがイケハヤさん。
この本はその考え方と実践が総合的に書いてある。
ちなみに この本は晶文社の「就職しないでいきるには21」の一つ。このシリーズ全部好きです。


○地域づくりの考え方
 ・『稼ぐまちが地方を変える』 木下斉

まちづくりには、地域にお金がまわるような事業の考え方も必要。これまでのまちづくりはお金の視点が弱すぎた。木下さんも色々と本を出しているが、この本が、この基本を簡潔に書いてくれている。


○CSR
 ・『ソーシャルインパクトー価値共創(CSV)が企業・ビジネス・働き方を変える』

当然だが、地域は人口が少ないため、当事者からお金をもらって成り立たせるマネタイズモデルは
結構困難。そこで支援者として行政、市民、企業に資金面での協力を依頼することになるのだが、
企業との協働は一番大切。行政は単年度で終わる可能性が高いし、市民は、一人当たりの額が小さいため
大変(もちろん大切です)。地域のまちづくりにおいて企業といかに協力するかは学ばないと。
数あるCSRの本の中で、この本が「地域」という視点からみても一番しっくりくる本。

 ・グッドワークス フリップ・コトラー

基本的には同上。CSVの概念がしっかりと理解できる本。


○地域コミュニティ
・『ソシオ・マネジメント第3号小規模多機能自治 総働で人「交」密度を高める』
地域でまちづくりをするためには、地域コミュニティは欠かせない視点。
そこがいかにして、夏祭りとかの行事ではなく、地域の課題可決のための事業になっていくのかが
大切。それについての事例とそのノウハウが惜しみなく書いていある本。

○ソーシャルビジネス
・『社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門』 駒崎弘樹
数あるソーシャルビジネス本の中で一番実践的で、活動にすぐに活かせる本。

○NPO
・『NPOのためのマーケティング講座』 長浜 洋二

初歩として全部理解するのは難しいが、まちづくり活動する上で必要な考え方が網羅されている。
特にペルソナの設定と問題構造には目から鱗でした!

○ファシリテーション
・『対話型ファシリテーションの手ほどき
ファシリテーションする機会が多い。数あるファシリテーションノウハウ本と比べて、ノウハウとして
すぐに使えるものではないが、この考え方が土台に絶対に必要。


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-01-15 23:49 | 中間支援のまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル