関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

地域委員会単位の人口の動きを調べました

自分たちの地域を知る上で、地域の人口の動きを数字を把握することはとっても大切です。

18歳未満の同居世帯率×高齢者率。
関市市民活動センターでは、これを、関市の小学校区ごとに作っています。
今年1月に、平成27年国勢調査の小地域の結果が公表されたことを受けて、
5年前の平成22年の数値と比較したグラフを作成しました。

a0026530_00180355.jpg

 「18歳未満同居世帯率」からは、その地域の子どもは多いのか少ない
のかが分かります。これを高齢者率とかけかわせることで、子どもが多
い地域なのか、高齢者が多い地域なのかが分かるのです。

 平成27年国勢調査より関市全体(18歳未満同居世帯率25.4%、高齢
者率27.3%)を中心に縦軸、横軸に線をひきました。
 すると、高齢者が少なく、子どもが多い地域のAゾーン(左上ゾーン)
には富岡、桜ケ丘、瀬尻、下有知、西部が、高齢者も子供も多い地域の
Bゾーン(右上ゾーン)には武芸川が、高齢者も子供も少ない地域のCーン
(左下ゾーン)には田原、倉知が、高齢者が多く、子どもが少ない
地域のDゾーン(右下)には安桜、旭ヶ丘、富野、洞戸、武儀、
上之保、板取が位置することになります。

 このグラフからいえることは、それぞれのゾーンで取り組むべき
事業が変わってくるということです。例えば、Aゾーンでは子どもが
多く、高齢者が少ない地域なので、子育て支援や、子どもの交通安全
などの事業を中心に行うことが必要となります。

 このグラフでは平成22年と比較して作成しましたが、どの地域も
総じて平成22年時よりも右下に移行しています。また、高齢者の増
加率が高い地域が多くあります。今必要な事業、今後取り組むべき
事業は何かを整理し、計画的に取り組むことで、今後抱えるであろ
う地域の課題への対策を取ることができます。

 もう一つ作成したのが、「関市地域別人口コーホート図」です。
a0026530_00202947.jpg


コーホート図とは、統計上の概念で、ある一定期間内に生まれた人の集団をいいます。
たとえばある地域における1014歳の年代層が、5年後の15~19歳の時の数の増減に
よって、5年後にその地域から同世代が流入した、あるいは他地域へ流出したことが
わかります。
地域委員会ごとにまとめたところ、とても興味深い結果が出ました。
 まず、1519歳から2429歳にかけて、人口が流出する地域が多くみられますが、
瀬尻地区、西部地区、特に下有知地区では、人口の流入が見られます。他地域では、
それに追随して、30~34歳から34~39にかけて人口が増えています。


市町村レベルの統計データはあっても、なかなか小学校区ごとのデータはありません。
こういうことを調べて地域のみなさんにお知らせすることも市民活動センターの役割だと
思っています。


この結果は、市民活動センター通信しっぷす27号で紹介しております。
しっぷす27号は、4月の広報せきとともに回覧板でまわしますし、
各ふれあいセンターでももらえますので、ぜひ手にとってごらんください。

また、ホームページ上でもアップしますので、こちらでもごらんください。





ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-03-17 15:05 | 小規模多機能自治のまちづくり

関の大衆食堂のカツ丼全店制覇の旅vol.1 だるまや食堂(全4回)

やってきました新企画。
関の大衆食堂のカツ丼全店制覇の旅。

カツ丼をこよなく愛す北村が、日々通っている関の大衆食堂のカツ丼を勝手に紹介する企画です。

関の大衆食堂とは4つ。

入船
だるまや食堂
栄屋食堂
ききょうや食堂

ちょーローカル!
すべて、ホームページはありません。

ただ、どこも地元に根強いファンがいて、お昼時はとっても賑わっているお店ばかり。
カツ丼だけではなく、中華そばも紹介したいのですが、それはまた別の企画で。

さてさて、だるまや食堂さん。
248号線沿いにむかーしからある食堂。
ここのカツ丼がまじうまい。

a0026530_14085537.jpg
みてください。
このとろとろのたまご。
これぞカツ丼の王道です。味は濃すぎず、たまごの味もして美味しいです。
カツは薄め。カツ丼のカツは薄い方が好きです。
わたし的カツ丼論では、カツ丼の主役は、肉のようにみせかけて、実は、たまごと、ころもです。
ころもにたまごとだしがどれほど染み込んでいるか!が大事!

岐阜市のフリーマガジンaunにも掲載されたことがあって、
カツ丼の人気は根強いものがあります。

ご飯も多くて、腹一杯。

これでお味噌汁、小鉢、漬物がついて700円!


岐阜県関市東福野町5−23

a0026530_14182044.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-03-17 07:45 | ディープな関の情報

関のモーニング全店制覇の旅vol.48 匠

関のモーニング全店制覇の旅。第48回は、刃物会館の中にある「匠」です。
確か、5,6年前に経営者が変わってリニューアルされました。

変わった当初に何回か行きましたが、刃物会館だけあって、刃物の関係者が多いイメージ。

今回改めて久しぶりに行きましたが、お客さんは、おそらく地元と思われるおばさまやおじさままで、とっても賑わっていて、
満席でした。
数年でこれだけ定着したのがすごい!

理由はおそらく、「朝粥コーナー。ご自由にお召し上がりください」。

通常のモーニングの他に、なんと朝粥まで用意されていて、セルフで食べられるのです。
これは他にはないサービス!
僕も嬉しくなって1杯。

朝粥食べながら待っていて、出てきたモーニングがこちら。

a0026530_09303181.jpg
エッグドッグ、スパゲティサラダ、茶碗蒸し、果物

モーニングは、エッグドッグとトースト(ジャム、小倉、バター)から選ぶことができます。
エッグドッグは嬉しい!
他のお店ではあまり見かけません。
朝粥も「ゆかり」をかけて、大満足です。
またぜひ行きたくなるモーニングでした、

あ、あと喫煙者が多いので、たばこの苦手な方は気をつけてください。

a0026530_09355073.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-03-16 16:35 | 関のモーニング全店制覇の旅

柏の木を親子で植えて、その葉で柏餅を作ろう。虎屋さんのCSVプロジェクトがはじまります。

関の和菓子の名店「虎屋」さんのCSVの取り組みが動き出しました!
とらや柏餅プロジェクト

端午の節句に食べる柏餅は、「柏の葉は新しい芽がでるまで葉が落ちないから、途切れることにない
家系の繁栄を願って食べられる」んですって!

知ってました?

僕は全然知りませんでした。

しかも、柏餅に使われている葉っぱのほとんどが中国産。国産はほとんどないんですって。
それに以前から疑問を持っていた虎屋の古田社長は、

「じゃあ、自分たちで植えてみよう!」
せっかくなら、男のお子さんを持つ家族に、親子で一緒に植えて、その柏の葉を使って
柏餅を食べてもらおう!
とうことに。

すごくいい取り組み!流石です。

このお話を聞いたいのは、12月に開催した友田景さんを迎えてのCSVセミナーの打ち上げで
高橋商店さんで飲んでいた時。

ということで、すぐに、古田さんは5本ほど柏の苗を入手しました。
早速やってみることになりました。

今回は、とりあえずお試し。
本当に葉っぱがなるかわからないし、何年で何枚でるかがわからない。

ということで、参加費無料で5組だけ限定です。

すでに、この1年に男の子が生まれた家族が数組決まっているので、残りわずかです!
a0026530_09124429.jpg





# by takayukin_K | 2017-03-16 09:14 | CSVのまちづくり

新しい関の働き方、暮らし方を探す「関のわかもの会議」はじまります。

新生第1弾「関のわかもの会議」はじまります!

これまでプレで2回開催してきた「関のわかもの会議」ですが、
今回から「新しい関の働き方、暮らし方を探す」というテーマで正式にスタートします。

中身は、関の楽しいお店で、関で新しい働き方をしている人をゲストに
ワイワイおしゃべりする会です。

第1弾は板取に移住した20歳から35歳が対象。

僕は対象外

ですが、寂しいので、第1回はこっそり行きます。場所は「ニュー関」。

これまたディープ。

ゲストは、板取に移住した井口 友博 (Tomohiro Iguchi)さん、井口可奈古さん夫妻です!
a0026530_18260973.jpg

テーマは「板取の井口さん夫婦に聞いてみた!」。

名古屋から板取に移住して2年経つ井口さんご夫婦。
田舎暮らしをしながら、最近では「らくらく 雪すべ~る」という画期的な雪おろしアイテムを開発しちゃったりと、なんだか楽しそうな生き方をされています。

普段どんな生活をしてるの?
どうして板取にきたの?

関で「働く」「暮らす」イメージをぐっと広げてみませんか?
関の若い皆さん、気軽に一緒に語りましょ~♪

【日時】平成29年3月24日(金)19:00~21:00
【場所】ニュー関 〒501-3246 岐阜県関市緑ケ丘2丁目5−41
【テーマ】板取の井口さん夫婦に聞いてみた!
【対象】20~35歳の方
    ※送迎等はありませんので、飲酒をされる方は車の運転はご遠慮ください。
【参加費】2,500円+飲み物代
【定員】10名
【申込方法・お問い合わせ】関市市民活動センター
TEL0575-24-7772
もしくは、このイベントページ参加ボタンをクリック
【申込締切】平成29年3月22日(水)








# by takayukin_K | 2017-03-15 18:27 | 中間支援のまちづくり

関で読書が進むお店を認定!第1回「関の読書スポット」。

関の読書推進実行委員会のイベント「ほんのいっせき」。

読書推進にまつわる様々な取り組みをしておりますが、
今日は、関で本が読むのに適したお店を認定しました。

「関の読書スポット認定」

ほんのいっせきは「本とまちと人をつなげる」をテーマに取り組んでいます。
今回は、本のイベントに参加していただいた方などに、本が読める場所はどこですかとアンケートをとり、その結果をもとに、実行委員会で議論や実際に赴いて、選定しました。

今日は、認定店の一つカフェ・ド・ギャラリーアダチさんに、認定証を渡してきました。
店長の小森さんと一枚。

a0026530_16195275.jpg

今回の取り組みの想いは、まちづくりをやっているものとしては、せっかくなら、本を持ってまちにでて、まちの良さも楽しみながら、本も楽しんでほしいとの考えからです。


今回は選定したのは7店舗。

板取川温泉バーデェハウス休憩所

アートギャラリー是

カフェ・ド・ギャラリーアダチ

カフェほんわか

珈琲香房ひと葉

我も幸

迫間不動極楽茶屋


僕は全部のお店に行ったことありますが、どこもとっても読書が進みます。

特に僕的には、武芸川のアートギャラリー是さんの椅子の高さと肘掛の高さが、読書に絶好です。

この椅子は、お店のマスターの自作だそうです。



「ほんのいっせき」では、現在、「まちなかイベント」を開催中です。

http://honnoisseki.com

まだまだたくさんのお店で本にまつわるイベントやってます。




ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-03-14 16:22 | 本によるまちづくり

広報誌は情報発信だけではなく、つながりづくりのツールとして位置付けよう

もう先週のことになりますが、3/3に、瑞穂市の社会福祉協議会の職員研修にて
「面白く、読んでもらえる広報誌の作り方」セミナーでした。
30名近くの職員さんが参加してくれましたが、多くが、広報誌に携わっている方々。
とってもやりやすかったです。

今回のセミナーのゴールとしては、社協の広報誌をもっと読んでもらえるために、一つでも変化がおきること。

そもそも、社協だよりを読んだ後、「誰にどうなってもらいたいのか」という点を
投げかけながら、
ぶうめらんはじめ、広報誌のコンセプトの事例と、「変化を起こす」ためのポイントをお話ししました。

そして具体的に
・魅力的な特集の作り方
・取材の方法
・素人がちょっとだけ写真をうまく撮るポイント
・文章のポイント
・見出しの大切さ

をお話しした後、事前に見せてもらっていた瑞穂市社協さんの広報誌を講評しました。

このテーマでのセミナー1年ぶりだったので、内容を大幅にリニューアルしました。

変えていない大事な部分は
「広報誌をたんなる情報発信の道具としてではなく、つながりづくりのツールとして位置付けよう」ということです。

みなさん、忙しい業務の中、広報を分担して、自分の担当分を作っていますので、後回しになりがちです。
でもそれではもったいない。
少し時間を使って、今後、社協に関わってもらいたい方々を巻き込みながら冊子をつくることによって、その方々を傍観者ではなく、当事者にできます。
広報誌は、経営的に今後つながりたい方々と、簡単につながることができるツールです。
ぜひ経営戦略の中に広報誌を位置づけてもらえるといいと思います。

a0026530_11504183.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-03-11 11:50 | 地域メディアのまちづくり

関のモーニング全店制覇の旅vol.47 ふるーる

関のモーニング全店制覇の旅。47店舗目は、関市稲口にある「ふるーる」です。

こちらのお店も、以前、可否茶館を紹介してれくた関の印刷会社社長さんからのおすすめ。
社長は「自家焙煎の店しか行かない」と言っていたので、こちらも楽しみにしていきました。

これぞ喫茶店という外観に、これぞ喫茶店という内観。
モーニング文化のある地域には、こういうところに落ち着く DNAがあると思います。
店内には、「自家焙煎で一杯ずついれています」との張り紙。

ホットコーヒーを注文して出てきたモーニングがこちら。

a0026530_09124824.jpg
珈琲、バタートースト、ゆで卵、ポテトサラダ、ヨーグルト
モーニング王道メニュー。

珈琲がうごくうまい!さすが自家焙煎でこだわっていれているだけあります。
酸味が少なく、シャープな飲み口。
ポテトサラダももちろん手作りで、ジャガイモがごろっと入っていて美味しいです。
これで飲み物代だけ。

また行きたくなるお店でした。



珈琲 ふるーる
岐阜県関市稲口1050-1
TEL0575-23-9666
営業時間8:00~16:30
定休日木曜

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-03-07 09:18 | 関のモーニング全店制覇の旅

下有知は、関市で一番子どもの割合が多い地域。関市地域委員会ごとの「18歳同居世帯率×高齢者率」から

今日は、関市の下有知地域の自治会長連合会と、下有知ふれあいまちづくり協議会との合同研修会でお話してきました。
参加していただいたのは、4月から交代する新旧自治会長とまちづくり協議会の方々総勢70名。
今回は、内閣府「小さな拠点・地域運営組織」普及事業の中で私が派遣される形で開催いたしました。

これまで、関市外でこういった地域自主組織についてお話しすることは増えてきてきましたが、
関市内では、相談やワークショップのお手伝い等がメインで、ちゃんとお話しするのは、今回ははじめてでした。
しかも、今、自分が住んでいる地域。
必要以上に緊張して、準備をいつもり入念にして臨みました。

下有知の人口の数字や、まちづくり協議会で昨年とったアンケートの結果、そして、実際住んでいる者としての実感も含めて、かなり具体的に下有知だからこそできること、下有知のまちづくり協議会がやらなければいけないことをお話ししました。
下有知の人口は6,848人(H27国勢調査)。
85歳以上の数は218人(男性45人+女性173人)
この1年で下有知で生まれた子どもは45人。
そして、それらの数字の中でも特に川北秀人さんが推奨している
「18歳同居世帯率×高齢者率」のグラフがみなさん興味を持っていただけました。
a0026530_21422634.png

平成27年度国勢調査版。
これを見ると下有知は、関市で子どもの割合が一番多い地域なんですね。
大きな問題は、子どもの割合が多いにもかからず、自治会加入率が6割ほどで、
多くの子育て世代が、地域づくりに参加していません。
「自治会加入率を上げていきたい」という思いを持っているのであれば、
入るメリットや「お世話になったという恩義」が必要です。

また、この地域で未就園児の子育てをする世帯は、多くが孤立しがちです。
子育てのストレスを感じたことのある、困ったことがあるという世帯が
100パーセントと言っていいほどではないでしょうか。

だからこそ、子育て支援に力を入れるべきであると考えるので
他地域のまちづくり協議会が取り組む子育て支援、子供を地域づくりに巻き込んでいる事例を
お話ししました。

終了後、いろんな方がお話に来て頂いて、市民活動センターに相談にきていただける
ことになりました。

次回は、関市の別の地域委員会さんで「行事、組織の棚卸しワーク」をやることになっています。
a0026530_22001779.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-03-05 22:00 | 小規模多機能自治のまちづくり

関のモーニング全店制覇の旅vol.46 夢ふうせん

関のモーニング全店制覇の旅。第45回は西欠ノ下町にある「夢ふうせん」。
板取にもじゃがいもドーナツで有名な夢ふうせんがありますが、
こちらは関市の稲口橋近くの喫茶店です。

大通りから一本入ったところにあるので、前を通ることもなく、行ったことはありませんでした。
ただ、目立つのは、大通りにある電光看板。

「あなたをお待ちしております」。

といつも流れているので、

「待ってもらっているのに行ったことなくて申し訳ない」と

モーニングハンターならではの気分でいつもその横を通り過ぎておりました。

ということでやっと行けました。

アパートの1階にあって、中は大きなカウンターと窓際にテーブル席。
奥には、まとまって集まれる大きな机の場所がありそうです。

ホットコーヒーを頼んで出てきたモーニングがこちら。
a0026530_10391469.jpg
コーヒー、ゆでたまご、レーズンパントースト。
コーヒーうまい!
そして、なんといっても、ゆでたまごが半熟です!!
待っていました。
半熟好きな私にとっては、ついに巡り会えたモーニング半熟ゆでたまご。
私も色々なモーニングのゆでたまごと出会ってきましたが、狙った半熟か、たまたまなのかわからないものがほとんど。
夢ふうせんさんはちゃんと、半熟にしているゆでたまごでした。
それだけで満足。
これでもちろんコーヒー代だけ。半熟たまごが食べたくなったらまた行きます!

夢ふうせん
岐阜県関市西欠ノ下78−1 安桜ハイツ 1F




ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




# by takayukin_K | 2017-03-02 10:44 | 関のモーニング全店制覇の旅

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル