関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




岐阜の高校生のビジネスプラン展が面白い

先日、岐阜県商工会議所青年部主催のジュニアビジネスプランコンテストで審査員をさせてもらいました。
詳しくはこちら
http://jrbpc.com/

審査員長は、フリーアナウンサーの長谷川豊さん。そして特別審査委員は、「のうりん」の作者、白鳥士郎さん。僕は白鳥さんの大学時代の同寮生としてのお付きの人ぐらいの感じです(笑)

このビジネスプラン展は789もの応募があったそうです。
今回の最終プレゼンはその中から、選ばれた10個。すべて岐阜県内の高校生です。
これが、かなりのツワモノたちでした。

a0026530_16163572.jpg

発表はコスプレあり、コント風ありの楽しいものばかり。皆さん工夫を凝らしています。
プレゼン資料もよくある文字がだらだらかいてあるものではない、わかりやすいものでした。

優勝者は、
岐阜総合学園高校
岐阜総合学園高校マルチメディア部
岩田 悠子さん
おさかなカバン(アユ)

僕もこれを推しました。発表が面白かったということもさることながら、女子高生というターゲットを決めて、女子高生にアンケートをとり、製品開発にも女子高生ならではのアイディアも組み込んでいました。
何より、50人中41人は「こんなもんいらない」と言われる中、ほしいと言った9人は熱烈に欲しがったという結果に注目したところが面白いですね。

いやほんと、どれもレベルが高いビジネスプランでした!

ただ少し気になったのは、

「地域活性化になります」。

という言葉。

特に農産品を活かした商品開発をする高校から多く出ていました。
「何をもって地域活性化とするのか」もさることながら、「売れるのか」というあたりです。
こういうものは作ることは結構簡単ですが、売れなければ意味がないわけで、
現にほとんどの特産品が売れていないわけです。
販路のほとんどが道の駅、物産館、多少インターネット。特産品開発で一番の課題はいかに売るのか。
ビジネスプラン展ということなので、その辺りも踏まえてもらえるといいな〜と思いました。

審査委員長の長谷川豊さんもブログに書いていただいています。
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/42778568.html
私は長谷川さんのブログ読者でして。今回お会いできることがすごく嬉しかったです。
情報の発信の仕方について色々と教えていただけました。



by takayukin_K | 2015-02-18 16:49 | 中間支援のまちづくり

毎日二万人以上のアクセスがある料理ブログの主宰者が関市に!

毎日2〜5万人アクセスがある料理ブログの主宰者が関市田原にいることを知っているでしょうか?
料理研究家の「ちゃんちー」さん。

ぶうめらん45号の「おまはんたー」で取材させてもらいました。
ぶうめらんは2万部発行ですが、1日2万人以上見に来るブログってすごいですよね。
http://ameblo.jp/kimama-ni-chika-life/

はじめは料理投稿サイトのペコリにレシピを出していたところからはじまり、どんどん人気が出たそうです。大手出版社から本の出版も検討されています。得意料理は豆腐。ブログには、これが豆腐?と思うような美味しそうな料理が並びます。
a0026530_1565347.jpg

こんなすごい人が関にいるとは知りませんでした。
この記事を見た方からもすごく驚きの声をいただきます。

将来的に料理教室も開きたいと話すちゃんちーさん。
ぶうめらんでは、まず初めの料理教室を開催させていただけることになりました。
今回のページの右下に少し告知をしただけなのですが、今日で定員が残りわずかになってしまいました。
ぶうめらん発行して2日、おそらく今日、中日新聞さんに折込に入れていただいているようです。
これまでぶうめらのみで告知して、これだけ反響をいただいた企画はありません。
ぶうめらんってこんなに見てもらえているんですね(笑)
ちょっとびっくりしました(笑)

関市は刃物の町。料理と刃物は切っても切れません。
これだけ発信力のある方と刃物業界も連携していってもらえたらいいですね。



by takayukin_K | 2015-02-13 15:18 | 地域メディアのまちづくり

50年以上地域で愛され続けたお惣菜屋さん

ぶうめらん2月号(45号)発行しました。
a0026530_18354762.jpg

今回の特集は「ぼくたちのお惣菜屋さん」。関のお惣菜屋さんを4軒ピックアップして取り上げました。
4軒全部創業50年以上。
地域に密着して長く愛されてきたお店です。

 その編集会議で「お惣菜」の意見が出たのは、別の内容で決まりそうな時。
惣菜の話はかなり盛り上がりました。「僕はミンチボールで育ったからね」、「あそこのコロッケは美味しい」、「行ったら椅子を勧められて、甘酒をもらった」。
皆さん、それぞれのお店に思い入れがあったのです。こんなお惣菜屋さんの、温かさを皆さんにお伝えしたくて今回の特集にしました。

取材を進めるうちに共通して見えてきたものがあります。
添加物を控え、一品一品手作り、作る人の顔が見える。
中にはお客さんの好き嫌いを把握してその人なりのお弁当にしてくれる。
決して店構えに新しさはありませんが、この形態こそ、今の時代の最先端だと感じました。
こういう場所こそ若い人たちに知って、常連になってほしい。そんな想いに至り、タイトルを「僕たちのお惣菜屋さん」としたのです。
 「あんまりお客さんが増えてもらっても困る」というお店もありましたので、こっそり、あまり急に押し寄せないで、息の長いおつきあいをしてもらえると嬉しいです。
今回地図を載せなかったのもそんな思いからです。ぜひ住所や電話番号で検索してください!

a0026530_18375788.jpg


今日のお昼も「マルミ」さんで、弁当を買いました。
2日前に日替わり弁当を食べたばかりだったので今日は、「豚カツカレー」。630円。目の前でカツを揚げてくれます。そして、カレーだけではなく、付け合せのおかず付き。大満足です。
a0026530_18381797.jpg




by takayukin_K | 2015-02-12 18:41 | 地域メディアのまちづくり

まちを巻き込んだ本のイベントをやります。

本によるまちづくりをはじめて2年目を迎えています。
2013年6月にコミュニティブックカフェ「ブックエカ」を開店し、本と人とまちをつなげる取り組みをはじめました。
その様子は、ブックエカのHPをごらんください。
http://bookeka.com
苦心の手作りサイト。

そして、今回ついに、関市主催で、大きな読書推進イベントが開催されることとなりました。
関の読書推進実行委員会が主催。委員は公募で手を上げてくれた方々約10名。
その実行委員長をさせていただいております。もちろんボランティアで。

この度ギリギリなりましたが、やっとイベント内容が固まりました。
メインイベントは、関出身のクリエイティブディレクター栗山圭介さんとブラザートムさんの対談ライブです。栗山さんは雑誌エマーソンの編集長であり、3月に講談社から初の長編小説を刊行されます。
詳しくは、チラシ、ウェブサイトがもう直ぐ準備できますのでそちらをご参照ください。
a0026530_1840523.jpg


-----------
関の読書推進イベント「ほんのいっせき。」 
3月の15日間。関はほんのまちになります。関市の人がもっと読書をするまちになるように。本とまちとひとをつなぐ読書推進イベントです。
期間 平成27年3月15日から3月29日までの15日間

■ステージイベント
ブラザートム×栗山圭介 読書に関する対談ライブ 定員350名

日時:平成27年3月21日(土) 
場所:わかくさ・プラザ 多目的ホール
内容:
10:00〜11:00 本にまつわる謎解き宝探し
11:15〜11:40 映画上映会 ムーミン
12:00〜12:30 映画上映会 注文の多い料理店
13:30〜15:00 ブラザートム×栗山圭介 読書に関する対談ライブ
15:10〜16:00 ビブリオバトル 
参加無料

■まちなかイベント
 会期中に、図書館やお店をはじめ、市内の様々な場所で本にまつわるイベントを実施します。

■ 公式ガイドブック
関の読書に関する公式ガイドブック創刊!
あの人の本棚拝見、本まぁーし、今何よんどる?、高校生の読書事情などなど
-------
まちなかイベント
 会期中に、図書館やお店をはじめ、市内の様々な場所で本にまつわるイベントを実施します。


■ 朗読会 ~赤毛のアンになった気分で~
日時:3月20日13:00〜
場所:THE GUITAR MAN music school
アンになったつもりで朗読してみませんか本に出てくるイチゴ水、アンのお茶菓子付きます
参加費:1000円
定員:10
申込/主催:THE GUITAR MAN music school 090-7031-9920関市本町8-8ラ・スォートビル1F

■ 大人の飲み聞かせ居酒屋
日時:3月18日19:00〜20:00
場所:然の膳関店
読み聞かせは子どもたちのためだけではありません。大人が楽しめる本をセレクトし、飲食しながら読み聞かせを楽しむ会です。
参加費:飲食代 定員20人
申込/主催:然の膳関店 関市平和通2-1823-4520

■『アメリ』の「クレームブリュレ」
日時:全日(木休)8:00〜18:00
場所:ムース
主人公のアメリになった気分でカリカリの焼き目をスプーンで割れば少しだけ幸せに。バニラの香りに包まれてここは小瀬じゃなく、モンマルトルのカフェ。「合言葉はアメリ」。なくなるまでドリンクにおつけします。
参加費:ドリンク代(400円〜)
申込/主催:ムース 関市小瀬1212-10575-24-1751

■AOTOライブペイント
日時:3月15日13:00〜16:00
場所:ムース
関市在中のイラスト総合クリエイターAOTOによるライブイベント。同時開催しているAOTO個展を見ていただきながら、その作品が出来上がっていく様子をライブでご覧いただけます。漫画作家でもあるAOTOの初のライブペイントです。作者のイメージがゼロから形になっていくる絵師の魔法をぜひお楽しみください
参加費 無料
申込/主催:ムース 関市小瀬1212-10575-24-1751

■ 本を作ってみよう
日時:3月17日19:00〜21:00、3月29日10:00〜12:00
場所:上田製本
「本」を作ってみよう。本の修理の仕方を習い、本に文字入れる、本作りをします。
参加費:300円
定員:5人
申込/主催:上田製本 関市肥田瀬1248の10575-22-6520


■ 自分の大切な本をいつまでも美しく本の「フィルム貼りWS」
日時:3月16日10:00〜、3月23日10:00〜
場所:駄菓子屋カフェCHABU
いつまでも綺麗にとっておきたい大切な本を図書館のほんのように表装をフィルムで保護するワークショップです。プロによる丁寧な指導のもと、ご自身の手で大切な本にフィルム保護を施してみましょう
参加費:300円(本のサイズによる)
申込/主催:駄菓子屋カフェCHABU
関市本町2-18080-69110847 a.ko.badu@gmail.com

■ 学長の本棚より(ちょっとだけ拝見)
日時:全日(20日〜22日、29日は閉館)9:00〜16:00
場所:中部学院大学・中部学院大学短期大学部附属図書館
地域に開かれた大学図書館として学外の方にも利用して頂いております。(知らない方も多いかと思います)本学での「ほんのいっせき」は、古田善伯学長(関高OB)と片桐多恵子短期大学部学長の研究室の本棚から選んでいただいた本を図書館内にてご紹介いたします。関キャンパスでは人間福祉学部、看護、リハビリテーション学部、幼児教育学科、社会福祉学科、専攻科の学生たちが真剣に学んでいます。是非、一度大学に足をお運びください!
主催:関市桐ヶ丘二丁目1番地0575-24-2243
備考:駐車場は大学正門前の駐車場をご利用ください。門の横の守衛室に図書館に行く旨をお伝えください。帰りには守衛室にてパスカードをもらって駐車ゲートを通過してください。


■市長の読了本
日時:全日(月休)火曜日~金曜日 10:00~20:00 / 土・日・祝日 10:00~17:00
場所:関市立図書館
尾関健治市長の読了本を紹介するコーナーを開設します。
主催:関市若草通2丁目1番地0575-24-2529
■ 司書のおすすめ本
日時:全日(月休)火曜日~金曜日 10:00~20:00 / 土・日・祝日 10:00~17:00
場所:関市立図書館
関市立図書館司書のおすすめする本の紹介をするコーナーを開設します。
主催:関市若草通2丁目1番地0575-24-2529


■ 座禅会と般若心経の読み方セミナー
日時:3月15日(日)8:00〜9:30
場所:千手院
座禅会を開催後、お茶を飲みながら住職が般若心境についてのお話をします。皆さんと対話をしながらざっくばらんな会にしたいと思っております。座禅会は、毎月第3日曜に開催しています。お気軽にご参加ください。
参加費:無料定員20人
申込/主催:千手院 関市西日吉町380575-22-3897info@soto-senjuin.com

■ みんなでガンダム講座談義
日時:3月18日、22日pm1:00〜pm3:00
場所:ベビーショップバンビ
バンビにガンダム好きが集結して、ガンダムに関する話をただ熱く語る会です
会場には「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」コミックなどガンダム関連の漫画を用意。語るも良し、読むも良し!皆でガンダムを語りましょう!
参加費:無料
申込/主催:ベビーショップバンビ 関市東福野町2−13
  0575−46−9226info@bambi-zakka.com

■ 親子で楽しむ各種しおり作り
日時:3月16日(月)・17日(火)・22日(日)
場所:ベビーショップバンビ
バンビに出品中の作家さん達による“しおり作り体験”を開催します。
お子さまでも簡単に作れるものから、親子で協力して作り上げるものなど
いろいろなしおりを作っていただけます。
22日は革の作家【NATURAL.LEAF103】さんのよる「革のしおり作り」を開催親子でお気軽にご参加下さい。所要時間 30分程です。開催時間内のお好きな時間にお越しください。"
参加費:500円(お菓子付き) 定員:各日20人
申込/主催:ベビーショップバンビ 関市東福野町2−13
  0575−46−9226info@bambi-zakka.com

■『のうりん』作者白鳥士郎さんトークライブ
日時:3月28日13:30〜
場所:ブックエカ
『のうりん』作者白鳥士郎さんがブックエカにやってきます。のうりんの舞台裏、思い等について対話形式で伺います。
参加費500円
定員20人
申込/主催:ブックエカ 関市栄町1-22-2F 0575-46-8035

■ みんなの一箱で古本市
日時:全日(日・祝・月休)12:00〜20:00
場所:ブックエカ
関市の誰かが読んだ本を、まとめてエカ店内に展示販売されます。展示兼販売する本は、一人木箱一箱。木箱には、出店者の自己紹介、どんな人におくりたいのかのメッセージが添えられています。本を読んだ人から、読んでもらいたい人へ。本の引き継ぎになればと思っています。
申込/主催:ブックエカ 関市栄町1-22-2F 0575-46-8035


主催 関市教育委員会
企画運営 関市読書推進実行委員会
照会先 生涯学習課 ☎︎23-7777



by takayukin_K | 2015-02-05 18:42 | 本によるまちづくり

1月に読んだ本で一番良かった本

1月は10冊本が読めました。年末年始は、本を読む時間ができて嬉しいです。
今月一番良かった本は、

海炭市叙景
佐藤泰志(1949-90)さんの遺作となった短編連作です。
素晴らしい小説でした。誰もヒーローはいないし、悪者いない。町に生きる普通の人を町の情景と共に描いている。描く人は一方向のみの捉え方ではなく、多方向から内面をとらえている。だから矛盾も多いがそれこそリアルだと思った。特に、プロパンガスの話には自身と重ねて苦い気持ちになった。豊かな読書でした。


その後、映画を見ましたが、ちょっと残念でした。
この小説の良さをうまく表現してくれていない。色々と矛盾を抱えながら生きて行く様が素敵な本なんですが、そこを映像で表現することは難しいですね。
ただ、この映画の音楽はすごく良かった!ジムオルークが作っています。この映画でジムオルークを知って、早速CDを2枚購入しました。最近は「私の男」の映画でもジムオルークが音楽を手がけています。
ぜひ「海炭市叙景」と「私の男」のサウンドトラックを出して欲しい!





2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2550ページ
ナイス数:23ナイス

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
読了日:1月27日 著者:坪田信貴
漫画・うんちく書店 (メディアファクトリー新書)漫画・うんちく書店 (メディアファクトリー新書)
読了日:1月23日 著者:室井まさね
ひとりブタ: 談志と生きた二十五年ひとりブタ: 談志と生きた二十五年
読了日:1月14日 著者:立川生志
住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち (講談社+α新書)住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち (講談社+α新書)感想
タイトルの勝利だと思う。内容は薄め。人に話したくなるヨーロッパのトリビアがポツポツあった。
読了日:1月12日 著者:川口マーン惠美
ムツゴロウの青春記 (文春文庫)ムツゴロウの青春記 (文春文庫)
読了日:1月12日 著者:畑正憲
そこのみにて光輝く (河出文庫)そこのみにて光輝く (河出文庫)
読了日:1月12日 著者:佐藤泰志
街場のメディア論 (光文社新書)街場のメディア論 (光文社新書)感想
さすが内田先生。内容も濃く、学生向け講義を元にしているので読みやすい本でした。特に読書論が面白い。「本棚は他人から思われたい理想の我である」確かにそう。私もこれから、様々な状況を「自分宛の贈り物」も思える力をつけたいと思う。
読了日:1月10日 著者:内田樹
海炭市叙景 (小学館文庫)海炭市叙景 (小学館文庫)感想
素晴らしい小説でした。誰もヒーローはいないし、悪者いない。町に生きる普通の人を町の情景と共に描いている。描く人は一方向のみの捉え方ではなく、多方向から内面をとらえている。だから矛盾も多いがそれこそリアルだと思った。特に、プロパンガスの話には自身と重ねて苦い気持ちになった。豊かな読書でした。
読了日:1月5日 著者:佐藤泰志
武器としての書く技術武器としての書く技術感想
イケダハヤトさんの著作初読み。2時間ほどで全部よめますが、内容はかなりいい。今自分が求めていたスキルがあった。とっても実用的でした。出し惜しみしない感じがいい。
読了日:1月2日 著者:イケダハヤト
おとなの小論文教室。 (河出文庫)おとなの小論文教室。 (河出文庫)
読了日:1月1日 著者:山田ズーニー

読書メーター




by takayukin_K | 2015-02-04 15:15 | 本によるまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル