せき・まちづくりNPOぶうめらん代表 関のまちづくり論

<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧




本 de ドミノ騒動で感じた事。

昨日から、秋元さんのブログからヤフー、そして今日、新聞にも飛び火した「本 de ドミノ」騒動。

色々と内情を聞くと、どうも、岐阜市議の思いつきで、支援者の方々が企画し、それに岐阜市、岐阜市教育委員会が後援したという構図のようですね。HPでは動画も活用して綺麗にみせていますが、とってつけたような趣旨(ドミノをやることで本の大切さを教える企画?)等に詰めの甘さを感じます。市民が勝手に盛り上げる活動で止めておけば批判も少なかったでしょうが、それを図書館長が動画で応援コメントまで出してしまっているのが火に油を注いでしまった感です。

これまで、オープニングを祝うための公式イベントは日比野克彦さんが総合プロデューサーになり、市民の方々がコツコツ、ワークショップをして考えてきています。
この騒動で水を差した感じです。この騒動が膿を出すきっかけになればいいのですが。

さてさて、イベントの是非は置いておいて、ここからが本題。
今回の騒動で私が一番びっくりしたのが、「本でドミノをしても別にいいじゃん」という人がこんなにもいたことです。
ヤフーの意識調査でも、5月30日16時現在、このイベントについて反対が57.4%、賛成が33.9%です。
私、そんなに偏った考えを持っているつもりはなく、自分と反対の考えも考えとして理解はできるつもりです。が、どうしても、理解できず、自分の視野の狭さに驚きました。

私は、みんなが「本を粗末に扱うことはおかしい」と言う、と恥ずかしながら思っていたのです。
実は、最初は、「別にいいじゃん」という人に対し、なんて倫理観がない人たちなんだと思っていました。すいません。しかし、倫理的に素晴らしい方々からも「抵抗ない」というお話を聞きます。なぜなんだろうと考えてみました。

これまで本でドミノをやってきたのは、シアトルとベルギーに事例があるようです。
調べたところ、日本にはありません。
本でドミノに抵抗を感じる人が日本には多いということでしょう。

日本らしさで説明するならば、
3割超の賛成意見があることは、「日本的霊性」の弱まりではないかと私は思っています。
思想家鈴木大拙は『日本的霊性』で日本人の精神性について話しています。
その昔、日本には、八百万の神がいて、物にも神が宿ると考えられてきたました。
ただ、その心は、今の現代社会では薄まってきています。
もちろん私もそう。
どなたかが「思想の欧米化」と言っていました。

ただ、本には、書いた人の思想が現れています。
なので、日本人としての精神性が働き、「本を大切にしなければいけない」という思想が残っているのではないでしょうか。
それも、少しずつ思想の欧米化が進んでいくのでしょう。

昨日、今日で妻と合計3時間くらい議論して私が考えたことです(笑)



by takayukin_K | 2015-05-30 17:38 | 本によるまちづくり

地域のお店がちょっとずつ地域貢献すること

《ゆずりん基金》81,070円寄付。
関市に一昨年11月にオープンしたスイーツほまれさん。
今や人が絶えない大人気のお店になっています。

そこで昨年10月から取り組んでもらっているのが「ゆずりん基金」。
ゆず商品1つにつき10円を上之保活性化に活動するゆずりんへ寄付する取り組みです。
いわゆる寄付付き商品。

昨日、約半年の贈呈式を行いました。
a0026530_205147.jpg


平成26年10月から27年5月約半年で81,070円
1個につき10円なので、単純に計算して8,107個も売れたことになります。
関市の1店でこれはすごい数です。
店長の上野さんによると、この基金があることを聞き、上之保からわざわざ買いに来てくれて、たくさんお土産物に買ってくれたとのことです。

ゆずりんは、上之保の地域活性化団体「郷友会」さんが運営しており、民間のゆるキャラ。僕らも民間の非公式キャラ「ぶぅ」を運営していますが、ゆるキャラを運営するのには大変な労力とお金がかかります。

郷友会代表の吉田さんは、「こんなにたくさんのお金をもらえるなんて思いもよらなかった。せっかく頂いたお金を、有意義に使いたいので、単に運営費に使うのではなく、プロジェクトをやりたい」と話します。
a0026530_209566.jpg

喜びを表す吉田会長そしてちょっと引くゆずりん

地域のお店が地域に良いことをして、そのお店も良い業績をあげる。こういうサポートができて嬉しいです!
今日、中日新聞さんにも取り上げていただけました!
a0026530_20121528.jpg




by takayukin_K | 2015-05-29 20:12 | CSVのまちづくり

「本deドミノ」はダメでしょう。ぎふメディアコスモスオープニングイベント?

岐阜市に7月12日にオープンする「ぎふメディアコスモス」。
岐阜市の図書館等が入る複合施設です。
世界的な建築家伊東豊雄さんが設計するとあってできる前から楽しみにしておりました。

しかし、オープニングイベントを見たときに大いに疑問が湧きました。

「本de ドミノ」
市民から1万札の不要な本を集めて、その本でドミノをするというもの。
http://hondedomino.galaxy.bindcloud.jp

私はこれを見たときに、とっても嫌な気分になりました。
私も本を通したまちづくりを行っていますが、本を扱うものとして、本には敬意を払っています。
物を敬う心、その書物を書いた先人を敬う心。
子供の頃には、本はまたいではいけないものと教わりました。
本をまたぐことは、その書いた人の頭をまたぐようなものだと。

HPにの主旨文には、「インターネットが普及し、紙の本なんて買うことも手にすることも少なくなったこの頃。もう一度、本へ原点回帰」とありますが、本を粗末にあつかうことは原点ではありません。

しかも、これを図書館のオープニングイベントでやるとのこと。
今の図書館で、子供達が本でドミノをしたら、司書の方から注意されますよね。
注意されることを公認でやるのです。

これは寄付が集まるんでしょうか。私が読んだ本をどうぞドミノに使ってくださいと持ってきてくれる方って多いのでしょうか。ご自宅まで本の回収に行くことがありますが、皆さん、とっても名残惜しそうに、
その本を買ったときの思い出を話してくれます。

このイベントは強行されてしまうのでしょうか。
いまからでも遅くないので、撤退する勇気がほしいです。



by takayukin_K | 2015-05-28 14:19 | 本によるまちづくり

これこそまちづくり。関のいろんな個人宅に今バラがいっぱい

たまげました。
関にこんな素敵なバラのお庭があるなんて。個人のお宅ですよ。
a0026530_12513566.jpg

a0026530_12515299.jpg

a0026530_12564977.jpg


気づかなかったけど、市内いろいろなお宅の庭で、バラ育てて道行く人に開放している方々がいるんですね。そういう目線でみると歩くのが楽しくなります。
お家の方に会うと「どうぞ見ていって〜」と言っていただけます。
口をそろえて言うのは、「遅いわよ〜。あと1週間前がもっと見頃だったのに〜」。
いや、今でもたまげるくらいすごいです。

小布施のまちじゅうガーデンの取り組みが有名ですが、
市民一人一人が公共のために少し自分の好きなことをオープンにする。
こういうことこそまさに「まちづくり」だと思うんですよね〜。



by takayukin_K | 2015-05-24 12:57 | 関市の魅力発信!

一緒に働いてくれる人を募集しています。

NPO法人ぶうめらんでは常勤職員を募集しています。

ぶうめらんでは、関市のまちづくりを総合的に行う団体です
フリーマガジンからはじまったまちづくりは、そのつながりとソーシャルキャピタルの蓄積を土台に、
市民活動センターの運営、お寺を活かした子育て支援の場づくり、長良川鉄道の応援団、本を通したまちづくり、そして企業の地域貢献サポートと広がっています。
今年度、新たなフリーマガジンの創刊を見据えています。

ぶうめらんでは、企業会員、市民会員の皆様のおかげてなりたっており、ボランティア編集部の皆さんはじめ多くの人たちと関わりながら仕事を進めていきます。

一緒に関市のまちづくりに取り組んでくれる方、ぜひご連絡ください。

■………………………………………………………………………………………■
 せき・まちづくりNPOぶうめらん 職員募集のお知らせ
■………………………………………………………………………………………■

仕事内容 
関市のまちづくりを行う当団体のスタッフとして、当団体が実施する
様々な関市のまちづくり事業に参画していただきます。

①関市市民活動センターの運営業務
②関・再発見フリーマガジンぶうめらん編集業務
③コミュニティブックカフェ「ブックエカ」運営業務
④その他、関のまちづくりに関する事業

募集人材像 地域のコーディネーター、ワークショップのファシリテーター等もあります。

応募資格 普通自動車運転免許、ワード、エクセル等PC作業ができる方

勤務地 ①関市栄町1-22-2F(当法人事務所兼ブックエカ)
②関市千年町2-18(関市市民活動センター)

勤務時間 12:00〜20:00 (休憩1時間) 土日勤務あり
就業期間 2015年7月1日(採用日は相談の上)〜2016年3月31まで
給与 160,000円〜180,000円
福利厚生 各種社会保険完備、交通費支給(上限1万円)
休日/休暇 週休2日制(月曜日とそれ以外の曜日から1日)、夏季休暇(7月から9月までの5日間)
年末年始休暇(12/29~1/3までの6日間)
応募方法 書類選考、面接

◆応募の流れ
随時書類選考、面接を行います。
・写真添付の上、履歴書を郵送してください。
・これまでの職務経歴(ボランティア、市民活動やまちづくり、社会福祉等にか
かわる活動経験などがあればそれも記入)別紙にご記入の上、添付してください。
(書式自由、A4で1枚)
書類選考を通過された方には、随時ご連絡し、面接の日時を調整します。
勤務開始日はなるべく早くを希望しますが、相談に応じます

◆問合せ先
 特定非営利活動法人せき・まちづくりNPOぶうめらん
 担当 北村
 岐阜県関市栄町1-22-2F
 Tel/Fax: 0575-46-8035
 E-mail:info@vousmelan.com



by takayukin_K | 2015-05-20 14:40 | フリーマガジンによるまちづくり

てらっこは武芸川まちづくり委員会さんに引き継がれました。

お寺を活かして地域で子育て支援する場にしようという多世代憩いの広場てらっこ。
平成23年に関善光寺でスタートしたてらっこも4周年。
これまで、こんな歩みをしてきました。

a0026530_16435281.jpg


平成27年度は武芸川の恵利寺さんで引き続き開催しています。
今年度は、運営はぶうめらんの手から離れ、武芸川まちづくり委員会さんが引き継いで開催していただいております。
武芸川地域のお寺で、武芸川のスタッフではじまった取り組みが、こうして地域のまちづくり団体に引き継ぐことができてすごく嬉しいです。
毎週月曜日に恵利寺さんで開催しています。
かなり定着してきて、毎回沢山の人がきてくれて、和やかな雰囲気です。
関市内からも15分でいけますので、ぜひぜひ遊びにきてくださいね。

てらっこの様子は、常時ブログで報告があります。
http://ameblo.jp/terakko-staff/



by takayukin_K | 2015-05-18 16:45 | お寺を活かしたまちづくり

女子高生向けの「おさかなカバン」が強烈なインパクト(笑)

昨年、岐阜県商工会議所青年部さんが主催した岐阜県内の高校生によるビジネスプランコンテスト。
優勝したのは女子高校生が考えた「おさかなカバン(あゆ)」でした。

私も審査員をさせてもらいましたが、私もおさかなカバンを推しました。

発表が面白かったということもさることながら、女子高生というターゲットを決めて、女子高生にアンケートをとり、製品開発にも女子高生ならではのアイディアも組み込んでいました。
何より、50人中41人は「こんなもんいらない」と言われる中、ほしいと言った9人は熱烈に欲しがったという結果に注目したところが面白いですね。

なんと、これが今、実現に向けて動いているのです。
しかも試作品まで作ったそうで、それが強烈なインパクトです(笑)
a0026530_1346268.jpg


間違いなく、大ヒットはしません(笑)
しかし、熱烈に欲しい人はいるかもしれない。

今、クラウドファンディングで支援募集中です!僕も怖いものみたさに応援しようと思います(笑)
https://readyfor.jp/projects/osakana-kaban

新聞でも大きく取り上げられています。
https://readyfor.jp/projects/osakana-kaban/announcements/23776



by takayukin_K | 2015-05-09 13:48 | 中間支援によるまちづくり

4月に読んだ本について

4月に読んだ本で一番良かったのは、五木寛之さんの「金沢さんぽ」でした。
五木寛之の書いた金沢エッセイを読んだことがなく、新刊で出てたので買いました。見た目は新幹線ブームに乗って、これまでのエッセイを寄せ集めて作った適当感漂う本でしたが、内容は素晴らしい!五木さんが、暮らしの中で歩いて感じた金沢が沁みます。あ〜住んでた時にこんな感性がほしかった。主計町を歩いたことなかったし‥。ということで、ゴールデンウィークに金沢行ってきました!


----
2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2458ページ
ナイス数:6ナイス

金沢あかり坂 (文春文庫)金沢あかり坂 (文春文庫)
読了日:4月29日 著者:五木寛之
ワークショップデザイン――知をつむぐ対話の場づくり(ファシリテーション・スキルズ)ワークショップデザイン――知をつむぐ対話の場づくり(ファシリテーション・スキルズ)
読了日:4月27日 著者:堀公俊,加藤彰
五木寛之の金沢さんぽ五木寛之の金沢さんぽ
読了日:4月27日 著者:五木寛之
ヘルマン・ヘッセ―危機の詩人 (新潮選書)ヘルマン・ヘッセ―危機の詩人 (新潮選書)
読了日:4月25日 著者:高橋健二
ぼくは本屋のおやじさん (ちくま文庫)ぼくは本屋のおやじさん (ちくま文庫)
読了日:4月25日 著者:早川義夫
岐阜は名古屋の植民地!?―東京・大阪の衛星都市も同じだ!?岐阜は名古屋の植民地!?―東京・大阪の衛星都市も同じだ!?
読了日:4月25日 著者:松尾一
缶ビールのロマンス (角川文庫 (5722))缶ビールのロマンス (角川文庫 (5722))
読了日:4月20日 著者:片岡義男
街場の現代思想 (文春文庫)街場の現代思想 (文春文庫)感想
さすが内田先生。素晴らしい本でした。若者の相談に答えるという流れだが、特に結婚と離婚の話がいい!その章のタイトルは「結婚という終わりなき不快について」(笑)「その不快をクリアした人間には、人間を人間たらしめている決定的な資質である『他者と共生する能力』を得られる。つまり結婚とは、理解も共感もできなくても、なお人間は他者と共生できるということを教えてくれる制度」だそうです。
読了日:4月15日 著者:内田樹
誰もがいま淋しい (角川文庫 (5973))誰もがいま淋しい (角川文庫 (5973))
読了日:4月6日 著者:片岡義男
白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)
読了日:4月6日 著者:東野圭吾

読書メーター




by takayukin_K | 2015-05-07 14:09 | 本によるまちづくり

「本と人とまちをつなげる」とは何か。

「本と人とつなげる」。「本とまちをつなげる」。
これらは、様々な地域の本の取り組みに使われているキャッチコピーです。

私たちも関市においてこの3月に「本と人とまちをつなげる」ことをテーマに「ほんのいっせき。」のイベントを行いました。

メインイベントとして居酒屋ふじ作者で関出身クリエイティブディレクターの栗山圭介さんと、ブラザートムさんの読書に関するトークライブを実施し、その前後15日間で「まちなかイベント」として、関市内のお店や図書館に協力いただき本にかんする様々なイベントを実施しました。
詳しい内容は「ほんのいっせき」HPをご覧ください。

私たちは、特にこのまちなかイベントでどんなことが起こったのか、フリーマガジンぶうめらん4月号の中で聞き書きレポを実施しました。

「本と人とまちをつなげる」とは何か。
それは、本をきっかけに、まちの中で、自分の好きな物についてのお友達ができることだと感じました。

今回の聞き書きでは、「友達が増えた」「世界が広がった」等の 言葉を聞けました。興味があるものを追 究したり心酔したりする愉しさ、を実感できる機会だったようです。

かなり面白かったので、少し抜粋します。

○ガンダム座談会@ベビーショップバンビ
かわいい店内の一角に不釣り合いの、 ガンダム関連本が並び、大のガンダム好 きの店主が仲間を迎え撃ちました。参加 した淺野剛司さんに感想を聞きます。

ネット上で交流はあっても、 会って話せる楽しさは格別!
参加者5人のうち、新社会人1名を除 いて、全員既婚者子持ち。共通の悩みが「女 房子どもに『戦争がしたいのか』と怒られ ること」「ガンプラを作るスペースと飾る スペースが無いこと」。
『戦争がしたいのか』と、家人に言われ るが、単にガンダムに乗って戦ってみた いだけですよね」という話題で盛り上がっ た。市内でもガンダム好きがたくさんい たことが嬉しい。今度はより深く「一日ガ ンプラを作るだけの会」をやりたい。最後に、新社会人に全員で「大丈夫、ガンダム オタクでも結婚はできる!」と励ましてお 開き。いい会だった。

○『のうりん』作者 白鳥士郎さん トークライブ@ブックエカ
聞きたいことは山ほど!ここは作家養成塾!?
昨年アニメ化されて人気となった、加 茂農林高校を舞台とする『のうりん』。当 日は市内外から、『のうりん』読者の 10代 〜 40代が集まり、ざっくばらんな和やか な場となりました。白鳥さんの言葉をま とめました。

ラノベのお作法
ラノベは作法さえ守れば何でもあり。 作法とは、恋愛があること。そして男性 向けなら主人公は男性、女性に設定すること。あとは自由。 それが魅力。
ラノベは旬がある。時事ネタは古くな ることが怖いが、『のうりん』の売りはパロディネタなので、時事ネタのパロディ もどんどん入れるようにしている。

キャラ立ちしたキャラを書くには
―(小説家を目指す高校生からの質問) 『のうりん』は各々のキャラが立ってい る。どうすれば良いキャラが書けますか? 書きたいキャラからストーリーを作る のか、ストーリーに合わせてキャラを考 えるのか、2パターンある。キャラを濃 くしたければ、どんなキャラを書きたい のかをまず考え、そこからストーリーを 作るのも手。

a0026530_1045127.jpg




by takayukin_K | 2015-05-01 10:10 | 本によるまちづくり

岐阜県関の魅力を発信するウェブメディアです。関市のディープな情報と、まちづくりのお話。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル