せき・まちづくりNPOぶうめらん代表 関のまちづくり論

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧




小布施まちじゅう図書館は廃れたのか

3月の関の読書推進イベント「ほんのいっせき」が好評の中無事終了いたしました。
本によるまちづくりを進める上で、特にテーマとして考えているのが、「本とまちをつなげる」ということ。
本をつながる手段として、市民がまちにもつながるきっかけにしようということです。
「ほんのいっせき」でも、まちなかイベントとして、11店舗に協力してもらい、本に関するイベントを実施してもらいました。
私たちが運営するコミュニティブックカフェ「ブックエカ」でも「まちの本棚」としていくつかのお店に本を置き販売してもらっています。

「本とまちをつなげる」ということで、全国の最先端を行き、大いに参考にさせてもらったのが小布施の「まちじゅう図書館」です。
公立図書館として大変有名な「まちとしょテラソ」の事業として2012年秋に始まりました。

a0026530_12573995.jpg

以下、まちとしょテラソHPより
---------------
「まちじゅう図書館」とは、ご自宅やお店の少しのスペース(玄関先、倉庫、蔵など)に本棚を置いて、自分の大好きな本でお客様とコミュニケーション!例えば、酒屋さんだとしたら・・・お酒や肴の本。パン屋さんだったら、パン屋お茶の本、ご自宅では、みんなに読んでほしい本など。
町角に「本がある」場を通じて、人と人が繋がっていくことを願い、「いつもワクワクする情報がある」という活動をみなさんと一緒に楽しんでいく。それが「まちじゅう図書館」です。
毎年開催の春と秋の一箱古本市に加え、今年から5カ年計画で、町中に100棚の設置を目指してスタートです。
---------------

まちとしょテラソや3年目のまちじゅう図書館を見たくて、先日、小布施へ行ってきました。

そこで、感じたことは以下の3つでした。
○最初は100棚を目指すといっていたが、現状17店舗にとどまる。
参加店の中には、店を閉じたところもあり、伸びていない。新図書館を紹介するfacebookページもあるが、2013年4月から投稿が止まってしまっている。

○借りていく人はごくたまに。
参加店に行ってみて少し話を聞いたが、借りていく人はごくごくたまにだそう。

○まちじゅう図書館の本は、まちとしょテラソの貸し出しシステムを目指したが、今は自主運営に任せている。
当初は店舗の本をテラソのシステムと連携して、検索できるようにしたり、バーコードリーダーを用意して貸し出しできるようにしたりする話もあったが、今は各お店の自主的な運営に任せている。
テラソとの関係はあまりない。

というように、少し最初のインパクトからしたら、現状期待通りの成果を上げているとは言いづらい状況だと感じました。

ただ、このような新しい事業は、走りながら考えていくものです。
コンセプトとしては大変素晴らしいし、まちの図書館へ行って本をきっかけに話をすることは楽しい。
私なりに少し考えていました。

○本は変わるから楽しい
自主運営に任せてあることからか、基本的にあまり置く本に変化はありません。
観光客が対象であればそれでもいいですが、本を借りるということは、返さないといけないわけで、当然対象のメインは地元の人ということになります。
本は変わるから楽しい。
本が回転しない本屋や古本屋には人がこないと同じように、
いろんな本が変わるから、新しい本との出会いを期待して行きたくなります。
やはり、テラソと連携して、参加店には、テラソから本を選んで持っていけるようにして、
テラソの本と自分の本とミックスしていくこともいいのではないでしょうか。

○「借りる」ことがこの事業の核心ではない
行ってみて感じた事でもありますが、「借りる」ということがこの事業の核心ではありません。
本を通して、来た人とお店の人が交流することが核心のはず。
であれば、「借りれなくてもいい」。
やはり現状の対象は地元の人ですが、まちじゅう図書館に来る観光客も多いです。
私たち観光客としては、いい店主の勧めでいい本と出会えたなら、買いたい。
また、本と店主との話が少しでもはじまるような、仕掛けもあってもいいですね。
おすすめ本とかの書いた POPがあるとか。
「借りる」ことだけではないことへ広がりもありだと思いました。

まちとしょテラソでは、2013年8月に館長が交代しました。
新館長はまちじゅう図書館を「引き継いでいきたい事業の一つ」と位置付けています。
まちじゅう図書館5カ年計画の半分を過ぎた今、新たなテコ入れを期待したいです。



by takayukin_K | 2015-04-19 13:39 | 本によるまちづくり

地方選挙、有権者がなめられてはいけない。関市市議会議員候補者アンケートがとってもイイ。

地方の選挙の最大の課題は、候補者が何を考えているのかわからないこと。
国の選挙であれば、各政党がマニフェストを出すので、ある程度わかりますが、地方ではそれはない。
HPやSNSをやっている議員も多くない。
選挙公報を出すところも増えてきましたが、まだ多くない。

じゃあ今まで地方の人はなにを基準に投票してきたのでしょうか。
知っているか知らないか、浪花節、社長から頼まれたからなどなど。

選挙カーの名前の連呼とか何も書けないポスターとか電話がけとか何か意味があるんだろうかと思っていたところ、先日、選挙に関わっている方から聞いて妙に納得したことがありました。
「選挙活動はあなたたちのような、問題意識を持って考えている人を対象にしていない。普段の生活の中であまり人から頼まれることがない人が、「先生」と言われる人に頭を下げて頼まれる。そういう票の方が確実。というか、チラシの制限とか選挙期間中にやっていいいことが限られていてそういう活動しかできない」
私もこういう活動を否定しているのではなく、現状の仕組みの中で最大限パフォーマンスを発揮するためには仕方ないことだと思います。
今、制度どうのこうの言うつもりはありません。
でも、投票する側もされる側もできる範囲で少しずつ行動していかないといけない。
その第1歩が、「知ること」です。
今回の関市市議会議員選挙に向けて、関市まちづくり協議会が、立候補予定者全員にアンケートをとってくれました。
これはすごく画期的なことですし、見ているとすごく面白い。
関市の有権者の人はぜひこれを見て投票を考えて欲しいです。

http://www.seki-mk.net/2015shigisen/index.html



by takayukin_K | 2015-04-08 13:13 | 中間支援によるまちづくり

大江戸ボランティア事情。

3月は忙しくてなかなか本が読めませんでした。
3月に読んだ本で一番面白かったのは、『大江戸ボランティア事情』。


江戸時代のお互い様風習はすごい。寺子屋も無償、長旅もみんなが助けてくれる、大家さんが無償で世話人、火消しも無償。現代でここまで目指すのは難しいけれど、土台にすることはできると感じました。


2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1972ページ
ナイス数:6ナイス

大江戸ボランティア事情 (講談社文庫)大江戸ボランティア事情 (講談社文庫)
読了日:3月27日 著者:石川英輔,田中優子
新訳・茶の本―ビギナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫)新訳・茶の本―ビギナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫)
読了日:3月23日 著者:岡倉天心
英傑たちの三国志英傑たちの三国志
読了日:3月23日 著者:伴野朗
仕事道楽 新版――スタジオジブリの現場 (岩波新書)仕事道楽 新版――スタジオジブリの現場 (岩波新書)
読了日:3月9日 著者:鈴木敏夫
空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む
読了日:3月7日 著者:角幡唯介
(036)「空き家」が蝕む日本 (ポプラ新書)(036)「空き家」が蝕む日本 (ポプラ新書)
読了日:3月3日 著者:長嶋修
お伽草紙 (新潮文庫)お伽草紙 (新潮文庫)
読了日:3月1日 著者:太宰治

読書メーター




by takayukin_K | 2015-04-08 10:31 | 本によるまちづくり

岐阜県関の魅力を発信するウェブメディアです。関市のディープな情報と、まちづくりのお話。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル