せき・まちづくりNPOぶうめらん代表 関のまちづくり論

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧




今年もありがとうございました。

今年もあと僅かですね。
事務所の大掃除も終わって紅白みながら過ごしてます。
今年は、ぶうめらんとしては色々と下準備の年でした。
6月に新しいミッションを掲げて、それに向けた新しい事業を模索してます。
今だ形にできてないですが、ぶうめらんの年度末まであと5ヶ月あるのでそれまでにはなんとか。

それにしても、今年は特に関市の様々な、事業、イベントの実行委員会、審議会等によんでもらうことが多かったです。ありがたいことです。
せっかくそういう場を与えてもらえているので、しっかりとミッション志向で、連携のとれたものに寄与できればとおもいます。





by takayukin_K | 2014-12-31 20:48 | フリーマガジンによるまちづくり

大掃除でブック基金


a0026530_1424129.jpg


ブックエカでは、昨年10月からブック基金をはじめております。
ブック基金についてはこちらを参照ください。
http://takayukik.exblog.jp/19341079/

大掃除で整理した本をブック基金に寄付しませんか?関市内のNPOの活動の支援となります。関市内でしたら取りに伺いますし、郵送の場合は送料負担いたします。お申し込み用紙をお送りするので、電話またはメールにてご連絡ください。
《支援先》
■NPO法人るはーふ
http://www.city.seki.lg.jp/0000003314.html
■NPO法人みつばちの家
http://www.city.seki.lg.jp/0000003420.html
■てらっこ/ブックエカ(NPO法人ぶうめらん)
http://www.city.seki.lg.jp/0000003368.html



by takayukin_K | 2014-12-25 14:25 | 本によるまちづくり

川のほとりのお寺の看板

通勤路にいつも気になる看板がある。
それは保健センター駐車場に車を止めて、市民活動センターまで歩く間、関川沿いにある正覚寺の看板。
黒い板に白い文字で人生の教訓が綴られている。
最近は、「物を粗末にするものは、やがて自分を粗末にする」。
ほぼ毎日通るので、自然と頭に残ってしまう。たまに言葉が書き換えられるがそのペースは不定期。
最初はよくトイレにかかっているみつを名言集ごとく特に気にも留めなかった。
しかしある雨に日に、
「雨の日は雨のお恵み」
とあり、ちょっとだけ気分が良くなったことがあった。そういえば、雨の日にしかその言葉を見たことがない。天候や季節を考えて日々架け替えられているんだ!なんて細やかな配慮だろう。嬉しい気分になったのだ。それから、看板が架け替えられるたびに、今日その言葉を持ってきた意味を考えるようになった。日々にそういう時間がちょっとできることはいいことだ。
ただ、雨のお恵み以降これといった確信がもてないので、あまり意味なんてないのかもしれないが、まあいいのだ。
最近はちょっと変更のペースが遅いのが残念だが、毎日通るたびに気にしている。



by takayukin_K | 2014-12-22 00:15

関市にこそ里山資本主義

12/6に日本総合研究所の藻谷浩介さんをお招きし、関市で講演会を開催しました。
藻谷さんは、『里山資本主義』が2014年新書大賞に選ばれるなどベストセラーになっています。

以前から、この「里山資本主義」の考え方こそ、関市が目指すべき姿だと思っており、念願叶いました。
a0026530_1754674.jpg

「里山資本主義」とは、身じかに眠る資源を活かして、お金もなるべく地域で回して地域を豊かにしようとするもの。資本主義の経済システムにお金に依存しないサブシステムを再構築していこうという考え方です。資源とは、田舎に眠る金銭換算すると無価値のもの(耕作放棄地、立木、半端モノ農産品、退職者、野獣など)。それを資本として活かすと水/食料/燃料+αを自給+物々交換できるというものです。それが工夫次第で外からお金を稼げ、その地域を地域内で循環することができます。

今回「地域委員会を考える市民勉強会」の第4弾として、開催しました。
----
地域委員会とは?
 地域委員会は、それぞれの地域の特性をいかして住民主体の地域づくりを行う組織です。地域の課題は地域で検討・解決し、将来にわたって持続可能にしていくため、住民の力を最大限に発揮するための組織で、おおむね小学校区を単位にしてさまざまな団体や事業者が参加します。地域委員会の活動に対しては、市から活動のための交付金や職員を派遣するなど支援します。
(関市HPより)
----

なぜ、藻谷さんの講演会を「地域委員会を考える勉強会」で開催したかというと、この里山資本主義の話をぜひ地域委員会特に旧郡部の方々に聞いてもらいたかったからです。
藻谷さんの話では一貫して、都会ではなく地域にこそ可能性があると話されます。
普段普通にやっていること、農業や山の恵みをいただくこと、そしておすそ分けのし合い。
みなさんの普段が最先端になりつつあることを自覚して、自信をつけてもらえたらと感じております。

講演会は、大雪の中、250人もの方にお越しいただけました。
司会席からみていて、会場の皆さんがすごく惹きつけられていたことがよくわかりました。
今後、多くの地域委員会で地域振興計画を作ることになります。地域の将来を考えるときにぜひこの考えを念頭に置いてもらえるよう、地道に広げていきたいと思います。



by takayukin_K | 2014-12-12 17:54 | 小規模多機能自治のまちづくり

11月で読んだ本で一番良かったのは『グッドワークス!』

先日、久々にお会いした大学院恩師の木村宏恒先生から、「ブログを見たけど、君はもっとちゃんとした本を読みなさい」とお叱りを受けました。
確かに、小説、エッセイやらが多くて専門書が少ない・・・・・・。
もっと精進せねば。

11月に読んだ中で一番良かったのは、『グッドワークス!』でした。
企業が「善いことをして良い業績を残す」ための本でいろんなアイディアが湧いてきました〜。
マーケティングの巨匠フィリップ・コトラー書く企業が「善いことをして良い業績を残す」ための本。今、自分の中でのテーマにぴったりな本で、アイディアが湧いてくる素晴らしい本でした。事例も豊富なのもよかったですが、単なる紹介ではなく、この分野をしっかりと系統付けてくれていることがありがたい。最終章でNPO、支援セクター向けへの提言もありズバリでした。
グッドワークス!



2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2857ページ
ナイス数:28ナイス

133キロ怪速球 (ベースボール・マガジン社新書)133キロ怪速球 (ベースボール・マガジン社新書)
読了日:11月30日 著者:山本昌
壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)
読了日:11月29日 著者:壇蜜
創発的破壊 未来をつくるイノベーション創発的破壊 未来をつくるイノベーション
読了日:11月29日 著者:米倉誠一郎
グッドワークス!グッドワークス!読了日:11月24日 著者:フィリップコトラー,ナンシー・R.リー,デビッドヘッセキエル
旅をする木 (文春文庫)旅をする木 (文春文庫)
読了日:11月24日 著者:星野道夫
紙の月 (ハルキ文庫)紙の月 (ハルキ文庫)感想
普通の人が、劇的なものではなく、普通に犯罪に手を染めていく。こんなのであれば、普通に日常でありそうで怖くなった。そこに落ちる人と落ちない人はほんのわずかな環境の差。女性が読めばもっと細かな心理描写まで共感できるのだろう。男としては、女性がこう考えているものなのかと勉強させてもらった感じ。
読了日:11月16日 著者:角田光代
Nのために (双葉文庫)Nのために (双葉文庫)
読了日:11月10日 著者:湊かなえ
5 (角川文庫)5 (角川文庫)
読了日:11月7日 著者:佐藤正午
カフカ自撰小品集 《大人の本棚》カフカ自撰小品集 《大人の本棚》
読了日:11月3日 著者:フランツ・カフカ

読書メーター




by takayukin_K | 2014-12-02 15:54 | 本によるまちづくり

岐阜県関の魅力を発信するウェブメディアです。関市のディープな情報と、まちづくりのお話。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル