せき・まちづくりNPOぶうめらん代表 関のまちづくり論

<   2015年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧




失った関の銭湯。昔は16軒もあった。

いま関には昔ながらの銭湯は一軒もありません。
ほとんどの家お風呂がある時代、マーゴの湯もあるので基本的には困らない。
でもないのは寂しいものです。

関に最後の銭湯がなくなったのはわずか4年前。
新町にある錦湯さんがおじいさんが91歳までやってみえました。

実は、なんとか、関で最後の銭湯「錦湯」をまちのシンボルとして活用できないか、考えてます。
というか4年前から考え続けています。
銭湯文化が根付くまち京都に同じ名前の「錦湯」さんがあります。
そこは、銭湯で落語会や音楽イベントを開催しています。
なにかヒントがないかと京都の錦湯さんにも見に行きました。
どう活用するのか、なかなかみえてきません。

まずは、少し動き出そうと、先日、錦湯の持ち主の方に中をみせていただきました。
その詳しいことはまた後日のブログに書こうと思います。

今回は、関の銭湯文化について。
以前、ぶうめらんで調べてみました。マップに落としてみると、
僕の子供のころは確かに銭湯だった!という記憶がよみがえります!

まだ錦湯があったころのお話。
2010年2月の取材です。

-------------
a0026530_11062088.jpg

関の銭湯をたどる

その昔、銭湯は地域の社交場であった。

多くが地域のなじみの人。

「当時のお風呂はいろんな人と話ができて楽しかった」

元平和湯の前を通りがかったおばあちゃんは、そう話してくれた。

しかし、昭和40年代になると、風呂を作る家が多くなり、全国的に銭湯は激減する。

関市においても、昭和43年の16軒をピークに年々減り続け、昭和61年には半分の8軒に、

そして現在は、錦湯(新町)1軒だけとなってしまった。

今回、少しでもその名残を求めて11軒の今を訪ねてみた。

関に銭湯文化が消えつつあることはなんとも寂しいことです。




せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-28 11:09 | 関市の魅力発信!

「さいたまの市民活動センターNPO管理取りやめ」はおかしい!

これはおかしいな〜というニュースを見ました。

市民活動センター:NPO管理取りやめ 条例改正案、市議会へ さいたま /埼玉毎日新聞 2015年10月15日 地方版


簡単にいうと、
これまで、民間のNPOがさいたま市の市民活動支援センターを指定管理で運営していきたが、
自民党市議らが、そこに原発や9条の会など政治的テーマを扱う団体が利用登録されていることを問題視。
「適正な管理運営」をしろと、指定管理をとりやめる議案を提出したというもの。

びっくりしました。

こちらのブログにもう少し詳しく載っています。


難癖つけられた登録団体は以下の14団体だそう。
------
槍玉に上げられた14団体
原発県民投票準備会
「原発」国民投票埼玉県賛同人会
民主主義を求め続けるプロジェクト
さいたま地区平和運動センター
九条の会・さいたま
かわぐち9条の会
平和と民主革新の未来を開く埼玉の会
婦人民主クラブ埼玉支部
日朝友好連帯埼玉県民会議
北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会
生き証人プロジェクト
埼玉保守市民の会
(以上、登録団体)
捏造慰安婦問題を糾す日本有志の会
戦争を廃案に!女たちの会埼玉
------

関市の市民活動センターを運営するものとして、これには黙っていられません。

1、政策提言(アドボカシー)もしないと社会は変えられない

この登録団体問題は運営している側としても非常に難しい問題なのです。
関市市民活動センターの登録団体にも、原発に関する団体も、左派的とみられる団体もあります。

政治活動と市民活動の境ってどこでしょうか。

基本的に、社会をよくする、地域をよくするために市民活動は活動しています。
良くするためには、政策提言(アドボカシー)は欠かせません。
地域をもっとよくするために、自分たちの考える政策を、議員、行政職員に働きかけるのは普通のことですよね。それが政治活動と言われると困ってしまいます。

若者と政治をつなぐNPO法人YouthCreate代表のブログにあることに賛同します。



2、基礎自治体レベルの市民活動支援にとってプレイヤーづくりが最大の課題
とにかく、現場にとって政治活動と市民活動の境はグレーな部分。
その前提の中で、市民活動支援においては、
多様性を受け入れる姿勢が必要だと考えています。

今、基礎自治体レベルに市民活動の支援センターが整備されてきています。
このレベルでもっとも大きな課題の一つは、
まちづくり、地域課題に対しての市民のプレイヤー不足です。
地域のプレイヤーを増やすためには、排除していてはいけません。
趣味の会でも、少しだけ社会に向いた活動をしてもらえば、立派な地域のプレイヤーです。
趣味で写真を撮るサークルでも、地域の名所や文化を広めるために写真展をやれば本当にありがたい。
まずは、センターに関わってもらって、少しずつ話す中で公益的な活動をしていってもらえることがセンターとしての役割ではないでしょうか。
なので、関市市民活動センターはっきりと政治活動、宗教活動とされるもの以外は受け入れていくという方針でやっています。


3、話し合いで解決できることでしょう
最後に、このさいたまのニュースがおかしいと思うのは、議会も行政もおかしいという決定となったら、登録を外すなどなんらかの措置が取れるわけで、話し合いによって解決できるものだということです。もちろん、ニュースでしか見ていないので、内情はわかりません。
しかし、各登録団体へのヒアリングや調査もしていない様子です。
となると、指定管理を外すことが目的なのではと勘くぐってしまうわけです。

長々と書きましたが、今後も進展を見守りたいと思います。



せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-16 10:46 | 中間支援によるまちづくり

関市は日本有数の酒造りのまち………だった

a0026530_17552613.jpg

古くから刃物の町として知られる関市。
しかし、関市は刃物だけではなく、お酒造りにおいても、全国的に有名なところでした。知っていましたか?
今、おもちゃ屋さんとして有名なねりやさんも昔は造り酒屋さんだったんです。


江戸時代、暴れん坊将軍徳川吉宗の頃。

関市は、岐阜県で一番多くの酒を造り、小瀬の湊から江戸に運んでいました。

その頃には、市内で14箇所もお酒を作っているところがあったと言われています。

なぜそんなに盛んだったのか、それは、水が美味しかったからです。『倭漢三才図会』によると、関の水は日本第二のもので、神水がでるため、水が清くて軽いと書かれています。


しかし、現在、関市にはお酒を作っているところは1つもありません。江戸時代後半になると海運が発達。今でもお酒が有名な神戸の灘や京都の伏見から大型の船で江戸に運ばれるようになり、関のお酒は衰退していきました。


そんな歴史を活かして、今のまちづくりにつなげることができないのか。

今、関市には「さんやほう」というお酒があります。さんやほうサポーターの方々が、関のお米みのにしきを作って、それを美濃の小坂酒造さんでお酒にしてもらっています。せっかくなら、関の酒屋さんがあればなおいいんですが‥。

まちづくりに活かす。考えてもみたんですが、今は、酒造りの免許を取得することが非常に困難です。

なんとかならいものですかね〜。






せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-15 17:55 | 関市の魅力発信!

「関まちなか寄席」が毎回満員札止の理由。今回は春風亭一之輔が登場するよ!

関市で毎回超満員の寄席が開催されているのを知っていますか?
県内はもちろん、県外からもファンが訪れる寄席。
「関まちなか寄席」です。
会場は、関の寺町にある、関善光寺、広福寺、千手院さんを中心に開催され、11月開催で13回目となります。
もともと、落語が大好きなお蕎麦屋さん、小林さんが言出屁で落語好きが集まって開催しています。自称落語好きな私も喜んでメンバーに加えさせていただいています。
2012年の5月が第1回でしたので、もう4年になるんですね。
この関まちなか寄席が第1回からずーと満員札止。
一度も満席でなかったことがありません。
これはすごいことです。
私もこの町で多くのイベントを開催しているからこそ分かります。
行政が主催する無料の講演会やイベントに慣れている市民は、お金を払って参加することに抵抗を覚えるみたいで、ちゃんとお金をとるイベントに人を集めることが大変なのです。
まちなか寄席は、入場料3000円。補助金は一切もらっておらず、入場料のみで運営しています。
では、なぜこれほどまでに「関まちなか寄席」が人気なのか考えてみました。

1、まず出演者がすごい。
これまで来てくれた方々は
神田山陽、柳家三三、立川談四楼、松尾貴史、桂吉坊、前田一知、三遊亭遊雀などなど。
これまで12回の出演者は、すべて小林さんが、皆さんにみて欲しい落語家をブッキング。
来場者の皆さんも、あの小林さんがお勧めする人なら見てみたいという方も大変多いです。
もともと小林さんが落語家のお知り合いも多いからできることなのですが、
知り合いでないけれど、来て欲しい落語家へのアプローチもすごい。
愛知、岐阜あたりにその方がくると毎回必ず落語会へ行き、東京の寄席にも行きます。そして楽屋にも挨拶にいきます。
今回11月に開催する春風亭一之輔さんも通いつめて実現した方です。


2、演者との距離が近い。
普段地方だとホールでやる落語がほとんど。
ホールだと大体300人から多いところでは1000人規模まであります。
関まちなか寄席はお寺で開催するので、場所も広くなく、最大140人。
しかもぎっちぎち(笑)
しかしこれが良いのです。演者の呼吸も聞こえ、表情も丸見え。
狭い空間が話術に引き込まれて一体となります。
私もよく名古屋にホール落語を見に行くのですが、同じ人でも面白さが3倍くらい違う。

柳家三三さんに、打ち上げの時に、なぜホール落語よりも狭い箱の方が面白いのか聞いてみました。
「狭い箱の時は、表情、目線にまで気を配りますね。あとお客さんの熱気や反応がダイレクトにくるのでやりやすいですし、気合も入ります」とのこと。
三三さんいい人です。とっても丁寧に答えてくれました。
ちなみに12月は三三さんの独演会ですよ。

さて、次のまちなか寄席は11月8日です。新進気鋭の春風亭一之輔さんの独演会。
落語興味あるけど寄席にいったことのない人。まずは地元で開催する落語会からはじめませんか。特に今回の一之輔さんは、ぜひ若い人たちにこそみて欲しい落語かさんです。
僕も生で見るのは初めてなので超絶楽しみです!

第13回せきまちなか寄席〜春風亭一之輔 独演会〜
と き: 2015/11/8(日) 16:00開演〈15:30開場〉
ところ: 関市東日吉町34 広福寺
木戸銭: 3000円 ※前売りのみ
チケット販売場所:そばきり助六(0575-22-2526)

チケットは私も少し預かるので私にメールで連絡いただいても結構です。
a0026530_17432493.jpg



せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-13 18:18 | お寺を活かしたまちづくり

私が9月に読んだ本でオススメしたい本、星野源「そして生活は続く」。

9月は4冊の本を読みました。

積読がどんどん増える中、厳選して本を読みました。
9月に読んで一番面白かった本はこちらでした!
星野源さんのはじめてのエッセイ集。くだらない日々の生活の中に視点を置いてつづられています。今では、音楽、俳優、文筆業というマルチに活躍する星野源さんが、まだまだ有名になる前に書いた本で、ういういしさがあって楽しいです。
文章を書くきっかけも「頼み込んで書かせてもらった」らしい。

以前、星野源さんのエッセイは「蘇える変態」を読んで感動するほど笑いました。以前、こんな風に感想を書いています。

最近読んだ中で、最高のエッセイだった。とくに最初の「おっぱい」。「おっぱい揉みたい」声に出すと少し幸せな気分になる。やってみたら、本当になった(笑)。女性向けエッセイで、変態的な男性の日々の胸の内を表現されているが、そこらへんが、同年代として抱腹絶倒。ものすごく共感してしまった。

まあ、「蘇える変態」では、こんなアホみたいな話が続くのですが、そのルーツは「そして生活はつづく」にありました。
いろんなエピソードが紹介されていますが、特に彼の母親の話がおもしろい。
お母さんではなく、美人の○○○ちゃんと呼びなさいとしつけられてきたそうで、
幼い頃、父親に高い高いされている時に、「源はこの時空から落ちてきたの。だから、源は星の王子様なのよ」と言われ、ずーと信じていたなどなど母親のユニークなエピソードがあります。
大人になって、子どもをおもちゃにして遊んでいたのではないかという疑問に、
「だって、源はいつも難しい顔しているんだもん、家にいる時くらい笑って楽しまなくちゃ」と言われたそう。なんかほろりときました。


----------------
2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:724ページ
ナイス数:5ナイス

火花火花
読了日:9月13日 著者:又吉直樹
仙厓(せんがい) 無法の禅仙厓(せんがい) 無法の禅
読了日:9月13日 著者:玄侑宗久
そして生活はつづく (文春文庫)そして生活はつづく (文春文庫)
読了日:9月9日 著者:星野源
うつくしい人 (幻冬舎文庫)うつくしい人 (幻冬舎文庫)
読了日:9月2日 著者:西加奈子

読書メーター



せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/
a0026530_17194033.jpg






by takayukin_K | 2015-10-12 17:13 | 本によるまちづくり

刃物まつりの関で探してほしい、関だけのとっておきの風景。

いよいよ刃物まつりが明日に迫りました。
今日の関市は、前乗りした観光客、関係者がまちなかをウロウロしている姿を見ます。

ただ関市では、観光客の方に、
「関に来ても『刃物のまち』って感じがしないな〜」。
とよく言われます。
いやまさにそうなんですよね。

しかし!実はあるんです。
「刃物のまち」って感じがする関の風景が。

たとえば、これ。関善光寺にある水路なんですが、何か分かりますか?
a0026530_13163878.jpg
ほら、奥に見えるあれですあれ!
ちょっとアップにしてみます。
a0026530_13180161.jpg
水路のゴミを止める役割をしている鉄。
分かりますか。
そうです!
刃物をプレスした後の抜き柄です。これは多分包丁でしょうか。
関の刃物はプレスがほとんど。その抜き柄が大量にでます。
それは多くはリサイクルされますが、まちなかで再活用されているのです。

他にはこんな風に、家の塀として
a0026530_13425420.jpg
そして、応用編として、抜き柄をつかったアートを並べるツワモノまで。
a0026530_13451539.jpg
刃物の抜き柄をリサイクルして生活に使う。
これこそ、関だけの風景ですよね。
まちなかにあるので、刃物まつりにこられたら、探してみてください。

《追記》
刃物まつり会場の関商工会議所2階で、
メタルアートコンテストが開催しています。
これはまさに、刃物の抜き柄を活用したアート作品展。
ぜひ見に行ってみてくださいね!


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-09 12:09 | 関市の魅力発信!

もうすぐ刃物まつり。ところで、日本刀ってどうやって買うの?

今週はどんどん刃物まつり押しでいきます。
今回は日本刀のお話。
日本刀ってどうやって買うか知ってますか?
ぶうめらんの編集会議でも

「そういえば・・・知らん。」

という感じでした。

僕も取材するまで知りませんでした。
最低、100万円以上はするらしいぞ。
刀匠に直接お願いするの?わからないことがいっぱい!

2011年に関でオーダーメイドによる居合刀、真剣を制作、修理、販売をしている
濃州堂の五十嵐啓司さんにお話を伺った記事を紹介します。

a0026530_09312046.jpg
「刀は目的を持って選ぶ必要があります」五十嵐さんはそう話す。
刀を購入する目的は大きく分けて2つに分けられるだろう。
1つが武道用、もう1つが観て楽しむ鑑賞用である。
鑑賞用としては、昔に作られた古美術品か、現代刀匠による新品または中古品に分けられる。
さらに、「太刀」「脇差」「短刀」など刀の種類がある。
新品については、刀匠から拵(こしらえ)、各部品についてすべて自分好みに指定する事ができるがやはり値段は高くなる。
「太刀」の場合で最低100万円ほどするそうだ。
また、値段は、刀匠のネームバリューや、よい玉鋼を使っている等の材料の善し悪し、拵でも変ってくる。
現代刀匠による中古品は、新品よりは当然安くなる。
濃州堂さんの通販カタログを拝見すると、無銘で作られた場所も不明の刀だと10万円というものあるので意外だった。刀を購入した場合の手続きは、警察には届ける必要はなく、購入した刀が登録されている都道府県に2週間以内に所有者変更届けを提出するだけでよいそうだ。

有限会社濃州堂 関市山王通1-11-14
0575-23-8488
http://www.nosyu-token.jp/
----------
この話をお聞きして、
よし、僕にはまだ手が出ない。まずは鍔から買おうかなと思いました(苦笑)


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-07 09:41 | 関市の魅力発信!

今週末は刃物まつり!刃物まつり廉売市で、買っておきべき関の刃物3つ!

さて、いよいよ今週末10月10(土)、11日は刃物まつりです。
2日で関の人口の倍20万人訪れるまつりです。
a0026530_14025186.jpg
一昨年の刃物まつり。

刃物まつりは、1.3㎞の本町通り商店街にずらーーーと並ぶ刃物の廉売市が目玉。
それだけではない楽しみ方もあるのですが、今回はその廉売市で何を買ったら楽しいのか
まちづくりNPO代表北村的、廉売市で買っておきべき関の刃物をお教えします。
ちなみに、多分大丈夫だと思いますが、今年出店されているか未確認で買いていますので、違っていたらあしからず。

1、長谷川刃物さんの安売りしているはさみを買いだめ
はさみってなくなりませんか?
「あれ〜ここに置いておいたのに〜。だれだー使ったら戻せ〜!」
なんて会話がきっとあるはず。
そこで、これを機会に買いだめしておくことをお勧めします。
はさみといえば、長谷川刃物。長谷川刃物さんでは毎年、はさみを100円でどさーと
箱に入れて出しています。
もちろん切れ味は折り紙付き。しかもいろんな種類があります。
実はテントの裏側にこのコーナーがあることが多いので、気が付かない人もいるのでは。
僕は毎年、5本ほど買います。関にきてくれた人にお土産で渡したりもします。

2、大澤刀剣さんでレベルの高い模造刀を買う
a0026530_14103902.jpg
3年前に買った大澤刀剣さんで購入した模造刀。
重みといい見た目といい、ちゃっちいおもちゃとはわけが違います。
見たらきっと欲しくなる。普段と比べてかなり安くなっています。
実は展示品ということで、1本3千円〜5千円くらいで売ってもらえました。
まあ、何に使うわけではないですが、家にあったら嬉しくないですか(笑)
たまに抜いて「おおおーーー」と言っています。
外国の方にあげたら飛び上がるほど喜んでいただけました。
まあ、空港が無事通ったかどうかはわかりません。

3、サンクラフトさんで「アイディア台所用品」を買う
サンクラフトさんは、アイディア台所用品で有名です。
以前、世間を賑わせたのは、東急ハンズと組んで開発した「ポテトング」

ポテトチップスをつまむトングです。
他にも、毎回同じ量の味噌がとれる「みそ汁上手」などなど楽しい商品が多いんです。
サンクラフトさんのテントはいつもじっくり見てしまいます。

いかがでしたでしょうか?あえて、包丁、ナイフは外してみました。
他にも、ものすごい沢山の刃物会社が出店します。
ぜひ今週末は関に楽しみに来てくださいね。

-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-06 14:23 | 関市の魅力発信!

関の刃物?いえいえ「関の葉物」です。葉物まつり開催中。

さあ関市が一番盛り上がる日が近づいてまいりました。
毎年10月第2土日で開催される刃物祭り。
本町商店街に並ぶ廉売市だけでなく、様々な楽しみ方があります。
僕も毎年刃物まつりについてレポートを書いているのでよければご参照ください。

2014年 2日で1億円落ちるまつり
2013年 刃物まつり
2012年 わたし的刃物まつりの楽しみ方
2011年 刃物まつりの戦利品

今年のお祭りのポスターです。
a0026530_11111969.jpg
というのは嘘です。
葉物まつりを同時開催しております。
これは、関の葉物を使った料理を関市内の協力店に出してもらって、関市のおいしいグルメも堪能してもらおうというゆるい取り組み。
「刃物まつり盛り上げ隊」の企画です。
刃物まつり盛り上げ隊についてこちらを
完全にポスターをパクっていますが、
これ言っといますけど、ちゃんと「公式」ですから。
a0026530_11124159.png
以下、葉物まつり参加協力店舗のみなさまです。

カフェ・ド・ギャラリーアダチ
キャロットケーキ(関市産の人参使用)

関市産の人参を使った甘いケーキです。体に優しい、おいしいケーキですので、是非食べてみてはいかがでしょうか

営業時間:8:00~19:00
定休日 :金曜日
価格 :350円
住所 :岐阜県関市小瀬1833電話 :0575-23-0539


余暇処 るはーふ

毎日、近所の方から届けられる新鮮な野菜を使用したランチ

ヘルシーで体に良いランチは、地元の多くの方に喜ばれています。

営業時間:8:30~16:00(ランチタイム ~14:00)

定休日 :日曜日(不定休あり)

価格 :日替わりランチ 600円

住所 :関市鋳物師屋6-2-11電話 :0575-25-2745


中華料理 にいはお
酢豚(関市産の野菜使用)

キンモクセイのジャムを使ったたれに、

地元野菜をたくさん入れて酢豚を作りました。

営業時間:11:30~14:00(昼の部)17:30~22:00(夜の部)

関市円保通3-4-23-106

0575-23-8510



ラ・モーラ

白身魚と小松菜のスパゲッティー (関市産の小松菜使用)

白身魚と上之保の農家さんが作った小松菜とフレッシュトマトのスパゲッティです。アクセントでレモンの風味がきいた爽やかなスパゲッティです。

営業時間 :11:30~14:30 17:30~21:30

岐阜県関市栄町5-1-770575-46-8314


珈琲館おんさい(山チャン工房)
みそボーノ丼(関市産のキャベツ使用)
営業時間:7:30~18:00 定休日 :日曜日、祝日の午後 価格 :750円
住所 :関市千疋7252


お食事処 はなぞの
芋餅(関市産のジャガ芋を使用 ) 

オーナーの山田さんが愛情を込めて育てたじゃが芋で作った、芋もち田楽です。

雰囲気の良いお店で、お酒のお供にいかがでしょうか。

営業時間:11:30~15:00(昼の部) 7:00~21:00(夜の部)

定休日 :木曜日
価格 : 420円
住所 : 関市栄町3-8-33電話 : 0575-22-5774

page1image25680 page1image25840 page1image26000 page1image26160


レストラン ムラヤマ

関市産の野菜をつかったランチ

連日満席のおしゃれなフレンチレストランです。シェフによってさらにおいしく調理された野菜は、絶品です。

営業時間:11:00~14:0017:30~21:00

定休日 :月曜日、第1火曜日

関市梅ヶ枝町30-2
0575-22-6710



-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/





by takayukin_K | 2015-10-03 11:27 | 中間支援によるまちづくり

関市の話題の動画「もしものハナシ」は、関市役所のゆるさを許容する雰囲気と個の力が集まった成果

まずは、この動画みてください。
https://www.youtube.com/watch?v=AjRPdeHCZwA
a0026530_1040742.jpg

すでにいろんなところで話題となっている関市のPR動画「もしものハナシ」です。

ヤフーニュースはじめ数々のネットニュースに取り上げられ、「スッキリ」など全国ネットのテレビにも紹介されて、今、ちょっとした話題になっています。

すでにユーチューブ動画も45,000回近く視聴されていますね。

これはすごい!やってくれたな〜と思いまして、
関市観光課の担当者の三輪博樹さんに雑談っぽく話を聞いてみました。

もともと、この事業は、関市のシティプロモーション事業の一環。
以前は、名古屋のミッドランドスクエアで開催した、うまい棒で円空仏をつくる「うまい仏」の事業もこれです。
確か昨年度から東京のPR会社の契約して、メディア戦略を取り組んでいます。
その成果か、最近様々な媒体で関市のことが露出することが多くなってきた気がしませんか。

さて、今回のこの動画、三輪さんも「怒られるギリギリのところを水面下で調整してきてできました」
とのこと(笑)
この動画も動画製作会社と一緒に企画を練る段階で、4つほどの絞り、その中にはもっと斬新な企画もあったそうなんですが、相手があるので実現できなかったみたいです。
もっと斬新なものも気になりますね。

いや〜、三輪さんは以前からいろいろな事業で一緒にやっていますが、いい意味で緩く、センスがいいんです。
さらにいうと、数年前、観光課には、河合康紀さん、金子さんという緩い良いセンスの持ち主がいまして、私は観光課の3羽ガラスと勝手に呼んでいました。
この頃、関市の観光は斬新な取り組みを次々に打ち出していたんです。

関市職員が書くゆるいブログ「関らら日記」も河合さんが担当で立ち上げたもの。
http://plaza.rakuten.co.jp/machi21seki/
関らら日記は楽天の自治体ブログの中で、全国1位になったこともある人気ブログです。
当時、カリスマ公務員としてぶうめらんの「おまはんたー」にも取り上げました。

そして、何と言ってもあの事件(笑)
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」。
これも、3人がいた時です。

いまでも「ヱヴァンゲリヲン 関市」と画像検索するとトップに表示されるあの写真。
a0026530_10563478.jpg

関市の歴史上はじめての炎上騒ぎとなりました(笑)
ちなみに、前日に服を調達したのが三輪さんです(笑)
おそらく、三輪さんはこの経験があったから、今回の絶妙な炎上しないギリギリのラインができたのではないかと思います。
名誉のためにいうと、この「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」は大成功で集客人数、売上ともに、関鍛冶伝承館の歴史を塗り替えた事業です。

何が言いたいかというと、こういうことを許容できる組織が素晴らしいと思うのです。
三輪さんも
「こういうゆるい取り組みを許してくれてきた時々の課長さんが本当に良かった」と言っています。

最近、関市と一緒に仕事をしていて思うのが、関市役所の職員の方々の個の力が活かされる組織になってきているな〜ということです。

今回の動画も、ゆるさを許容できる組織に、個の力が結集されて、生まれた成果だと思います。
そして、だからこそ、関市役所○○課という組織で囲むのではなく、
もっと職員の一人一人が前に出てきて仕事することでもっと関市はよくなるのではないでしょうか。

ちなみに、元観光課の河合さん。今は市民協働課で、先日話題になったふるさと納税の担当者です。

河合さん、この動画に嫉妬しているにちがいないので、きっとやってくれると思います(笑)

-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/



by takayukin_K | 2015-10-02 11:45 | 中間支援によるまちづくり

岐阜県関の魅力を発信するウェブメディアです。関市のディープな情報と、まちづくりのお話。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル

XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項