関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

<   2016年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧




関のモーニング全店制覇の旅vol.10 カフェ・ド・ギャラリーアダチ

関のモーニング全店制覇の旅。
第10回は関のド・本命「カフェ・ド・ギャラリーアダチ」さんです。

これまでフリーマガジンぶうめらんでも何度も紹介させていただいてきた関市の名店。
名古屋から通う常連も多いです。

僕も大好きなお店で、集中して仕事がした時、本が読みたい時に一人でいきます。
古民家の作りに、入り口には暖炉。そして珈琲のカップは全てマイセン。
1客数万円するカップで珈琲を飲む機会はなかなかないです。
まさに非日常を味わわせてくれる空間です。

珈琲も豆はすべて自家焙煎。
豆の種類ごとに焙煎方法を細かく変え、豆の状態に合わせても変えいているそうです。
アダチさんはとっても人気店なので、たくさんのお客さんで賑わっています。
しかし、お店の雰囲気からか、大きな声で話している人が少なく、
天井が高いため音が気になることはないため、ゆっくり本に集中できるのが嬉しいです。
そして、全席禁煙なものタバコが苦手な僕にとってありがたいです。

そんなお店なので、モーニングもクオリティが高い。
今日もホットコーヒーを頼みました。ホットと頼むと「マイルドブレンド」がでてきます。
a0026530_11263207.jpg
卵トースト、小倉トースト、プリンと果物。
僕はこのプリンが大好きです。
珈琲とものすごく合うんです。
小倉もいいアンを使っているのか、小豆がつぶつぶで美味しい。
これが飲み物代のみでついてきます。
マイルドブレンドは500円。

珈琲、モーニング、そして空間。
いつもいい時間をいただけるお店です。

そして併設されているギャラリーには、
現在「小川アヤ子」さんイラストレーション展が開催しています。
a0026530_11320446.jpg
小川さんは、ぶうめらんでも大変お世話になっていて、
「たまごクラブ」「ひよこクラブ」でもイラスト描いていたプロのイラストレーターです。
僕も見てきましたが、すごい迫力!

小川アヤ子さんイラストレーション展

開催期間 1月30日〜2月4日
開催時間 10:00〜17:00

関市在住のイラストレーター、小川アヤ子さんの作品展です。お店もコラボしてます! 期間中コーヒー豆お買い上げの方(先着25名様)に、小川さんデザインオリジナルトートバッグをプレゼントしています。お見逃しなく!


- 店舗情報 -

8:00 - 19:00 金曜定休
全席禁煙 / バリアフリー
座席数:店内44席 テラス席12席

岐阜県関市小瀬1833
0575-23-0539
http://cafe-adachi.com

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-31 11:11 | 関のモーニング全店制覇の旅

面白く読んでもらえる「会報誌/広報誌」の作り方 

「せっかく発行した会報誌/広報誌(以下「会報誌」と表記)なのに読んでもらえない」。
会報誌は、活動に共感、協力を得る為に大切なツールです。
ただ、情報過多の現代において、素人が書いたものを読んでもらうのは大変なこと。
今回の特集は、読んでもらえる広報誌を作るために、
ゼロから発行までの作り方を紹介する入門編です。
市民活動団体の会報誌はもちろん、地域のまちづくり団体(地域委員会)の広報誌、
の参考にしていただければ幸いです。
関再発見フリーマガジンぶうめらんの事例を交えながらお伝えします。

1.基本的な考え方〜読んでもらえる会報誌とは〜
 はじめに、「読んでもらえる会報誌とは何か」、この問いの答えにお答えします。

① 読み手が知りたい情報がある。〜対象の人たちの事を考えよう〜
自分たちの事を伝えるだけでは読まれない。この会報誌を読んで、読み手にどうなって欲しいのか「寄付してほしい」「地域の良さを知ってほしい」
ここで気をつけたいのは、「活動を知ってほしい」というだけではいけないということです。これは②で紹介します。

② 何を伝えたいのか明確に
自身の活動の目的はなんでしょう。
「ぶうめらん」では、最後に必ず「提案書」を入れています。

③ 作り手が面白いと思う記事を
①でもお伝えしましたが、会報誌の多くが、事実の羅列、活動の紹介に終始しています。
活動紹介だけではなく、特集をつくろう。

2. 発行までの流れ
会報誌制作の全体像を把握しましょう。レイアウトや印刷を自分たちでやるか、外部に頼むかで最後の作業行程が変わってきますので、大まかな流れをご紹介します。
a0026530_14181953.png
では、ここからは、上記で紹介した作業中で、重要な項目に絞ってポイントをお伝えします。

3.編集会議
 会報誌づくりで一番大切なのが編集会議です。
広報担当者が1人で制作する場合にも、編集会議は多方面の方に集まっていただき、
叡智を結集しましょう。関わる人が多い程情報の幅が広がりますし
会報誌の市民への広がりを促進します。

【編集会議の準備物】
次第、バックナンバー、これまでの企画一覧、全体概要/スケジュールを伝えるシート、ホワイトボードもしくは付箋紙
【編集会議の進め方】
① 今号の仕様、スケジュールを確認
作業手順1の「全体計画」で作った、全体概要、スケジュールを担当者から説明します。


② 企画検討
 いよいよ、誌面の企画を練ります。活動報告、告知だけではなく、様々な切り口からの特集を入れて行く事が大切です。「1.」で紹介した、読んでもらえる会報誌の基本的な考え方を参考にアイディアを練っていきます。メンバーも一読者です。「自分たちならどんな会報誌を読みたいのか」を考えましょう。会議の方法として、付箋紙を使ったブレーンストーミングが有効です。
 企画のテーマが決まったら、改めてこの特集を通して、何を伝えたいのか目的を文字にして確認します。例えば、ぶうめらん37号「関の大学生特集」の場合、目的は「関の大学生と地域がもっとつながろう」。関市市民活動センター通信しっぷす通信6号「メディアに活動を取り上げてもらう3つの方法」の場合の目的は、関市の市民活動がもっと新聞に掲載してもらうよう行動できるようにしよう」でした。

③ 掲載内容・方法の検討
 特集の企画と目的が決まったら、次はその構成を考えます。特集意外の誌面を「何を」「どのように」掲載するのか決めます。良くあるコーナーでも載せ方に工夫をすれば、読んでもらいやすくなります。
読んでもらえる3つの工夫ポイント

a0026530_14200091.png


4.取材
①気をつけるべき取材のマナー
1)事前のアポをとること
2)取材の趣旨、内容、掲載誌を伝えること
3)写真撮影はあらかじめ伝えること
4)こちらの連絡先、所属団体、取材時間を伝えること
5)事前に取材先について調べて行くこと

特に5が大切です。インターネット等で調べ物ができる現代において、HP等で分かる事を聞いて大切な時間を浪費しないように事前の調査をし、取材のイメージをしていきましょう。
②取材方法
聞くべき事を忘れてしまわないように、事前に「取材フォーム」をつくると便利です。
取材フォームにいれると良い事
1) 取材日時
2) 取材場所
3) 基本情報(団体名(正式名称で)、電話番号、FAX番号、メールアドレス、住所等)
4) 値段、駐車場の有無等
5) その他 企画共通で聞くべき内容

記事を確認してもらわなければいけませんので、FAX番号、メールアドレスを聞いておくと便利です。

5.原稿作成
文章の書き方は実践編で紹介するとして、ここでは、読んでもらう為に大切な
「見出し(タイトル、題名)」について紹介します。
内容を読んでもらえるか読んでもらえないかその分かれ道が「見出し」です。
見出しは、短い言葉で文章の内容が把握できること、
内容まで読んでみたいと思わせることが必要です。
「○○について」、「○○に関して」は見出しのタブーですので使わないように。
また、大成功、大盛況など「大」をつけたありきたりな言葉の羅列は読む人の心に訴えません。
より具体的に表現にしましょう。

例)×「高齢者介護について」→「高齢者介護で若い人材を育成 イベントに3,000人」
またインタビューや寄稿文の見出しは、内容の取材者の発言等からキーワードを抜き出す事が有効です。

まとめ
今回、会報誌作成のために特に大切なポイントのみしかご紹介できませんでした。
やはり一番大切な事は、作り手が一番楽しむ事だと思います。
会報誌をつくることを名目に様々な人と出会いお話することができることを
楽しみながら会報誌に取組んでください。

他にも、レイアウトの方法、文章の書き方、写真の取り方等ここではお伝えできなかったこともたくさんあります。

それは後ほど実践編にて。

参考文献 
PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック
増田 ゆきみ 遊タイム出版

広報・雑誌づくりのらくらく文章術
西村 良平 日本エディタースクール出版部

1週間でマスター 編集をするための基礎メソッド
編集の学校 (監修) 雷鳥社
ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-30 15:15 | 地域メディアによるまちづくり

関のモーニング全店制覇の旅vol.9 かる茶

関のモーニング全店制覇の旅。
敬愛する栗山圭介アニキから、「面白いからどんどん頑張りなさい」とお褒めの言葉と
「グッドモーニングハンター」という称号をいただき、ノリノリでやっていきます!

第9回目はかる茶です。

知っている方は少ないでしょう。
関市文化会館の中に、昨年オープンした喫茶店です。

「かる茶」
名前は文化会館にちなんだんだと思います。
いや、この感覚、僕は好きですよ。

もともとここは、「いっぷく」という名前で長年営まれてきました。
以前、ぶうめらんでモーニングの人気投票をした時にも
かなりの票数を獲得してベスト5入りをした人気店でした。
僕もよく行きましたが、何より量が多かった。
文化会館を利用するおばちゃまだけでなくて、地域に方々に愛された喫茶店でした。
そこが閉店してから、市が公募して、結果誕生したのがかる茶さんです。
あわよくばやっちゃおうかな〜なんて思って公募の募集要項みましたが、
結構な家賃でしてすぐに諦めました。

さて、話が脱線しました。
今回は文化的施設で読書でもしようかな〜と思い、本を片手にかる茶の暖簾をくぐりました。
いっぷくの頃から中身も改装されていて、とっても爽やかな雰囲気。喫茶店というかかふぇーです。

早速いつものように、ホットコーヒーを頼みます。
そしてでてきたのがこちら。
a0026530_16223689.jpg
小倉マーガリントースト、ゆで卵、そしてヨーグルト。
シンプルなモーニングですが、小倉マーガリントーストが大好きなのでうれしかったです。

これでもちろんコーヒー代のみ350円。
安い!
350円は最近少ないですもんね。

カフェ かる茶
住所  関市桜本町2-30-1関市文化会館内
TEL 090-3253-7008
営業時間 8:30~17:00
定休日 月曜


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-29 20:15 | 関のモーニング全店制覇の旅

出産にまつわるお金の手続きって分かりにくくないですか〜。

9月に第1子が生まれまして専従職員であった妻が産休、そして育休に入っております。

つまり、親としてはじめて出産を経験して、事業主としてもはじめて産休や育休の手続きを経験しました。

そこで感じるのは、「なんて複雑なの……」という憤怒。

個人と事業主と混同しちゃうこともあるのでしょうが、本当に大変でした。
みなさん、こんなことを普通にやっているんですね。

今回、親として、事業主として手続きで困ったことを書いておこうと思います。
といっても、未だによくわかっているわけではないので、大雑把に書いていきます。
ヌケモレありますがご容赦を!

特に、お金。
もともと、我が家は収入が少ない家計で、一人の収入がなくなるとまさに死活問題です。
もうもらえるものは逃すものか!と必死で調べるました。

1、まず補助してもらえるお金の名前が分かりにくい。
出産に関してもらえる主なものは3つ。
・出産一時金
・出産手当金
・育児休業給付金

一度じゃ覚えられないし、どれがどれだか見分けがつかんのです。

出産一時金は、出産費用の補助してくれるもので、今は42万円。
多くが病院にそのまま支払われることが多く、この手続きはそんなに大変じゃありません。

出産手当金は、産休中にもらえるお金。
今は、前の収入の67%です。

育児休業給付金は、産休終了後、育休中の補助。
最初の6ヶ月は67%で、その後1年まで50%です。

その他、親としての申請である児童手当、医療補助等は市へ出生届を提出した際に、
丁寧に窓口の回り先、申請方法を教えてくれるので、問題なくいけます。

2、事業所の手続きのサポート少なくない?
お金を逃すまいといろんなサイトや本を読みました。
しかし、多くが
「あとは会社に聞きましょう」、「会社がやってくれます」みたいな終わり方してるんですよ。

え、会社って俺やん。

そして改めていろんなサイトをみるんですが、
ほとんどがあのかたーい行政用語で書いてあるんですよね。
一般のパパママ向けのものは、優しく分かりやすく説明しようという努力がみてとれるんですが、
事業所向けにはそんなものお構いなし。

3、手続きの窓口がそれぞれ違う!
そんで、分かりにくい極め付けは、手続きの窓口がそれぞれ違って、縦割りです。
「それはこちらではないので分かりません」と何度言われたことか。

・出産一時金は、健康保険協会

・出産手当金は、健康保険協会

・育児休業給付金、ハローワーク

そしてさらに、年金機構に、下記の申請が必要になります。
・産前産後休業取得者申請書
・育児休業取得者申請書
これは、産休、育休中に社会保険の支払いが免除されるもの。

私は、産前産後休業取得者申請書はだしてあったんですが、
育児休業関連は、ハローワークで出せばいいものだと思っていて、
育児休業取得者申請書が提出が遅れました。
そのおかげで、提出が遅れた理由書とか書かされたし。

ちなみに、子どもの健康保険も年金機構で申請しないといけません。
もう僕は混乱していて、この申請を2回やってました。

さあ、そして、出産関連も含んだ確定申告がそろそろです‥。

これでもう万全!と思っていたら、
実は申請漏れが最近分かりました。

がっくし。


a0026530_18251158.png
ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-28 20:28 | その他

大学生の就職観「人のためになる仕事をしたい」人の率は近年下がっている

CSVのセミナーをやらせていただくときに、前段として
なぜCSVなのかという話をします。
そのときには、
「多くの社会課題がつながりの不足から生まれているものだから」
「第4の消費として、社会的な消費、つながり消費が求められているから」
という2点が主です。
ただ、最近、果たしてそうなのだろうかというデータがでてきました。

昨年11月の日経MJに載った記事
「しぼむ社会的消費」
それによると

---------------
1990年代の「エコロジー」に始まる「社会的消費」はほぼ一貫して広がり続けた。

消費者庁の「倫理的消費研究会」にマーケティング会社のデルフィスが提出した調査結果が
参加者にちょっとしたショックを与えた。
地球のことを考えた消費やライフスタイルに「興味がある」人の割合が09年の59.8%
から15年の45.4%へ、ほぼ一貫して減少していたからだ。
---------------
 社会的消費への意識は上がっているかと思いきや、2009年から下がっているそうです。
また、学生の仕事への意識も。

-----------------
マイナビが大学生に聞いている就職観。
02卒では10%にも満たなかった「人のためになる仕事をしたい」という回答が
13年卒では19.2%と2倍以上に。しかし15年卒では14.8%まで減少し、16年卒も16.3%にとどまる。
---------------
私にもこれはおどろきでした。
「人のためになる仕事をしたい」という人は多少なりとも増え続けているのではなかと思っていたからです。その感覚は、2013年くらいまでのことなんですね。
a0026530_23283398.png
何が原因かわかりません。
社会的消費の意識は少しずつさがっているということも考慮に入れながら、企業に提案していかねばなりません。
それでもまだ6人に1人はそいう意識の子はいるということが希望ですね。


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-27 23:32 | CSVのまちづくり

関のモーニング全店制覇の旅vol.8 初雪草

関のモーニング全店制覇の旅第8回。
今回は、新しいお店です。

といっても、そこにはずーとあります。
長良川鉄道関駅にある「初雪草」。
最近から経営者が変わってリニューアルオープンしました。

平日昼の11時少し前にいったので、駅の周りはひっそりとしておりましたが、
中に入るとびっくり、ほぼ満席でカウンターしか空いてない。
男3人でいきましたが、カウンターで3人横並びにすわりました。

いつものようにホットコーヒーを。
「バターが小倉か選んでください」とのこと
バターも食べたいな〜と、迷った挙句、小倉!
さてでてきたモーニングがこちら。
a0026530_17491805.jpg
トースト、入麺、サラダ、そしてあんかけたまご?
最初茶碗蒸しかとおもいましたが、中はあんのかかった天津飯の上にのかっている玉子。
これは、他では見たことありません。しかも温かくてうまい!

トーストは、小倉1枚とバター1枚。迷う必要はありませんでした。
両方楽しめました。

これでコーヒー代だけの380円。
大満足です。
まだ開店してそんなに時間は経っていませんが、
地域のおじいちゃん、おばあちゃんに愛されるお店になってるんですね。

一緒にいった方も、美味しかった!と満足されていました。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-26 19:06 | 関のモーニング全店制覇の旅

関のモーニング全店制覇の旅vol.7 ほほ笑み(平成28年閉店)

関のモーニング全店制覇の旅、第7回は関市西福野にある「喫茶ほほ笑み」です。
やはり昔からある老舗の喫茶店。
一見さんでは少し入るのに勇気がいりました。
a0026530_09423943.png

とはいっても、入ってみると中は結構広くて、たくさんの人で賑わっています。
面白いのは、入ってすぐ右側には、大きな机があって、そこは常連さん専用の相席の場所です。
おじさまたちが楽しそうに話しています。
新たにお店にきてそこに座ったおじさまにも、

「おーーおはよう!」なんて

歓迎の挨拶とかはなく、
ごく自然に、席につき、話に加わります。
家の朝の風景みたい。

いつものようにホットコーヒーを頼みました。でてきたモーニングがこちら。
a0026530_09372938.jpg
寒い日に、茶碗蒸しがあると嬉しくなりますね!
パン、サラダ、茶碗蒸しの味のあっさりしたものの中に、焼きそばがあることで、
口の中の満足度が一気に上がります。

    関市西福野町1丁目132


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-25 23:06 | 関のモーニング全店制覇の旅

関市の地域委員会「地域の自慢大会」。第1回として反省もありますが、スタートがきれたことが大きい。

今日は、地域委員会を考える勉強会第5弾「地域の自慢大会」でした。
市内外から約120名の方々が参加していただけました。
まずもって、来場いただけた皆様、発表いただけた皆様、御礼申し上げます。ありがとうございます!
a0026530_23433711.jpg

今回は、第3回に引き続いてIIHOEの川北秀人さんにお越しいただきました。

はじめに、14地域中すでに立ち上がった地域7つからの活動の自慢。
上之保:上之保ふれあいのまちづくり推進委員会

武 儀:特定非営利活動法人日本平成村

田 原:田原みらいづくり協議会

下有知:しもうちふれあいまちづくり協議会

武芸川:武芸川まちづくり委員会

洞 戸:ほらど未来まちづくり委員会

板 取:関市板取ふれあいのまちづくり推進委員会

ポストイットに「質問」と「激励」を書いていただいて、
そこからピックアップしてコーディネーターの川北さんから地域の方々へ質問を投げかけてもらいました。

この時点で残り45分。
その後、川北さんからの講演をいただきました。

川北さんからは、具体的に関市の数字を上げて、
これまでの20年と、これからの20年はまったく違うことをお話しいただきました。
これまでは要介護3以上の割合が少ない60歳から65歳以上がどかんと増えましたが、
今後の20年は、要介護3以上の割合がかなり多くなる85歳以上の数が圧倒的に増えるのです。

特に会場から「おお!なるほど!」と出たのは、具体的な町名を示していただけたところでした。
縦軸に18歳以下同居率、横軸に高齢化率としたときに、現状ここだけど、10年後は○○町と同じ率になる。
まだ比較的子どもが多い上白金は、10年後現在の円保通りと同様の率になることが予測されるということなのです。
では、10年後を見据えた活動を考えるときに、上白金は円保通りの現在の活動、状況が
大いに参考になるとういことです。
ぜひうちの町内の数字をみたいという声を多くいただきましたので、また共有したいと思います。

こういった状況だからこそ、これまでの継続で行事をやるのではなく、
課題解決志向、成果志向の事業にしていきましょう。
というのが川北さんの話の大きな趣旨でした。

関市でちゃんとしっかりと自慢大会をやったのは、今回がはじめて。
いろいろと反省点も見つかりました。

やっぱり圧倒的に時間が足りませんでした。すいません!!
終了後たくさんの人からもっと川北さんの話を聞きたかった!という声をいただきました。
これだけ地域の人からも短かったという声をいただけるのであれば、
時間の長さも考えていきたいと思います。

また、「地域委員会の発表よりも川北さんの話をもっと聞きたかった」というアンケートもあったのですが、
それは、少し違うと思います。
地域の自慢があって、それに対して質疑のやり取りの前提があったことで川北さんの話が意味をなします。
川北さんの話では、「行事から事業へ」ということが大きな趣旨でした。
もちろん、地域の中で「事業」をやっているところもありますが、今回の発表の多くが「行事」。
そのことを地域の人がちゃんと感じとってもらえたかです。
そして、会場の皆さんからの質問は
「金」、「人」、「効果」の3点が主でした。
そういった質問が来ることを意識して今後発表をしてもらえるのか、さらには、事業を組み立ててもらえるのか
が大切ですね。

関の地域の自慢大会ははじまったばかり。
これは毎年やっていきたいと考えています。
ただ、来年度は、団体も増えるので、一度に全部は難しいかもしれません。
今回は、「18歳以下世帯数が多い地域」とか「18歳以下世帯数が少なくて、高齢化率が高い地域」とか
この区分で分けた自慢大会にしてもいいなと考えています。

今回の反省もいかしながら、自慢大会も含めた地域委員会の学び合いの場の
仕組みづくりの戦略を考えていきます。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-24 23:48 | 小規模多機能自治のまちづくり

一社一村運動が面白い

明日は、IIHOEの川北秀人さんに関市に起いただき、地域委員会により地域の自慢大会です。
川北さんには前日入りしていただいてお食事をしながら色々と相談させてもらいました。
まさに役得!

いろんな話を伺った中で、今ぶうめらんとして取り組んでいるCSVサポートについても聞きました。
地域の中小企業がもっと地域の課題解決に向けて取り組みをしてほしい。
今、共感してもらえた企業さんとCSV活動をしていますが、これは、自分たちが
間に入って話をして企業と地域の課題をつなげてできるもの。
これを広げるためには、仕組みが必要だと感じていました。

そのあたりを聞いてみるとズバリ。
すでに、仕組みとして取り組んでいる事例をおしえていただけました。

それは静岡県が取り組んでいる「一社一村しずおか運動」。

---------

~めざせ!企業と農村の協働による地域の活性化~

一社一村運動の目的は協働活動による地域の活性化。農村の要望である「人手がほしい」「交流を増やしたい」「安定した顧客がほしい」「一緒に特産品を開発したい」と、企業の要望である「社会貢献をしたい」「社員の福利厚生に活用したい」「地域の資源をビジネス化したい」のニーズを結びつけ、協働活動を行うことで、都市と農村の交流が生まれ、地域の活性化を促進するという仕組みです。

---------


会社が、サポートする農村を表明。そこと協働で活動する事業です。

もともとは韓国が発祥なんですね。静岡では2005年にはじまっています。
HPで農村からの要望、課題がアップされており、それを見て、企業は選ぶことができます。
これまで41件の認定事例があります。

というか、調べてみると、岐阜県でもやっとる‥。
しかもそこそこ活発に。
失礼しました、知りませんでした。

こういう取り組みは、企業の発掘や実際の地域との調整事項が大変だと思うのですが、
どこまでできているんでしょうか。
みずほ総研からでている214年のレポートによると
http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/pl141217.pdf
企業数がすくないこと
交流にとどまり新事業までいかないこと
が課題に挙げられています。

企業は単なる社会貢献では手をあげるところは少ないでしょう。
企業内に戦略的CSRと位置付けて、その戦略にあった地域課題と組むことが必要です。
ただそのあたりはちゃんと提案しないとなかなか気がついてもらえないと思います。

韓国も、静岡、岐阜も基本的に農村が対象ですが、べつに農村じゃなくても全然いいんですよね。
関市の地域委員会からも、困っていることを、地域の課題を表明してもらって、
企業が、サポートする地域委員会を表明してもらうこともできそうです。

いろんな可能性がありますね。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

お前は誰だと言われれば。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-23 23:56 | CSVのまちづくり

「地域に良い事をして良い業績を上げる」csvセミナー。美濃加茂で活躍するジースプレッドさん、早川青果さん、加茂野農水産加工グループさん

昨日は、「地域に良いことをして、良い業績を残す CSVセミナー」でした。
1週間前まで、5名ほどの申し込みだったので、どうなることかと
思ったら最終的には会場満員の40人ほどになりました。
ありがとうございます!

まずは、私から、CSVについてお話。
以下のような話をしました。
-------
CSVというのは、creating shared valueの略で「共有価値の創造」のこと。
マーケティングの巨匠マイケル・ポーター氏が提唱しています。
ざっくりいうと、社会に良いことをして、よい業績をあげるとうこと。
中小企業白書2014には「社会価値と企業価値の両立すること」と書かれています。

企業の経営者に「社員のボランティアを推進してください!」とお願いしても、なかなか進みません。企業だって大変。社会的貢献活動をして、それがちゃんと業績につながるのであれば、企業も積極的に取り組んでくれるはずです。
岐阜県のNPOは現在約770団体ほど、中小企業は約82,000社あります。
CSVに多くの地域の中小企業が賛同して取り組みはじめれば、社会は一気に変わると思うのです。

社会的にも、いまこそCSVだと考えます。
それは、現代の社会課題の多くは「つながり」課題だからです。
孤立死、防犯、子供の居場所の固定化など、コミュニティが希薄になったから吹き出た課題がたくさんあります。

一方、企業にとっても「つながり」が大事な経営資源になる時代です。
三浦展さんによると今は「第4の消費」の時代といいます。それは「つながり消費」。
シェアオフィス等物を持たずにシェアするとか、顔の見える産直市が好まれるなど、他者とのつながりをつくりだすこと自体によろこびを見出し、シェア志向の価値観、行動が消費に結びついています。
顧客とのつながりを作り出せるのが「CSV」です。
-------
そしてその後、美濃加茂ですでにCSR、 CSVを取り組んでいる企業の方々から活動のお話をしていただきました。

若尾製菓さんの前社長で、社会貢献活動に特化した企業「ジースプレッド」を立ち上げられて活動しています。
売り上げの5%をワールドビジョンジャパンを通じて、途上国の学校建設に寄付しています。
すでに、2015年8月に目標金額に達して、バングラデッシュに学校を建設中だそうです!
a0026530_15292197.jpg


有限会社早川青果 早川英作さん
野菜の卸、販売と、業務用カット野菜を手がけている会社です。
早川さんは、「想い出の友禅ごはん」プロジェクトをされています。
美濃加茂の学校給食で20年ほど前から出ているメニューで、一番人気だそうです。
早川さんは「地産地消」に取り組みたいと考えていました。
友禅ごはんには、様々な美濃加茂の野菜を使います。
給食/友禅ごはんというツールを使って、地産地消の意識を市民にもっと持って欲しいという思いでした。
友禅ごはんは、美濃加茂のイベントに出店され、いつも完売の大人気となっています。
先の成人式では、新成人にアンケートをとって、給食人気ナンバーワンとなった友禅ごはんを
新成人に配布するという取り組みをされて、約550杯食べてもらえたそうです。
新成人喜んだだろうな〜。「給食」というところに視点を当てたところが秀逸です。
淡い想い出も一緒に思い出しますよね〜。

a0026530_15300768.jpg
a0026530_15295865.jpg

休耕田を減らそうと、水田で「ほんもろこ」の養殖をはじめました。
グループをはじめて3年。様々な専門家へ訪ねていく行動力で、生産量は安定するようになりました。
今後はこのノウハウを生かして広げていきたいとのことです。

a0026530_15331026.jpg
a0026530_15332410.jpg
3方ともとても熱い思いを持っていて、ワクワクしながら話を聞いていました。




ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

お前は誰だと言われれば。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-22 15:35 | CSVのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル