関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

新潟の村上にいってきました。

ちょっと前ですけど・・・。
3月19日にまちづくりの成功といわれる村上市へ行ってきました。
仕事で報告書を書いたので、日記にも書こうと思います。
いや~すごくよかった!
村上は6年前からはじめた「町屋の人形さま祭り」が大当たりで、勢いにのってまちの景観をつくる「黒塀プロジェクト」、「町屋の概観再生プロジェクト」などをやっています。これらをはじめた吉川さんが「観光カリスマ」に認定されています。吉川さんがまちづくりに目覚めたのが、村上の商店街を道路拡張のためにセットバックする問題が起きたときでした。現在、道路拡張は半分くらい完成してしまいましたが、すごいのは、残りの半分は吉川さんの取り組みで白紙になったこと。吉川さんの奥さんである美貴さんも、これまで夫と一緒にやってきたことを本にして出されています。今回は美貴さんにお話を聞くことができました。
美貴さんの話とても面白かったので、ちょっと紹介します。

吉川美貴さんお話し要点

・第一回目の人形さまめぐりは、周りの目も厳しく、絶対に失敗できないものであった。そのために、一回目からきっちり数値目標を立て、マスコミ対策を集中的に行なった。それも地域版では弱いため、何とか全国放送に取り上げてもらおうと考えた結果、NHKの「新日曜美術館」に目を付けた。「新日曜美術館」は、視聴率事態は高くないものの、そのような意識が高い人たちが見ている番組。吉川夫妻は、この番組に取り上げてもらうために、様々な工夫をした。直接NHKへ出向き、一言で関心を向けさせるインパクトのあるキャッチフレーズ「まち全体が美術館になります。」と書いた企画書を持参し説明した。その結果、開催期間中盤に放送され、一気にお客さんが増えた。外の人が向いてはじめて中の人も村上の良さに気がつきはじめた。
・この取組みには行政が一切入っていない。予算も35万円で30万円がマップ、ポスター代。5万円が雑費。行政がこのような事を行なうと、なんでも入れようとする。そしてつける名前が「村上のお宝展」とか。これでは何をやっているのかはわからない。焦点を絞って、見ただけでわかる題を付けなければならない。七尾も「花嫁のれん」なら「花嫁のれん」に絞り、焦点をぼかさないことが大事。「花嫁のれん展」はすごく素敵な名前。「花嫁のれん」という言葉に能登の慕情のようなものを感じる。女性がひきつけられるタイトルだと思う。
・題の後にサブテーマのようなものを、数字を入れて書くことが大事。村上は『町屋の人形さま巡り~江戸から平成までの人形四千体を各町屋で展示~』とした。数字はインパクトを与えやすいもの。
・昨年から来場人数を発表しなくなった。人とのふれあいが魅力であるので、対応できる人数には限界がある。また、人数が横ばいまたは、下がることで、マスコミは「人形さま巡りにかげり」などと書かれると、まちの人たちが動揺する。
・これまで開催していく中で困ったことは、お客さんのマナーの問題。特に観光バスで来る団体客は挨拶もしないでずかずかと家の中に入ってきた。そこで、看板やマップに「あいさつをしてください」と書くことや、事前に旅行会社やバス会社に文章を送り、マナーを守ってもらうように事前にガイドさんに説明していただくことを徹底した。そのおかげで、次の年からマナーはぐんと良くなった。こちらとしても、「自分たちの生活を荒らされてまでやる必要はない」という態度で向かわなければならない
・最初は、民間の助成金で行なったが、現在は一冊千円の写真集の売り上げで開催している
・第3回ころから実行委員会でやるようにしている。そこで毎年若者にも入ってもらい、みんなで考えてやっている。ただ、マスコミの取材や、出店とかの申込みはまず吉川を通るようになっているため、はじめた想いからあまり離れていかない。
・おかみさんは巻き込めていない。吉川美貴さんと毎回きり絵でポスターを作ってくれる山川さんだけ。七尾はおかみさんが元気でうらやましい。
・人形さまめぐりの期間は、いつもまったく人が来ない3月に決めた。
・村上でもこれだけ取り組んでいても町屋がなくなっていく。すこしでも早く何とかしなければの思いで「町屋の外観再生プロジェクト」をはじめた。地域の意識を高めて守っていかなければならない



# by takayukin_k | 2005-04-05 19:17 | その他

さよならのと鉄道の旅

やっと念願かないました。
 3月いっぱいで廃線となるのと鉄道穴水~蛸島間にぶらり途中下車の旅、七尾の友達8人で行ってきました。
a0026530_9224592.jpg


 いや~朝四時起きでしんどかったし、大荒れの天気で大変だったけど、すげ~楽しみました。ほんとに、なくなってしまうなんて残念(>_<)。1年に1回はぶらりと行きたい感じ。

 まず、6時15分穴水発蛸島行きに乗り、一気に終点の蛸島まで行きました。その間の車内は、始発にも関わらず、部活に行く高校生や観光客で席が満員になるくらい。そして途中の景色が最高に気持ちいい。電車が高いところを走るため、そこから見る海が朝日に反射してきらきら光ってた。
 
a0026530_9231660.jpg
山の方を見ると、雪景色の田んぼを、走り去るキツネを見た!上の写真のどこかにいるはず!わかんね~!約2時間くらいで蛸島に到着。
 蛸島についたらそのまま同じ電車で10分待ちで引き返す。帰りながら途中下車をしていきます。
 まず降りたのは、「鵜飼駅」。駅から徒歩10分の「見附島」へいく。すごく雄大な島だけど、ここらへんから本格的に大雪が始まってきた・・・。とりあえず、近くにあるレストランで小休憩をとる。予定ではここから歩いて地図上で約3キロ離れた恋路がはまへ行くのだが、すげ-雪でこんな中歩きたくないと思いつつ、店のおばちゃんに、「恋路まで歩いてどのくらいですかね?」と尋ねると、「若者の足なら10分くらいじゃないかな」と力強い御言葉。10分だったら今、駅からここまで歩いたのと変わらないと、大雪の中歩くことに。それにしても酷すぎる雪。海岸沿いで風も冷たすぎる。しかも歩いても歩いても恋路浜なんてたどり着かない。次第に口数も減り、おばちゃんへの憎しみが少しだけ沸く。結局50分歩いて到着。看板を見ると見附島まで3キロって書いてある。3キロの距離を10分で歩ける若者っているのか・・・。おばちゃんは若者の無限な可能性に懸けてくれたのだろうか。 a0026530_923456.jpg
 体は芯まで冷えて10時39分恋路駅より電車に乗車。普段1両が3両あるのに満員。立っている人も多い。
 11時くらいに「縄文真脇温泉駅」で降車。晴れていたので雪合戦して遊ぶ。まじ楽しい・・・。かなりはしゃぐ。そして、芯まで冷えた体を温める温泉に入りに行った。縄文真脇温泉は以前にも来たことがあったが、なかなか露天風呂の開放感がいい。ただ、内湯はかなり塩素臭い。前回もそうだった。塩素臭い温泉って最低だよな~。あれはマジでやめてほしい。
 そして、12時59分の電車に乗り、13時8分に「宇出津駅」に到着した。ここでは、日本酒好きな自分がもっとも楽しみにしていた酒蔵見学。「竹葉」というお酒を作っている数馬酒蔵を見学させてもらった。のっけから、絞りたての普通酒の原酒を飲ませてもらえた。味が濃くてうまい!2杯目にまだ絞っていないタンクのお酒を飲ませてもらう。まだ酵母が発酵しきっていなくてぴりぴりする感じ。米の甘さがうまい。そして3杯目に10年寝かせた古酒。立て続けに12年寝かせた古酒を飲ませてもらった。味が丸くなってうまい。木の味もほのかにする。そして、5杯目に今年で来た吟醸を飲ませてもらう。古酒に比べて味が粗いがうまかったと思う。この時点ですでに酔っ払いすぎて味がわからなくなった。こんなに飲ませていただいて本当に感謝。実はもともと「竹葉」はあまり好きじゃなかったけど、好きになりました。その後、いつも七尾で開催している青空市場に出ていただいている紅寿司さんへご飯を食べに行く。寿司定食900円。安い!味はたぶんうまかった!そこでしばらく寝る。
a0026530_9241289.jpg

 そして、5時22分の電車にのり、穴水駅まで帰ってきました。車内ではひたすら寝た。帰りの車の中で気分が悪くなったがギリギリ持ちこたえた・・・。自分的に今日それを一番がんばった。
 最後の解散式で、自分が3月いっぱいで七尾を去るので、みんながプレゼントをくれた。最高にうれしい。家に帰り、みんなからのメッセージも発見!なんていい人たちなんだ。ぐっときました。もっとみんなと早く知り合って、もっと遊びたかったな~。また、七尾を去る寂しさが増した気がする。
 といった感じの楽しい旅でした。
 家に帰って寝てすっきりしたので「竹葉」を飲みながら書きました。



# by takayukin_K | 2005-03-14 09:25

地域自治組織について

さっきの日記で「ローレライ」のダメさをかいたら、その直後にyahooのニュースに「ローレライ40億円突破確実」って出てた・・・。あら、意外にうけは良いのかしら。

 最近、本をよく読みます。
 修士論文のテーマ探りを兼ねて、「コミュニティ政策」、「地域自治組織」の文献を読んでます。最近の市町村合併の絡みもあり、結構最近の旬の話題になってます。簡単に言うと「地方自治体の中にもっと小さい単位で地域を運営する組織」について。特に今は、「合併特例法」、「地方自治法の改正」に伴って、合併して小さな自治体の寄せ集めになった自治体が合併前の自治体の単位で、地域自治組織・住民協議会をつくり、効率化という主目的での合併で、市民には遠くなった地域運営を担うということ。法人格を持つか持たないかとか、編入するような小さな市町村のガス抜きのためのものとかいろいろ細かい問題はあるものの、全国各地でおもしろい取り組みが出てきている。
 例えば、新潟県上越市では、合併後に旧町村単位で協議会をつくり、そこで無報酬の議会を作った。そしたら、これまでの町の名士しだけではなく、普通のサラリーマンとか、ラーメン屋のおばちゃんが立候補して選挙して通ったらしい。これこそ私利私欲にまみれない本当の議会の姿じゃないかなと思った。
 それとか、三重県伊賀市では、旧町村単位ではなく、小学校単位で住民自治協議会をつくり、そこには、自治会、婦人会、青年団、商工団体、PTA、公民館、NPO、企業等が参画している。これをすることで、より地域の人が地域を経営するという、地域の人が主役となる地域ができる。あと、これまで、例えば福祉系のNPOとか、テーマ別にあちらこちらで起きていた動きを、この住民自治組織に入ってもらうことで、「地域を総合的に対処できる」ようになると思う。
 自分としては二つ目の方が興味がある。このシステムはやりようによってはすごいものになる。自分も活動していく中で、いろいろなテーマ別の市民活動がおこり、それぞれの問題意識の中で活動しているので、なかなか連携することはなく、市民活動自体も縦割りとなっていることを感じた。地域自治組織がそれらの連携する場となると思うし、市民活動団体だけではなく、既存の町内会や婦人会、青年団などとつながりを持って、協働することで、地域としてのベクトルを向けることができると思う。
 イギリスでは、これが「パリッシュ」という制度で確立している。パリッシュには議会もあって、自治体にとって首長が必要と認めた案件は、そのパリッシュ議会へかけられる。そこはたまたまいった傍聴人も意見がいえるらしい。あるシンクタンクはそれらの海外の事例を参考に「近隣政府」として日本における適応研究していた。

 たらたらとうわべだけを書いたけれども、とにかく、この地域自治組織はこれからの地域経営のキーとなるものだと思う。ぜひ研究してみたい。ただ、切り口がなかなか見当たらない。う~んその組織の運営資金を切り口に調べてみるか・・・。う~ん全国の自治組織の形態の分類にとどめるか・・・。もうちょっと本よも。



# by takayukin_k | 2005-03-06 23:14 | その他

「青い車」と「ローレライ」をみた

昨日、今日と映画みてきました。
昨日は曽我部恵一が音楽を担当した「青い車」をみた。
普通はミニシアター系でしかやってなくて、すげ-みたいと思いつつ諦めていたテ映画。
なぜか高岡イオンでやっていることを知り、早速行ってきました。
これをみたかった一番の理由は、曽我部が作ったサウンドトラックが映画やっているところでしか売らないという限定品でそれがほしかったから。ちゃんと買えて満足満足(^^)。聞いてみてどこかサニーデイサービスの頃を思い起こさせる懐かしいサウンドに大満足。
映画そのものは、不満足。よしもとよしもとさんの原作らしいけど、おも~い内容に加え、ほとんど東京で撮影されているので都会都会している映像が重さを倍増。最後の海辺もぜんぜんきれいにみれない・・・。内容も原作を読まないと分からないくらいの難しさだった。まあ、でもCDが買えたから大満足でした。

そして、今日、前日から公開されたばかりの「ローレライ」をみた。こちらも残念ながら・・・。ありゃ戦争映画、青春映画というよりもSF映画だな。監督もガメラの監督だし。
フジテレビと東宝ですごい力と金の入れようだけど、コケるとみた。
第二次世界大戦中に降伏したドイツから密かに「ローレライシステム」という現在の科学でも絶対できない最新鋭のシステムを積んだ潜水艦を持ってきて、東京に第3の原爆を落とすのを阻止するというストーリー。なかなか緊迫していい感じだったんだけど、韓国ドラマばりのありえないことが次々と起こるし、安っぽい青春映画みたいな薄っぺらい熱さのセリフにゲンナリ・・・。



# by takayukin_k | 2005-03-06 21:25

プロ野球が見たい!

今まで、NHKスペシャルをみていた。
楽天の球団創設の裏側を描いたドキュメンタリーだったけど、ずいぶん踏み込んだ部分まで特集して行ってかなり面白かった。

選手の年棒交渉の場を撮っていたり、出来高払いのポイントの査定の仕方まであった。
パリーグで唯一の黒字経営を目指す、ビジネスモデルがおもろかった。

いや~毎年この時期はすげー野球が開幕するのが楽しみで楽しみで仕方ない(^^)
だれだれが投球練習で200球投げたとか、柵越え何本したとかに楽しみが高まる。

特に毎日の中日ドラゴンズ情報のチェックは欠かせない。
一番気になる情報は、今年ドラフトで入った新人。
最近は、ドラフト9順目の金剛投手と5順目の鈴木投手の評価が良いよう。金剛投手はフォークがよくてとったけど、以外に直球もよくってびっくりってかんじ。鈴木投手は、実はドラフトのときから、コイツが一番活躍するんじゃないかと自分が思っていた選手。あのあんまりいない投げ方からでる145キロの癖球で、きっとシーズン活躍するに違いない!
 逆に、声があまり聞こえてこなくて心配しているのが、ドラフト1位の樋口投手。彼には先発でローテーションを守って10勝くらいしてもらわないとだめなのに、あまり調子が上がってこないってきく。昨日の紅白戦で投げる予定と聞いて楽しみにしていたのに雨で中止が残念だった。

 とまあ、こんな感じで開幕にむけてドンドン気分が高まっているわ~。今年は、ナゴヤ球場に2軍の試合をいっぱい見にいこっと。



# by takayukin_k | 2005-02-19 23:09

盛りだくさんの週末

この3連休はいろいろしたので、時系列に書いておこうと思います。
 11日金曜日。
 昼頃に起きて、以前から気になっていた能登島の「千寿荘」へ行ってきました。
最近まで能登島は、温泉はひょっこり温泉しかなくて、どの民宿もひょっこり温泉のお湯を配達してもらっていると思っていましたが、能登島で古民家を再生し、スローライフカフェをやろうとしている方に(http://www.slowlifestyle.com/)ひょっこり温泉以外にも、日帰り入浴できて、昼食が安くて豪華でうまいものを出しくれる、民宿があると教えていただき前から行きたいと思っていました。昼食は1400円、2000円、3000円(入浴つき)があって、僕は2000円にしたんですが、食べきれないくらい牡蠣やら、ブリやらの海産物やきのこなどの山のモンが出てきてすごく満足。さらにお風呂もすっごくヌルヌルして気持ちいい。あそこはおすすめ。また行きたいです。ていうか行きます。
 そして、その夜からは、七尾の歴史街道に注目してまちづくりを考える協議会「歴史街道まちづくり協議会」の議員さんを交えた会合兼懇親会がありました。発足したばかりですが、まずは、歴史街道沿いにたくさんある歴史的建造物を順番に「登録文化財」にしていき、七尾のまちを歩いてもらって、歴史を感じてもらえるような取り組みをしています。その会合でとなりに座った歴史的建造物に住んでいらっしゃる方が、こんなこと言ってたなんて言わないでねと前置きをされて、「そんなにたくさん文化財があったら価値がなくなってしまうじゃないか?」とぼそっとおっしゃっていました。
でも、まちなかにこれだけたくさん登録文化財があるところなんて他にはなく、集積することで逆に魅力が増すし、一つ一つの家の価値も、その建物と七尾の歴史との関連性も見えるようになり、さらに価値が増すのではないでしょうかと考えています。

 そして、12日土曜日。
 朝から、七尾のまちなかからは少し離れた西湊という地区のまちづくり協議会に出てきました。午前中は西湊の子供たちと「ワカサギつり体験・古代米の餅つき・そこで栽培されているそば粉を使った手打ちそばをたべ、その後、「NPO法人ひろしまね」広島の三次市からこられたアドバイザーの「安藤周次」先生のお話を聞きました。そこで印象的だったのが、ちょっと本題とは少し違うけど、「地域をみる視点というのは民俗学の視点」ということ。NPO法人ひろしまねでは、民俗学の視点を学ぶ我門塾というもの開催しているらしい。たしかに、地域を歩いて、地域の人と話して、そこの特長・歴史・文化をみつける行為は、まさに、民俗学者宮本常一が本の中でおこなっている行為そのもの!なるほどな~と宮本常一の「忘れ去られた日本人」をもう一回読みなおし始めました。

 そして、夕方。2年2ヶ月つかった携帯を変えました。10日にでたばかりというドコモのSO506ってやつ。前に出たすっげー小さいpreminiのⅡ。デザインが気に入りました。色もブラウンでいいかんんじ。ちょっと使いにくいけど・・・。割引があって1500円でした。

 そしてその夜、いつもいっている古民家を改装してそば屋にした欅庵という店に予約して、「そば会席」を食べました。うまかった・・・。蕎麦屋で飲む酒を「蕎麦前」といわれるが、「蕎麦前」に日本酒を、出されてくる「焼き味噌」や「てんぷら」を肴に飲んで、最後にうまいせいろを食べて大満足でした。 

 そして今日13日の日曜日。
 あまり気乗りはしなかったんですが、高岡のサティーへ行きました。でも、行ってみるとちょっと楽しかった(笑)。

 とまあ、結構濃い連休を過ごすことができました。明日からまたがんばらないと。
 
 



# by takayukin_k | 2005-02-13 23:26 | その他

そしてアロマキャンドルにはまる

a0026530_20385566.jpg

JAZZにはまりはじめたんですが、今度はアロマキャンドルにはまりつつあります。
まあまあ僕は熱しやすく冷めやすいんです(笑)

能登島の「案山子窯」(http://www.kakasigama.com/)の方が作った写真のアロマポットがチョー気に入って即買いしました。
上のところに水をはり、アロマオイルを少したらして、キャンドルをつけるというものです。

穴から漏れる光を見ていても癒されます。
最近はそれに、ラベンダーのオイルをたらし、キャンドルを炊くとすっごくよく寝れるんです。
本読んだり、寝たりするときには、ビル・エバンスのピアノを聴きながら、アロマキャンドルを炊いて楽しんでます。

まあ、そんなライフスタイルをしている自分にマンゾク・・・っというのもあるかも・・・。



# by takayukin_k | 2005-02-13 20:38

やっとJAZZにはまれそう

「よしJAZZにはまろう!」と思ってからまもなく半年が過ぎます。
部屋でJAZZを流しながら読書したり、珈琲飲んだりするライフスタイルにあこがれて、約半年前JAZZをとりあえず聞き始めたんですが、とっつきにくいのなんのって!すぐに飽きました。

 しかし、先週の土曜日森下滋というJAZZピアニストのかたのライブに行って変わりました。
 目の前で見て、すごい迫力。指が早くて見えません。
 とにかく感動して、森下さんがライブで演奏して気に入った曲を探し、とりあえず、その曲の入ったJAZZの巨匠たちの名曲を集めたオムニバスを買ってみました。
その気に入った曲というは、「チック・コリア」の「スペイン」と言う曲。ラテン系で熱いです。
 オムニバスを買うなんてちょっとかっこ悪いのですが、最初はこれでいいんだ!すべての曲がいい!!
 調子に乗って、ネットでもう一枚オムニバスを購入。そして、こんなすばらしい開眼をしてくれた森下さんのCDも購入。

 とりあえずこれらを聞きこんで、自分のお気に入りを見つけたいものです。

 そうそう、七尾に「モリタート」というJAZZカフェがあるのですが、このCDをきいて、そこの名前の由来がわかりました。「ソニー・ロリンズ」が出した名盤中の名盤「サキソフォン・コロッサス」に入っているちょー有名な曲が「モリタート」でした。そういえばお店の看板も、この「サキソフォン・コロッサス」のジャケットでした。

 もっと勉強しよ~と。



# by takayukin_k | 2005-02-09 00:25

若者かもん。七尾でインターン

またしばらく空いてしまった。
特別なトピックがないと日記って書きにくいよな~。

仕事してる中で書きたいトピックはいっぱいあるんだけど、
起きたその日を逃すと書きにくい。
でも今思い返すとかいときたい。

ということで、

「七尾における、まちづくりインターンの活用」について整理したいと思います。
これがなかなか難しい。
なぜなら七尾に大学がない。
だから、七尾で大学生のインターンをしようとすると、外からつれてこなくちゃならない。
まちづくりに必要な要素として
「ヨソモノ・ワカモノ・バカモノ・スグレモノ」
とよく言われているが、七尾には若者がぽっかり抜けている。
他地域のまちづくりでは若者集団ががんばっていたり、
NPOなどの組織に若者が大学行きながら長期インターンしていたり、ゼミ単位でまちに関わってたりしている。
 インターンできた若者がまちづくりに関わるメリットとして、自分もそうだが、七尾に住むことで、愛着がわき、帰ってからも第2の故郷として恩返しがしたいと思う人ができることである。強烈な七尾へのリピーターになる。

 自分は現在大学院を休学して七尾のまちづくりに関わっているが、七尾に来る前は議員インターンシップをコーディネートするNPO法人ドットジェイピーで活動していた。
 その経験もあるし、都会から七尾に飛び込んだ学生として、七尾にまちづくりに関わる若者を呼ぶインターンの仕組みを考えることが僕の使命なのでは・・・・とこっそり思っているのだが、難しい。

いろいろと考えて行こうと思ったが眠くなってきた・・・。

「七尾のTMOへ長期インターン」という形がベストだとは思うが、住む場所、給与、インターン生への研修態勢の課題があると思う。
となると、短期でもいいから、「大学のゼミで七尾でフィールドワーク」をしてもらうことが効果があるかもしれない。

来週TMO構想を見直し、今後のアクションプランを考える会議があるので、そこでTMOの事業としてインターンの活用をなんとか提案したい。

ねむい。思ったことが書けていないかもしれない・・・。
おやすみなさい。



# by takayukin_k | 2005-02-09 00:24 | その他

「優しい時間」まじおもしろい。

見終わってすぐ書いてます。
むっちゃおもろいわ~。

いつも見終わった後ささやかな感動が残ります。
毎週木曜日がすげ-楽しみ。

さすが、倉本そうの脚本という感じがする。
すげー作りこまれてます。
一人一人のキャラが絶妙。
「トレビアの泉」でもやってたけど、
倉本さんは、脚本一つ作るために、一年以上ついやして、
登場人物のドラマで出てこない部分まで生い立ちから作るそうですね。

 はじめ、この「優しい時間」の内容を知ったとき、「北の国から」と場所も同じだし、親子の愛を描くことまで同じだったから
「そこまで同じ設定でいけるんすか!倉本先生!!」
って感じだったけど、してやられたわ!!
ちなみに僕は「北の国から」の大ファンで、ロケ地めぐりに富良野もいきました。

いやいや、まあ、なによりも長澤まさみがかわいすぎる・・・。



# by takayukin_k | 2005-01-28 01:06

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル