関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧




[ゆるキャラ孝1]ゆるキャラはタダでくるのが当たり前?

本日岐阜は殺人的暑さ。何やら39度を超えたとか。
こんな暑さの昨今でも、元気にゆるキャライベントが各地で開催されています。

僕たちはゆるキャラによる関市のPRに取組み始めたのは7年前、関市非公式キャラクター「ぶぅ」が誕生してからでした。誕生後、彦根のゆるキャライベントや、柳ケ瀬のゆるキャライベントなどなど各地のイベントに参加させてもらってきました。
2年前、思うところがあり、ぶぅは「引きこもり宣言」。関市の中だけで活動することにしました。関市を外にPRする役割ではなく、関市民のコミュニティ活動を盛り上げるお手伝いをすることこそがぶぅの役割だと考えたからです。

その後、ゆるキャラ側から客観的に各地のゆるキャライベントをみていますが、どうも最近違和感が強いのです。

それは、ゆるキャラは「無料で来るのが当たり前」の風潮。

特に昨今のブームにのってゆるキャライベントを請負い出した業者に疑問を持つのです。

もちろん、ふなっしーはじめ人気者は別です。各地で何万体といるキャラたちのことです。
通常のイベントを考えると、例えばステージ出演者をでてもらうにしても、当然多少なりともギャラ、なければせめて交通費は発生するのが当然というかマナーです。さらに、ゆるキャライベントは、ゆるキャラがメイン。メインにお金をかけずに何処にかけるのでしょう。以前のゆるキャライベントはそんなこともなかったと思うのですが。

 もちろん、ゆるキャラの特殊性はあります。ゆるキャラには公的と私的と2パターンあります。公的な場合は、行政が観光PRとしてやっている場合が多いので、基本的にお金は発生させていいません。観光パンフと同じ立ち位置です。ただ、これも市民の税金を使っているので、税金を出してゆるキャライベントに出演することが有効なのか市民はもっと監視すべきです。一方、民間が運営しているキャラも多くあります。市民によるまちづくりの場合もあれば、商店街や三セクの半公的なもの、お店や企業のキャラもいます。この公的、私的の2つをまったく同列でくくってしまっているのが現状です。
「無料でくるキャラもたくさんいるんだからいいじゃないか」と。
このままいくと、市民キャラは運営側が疲れて廃れていくでしょう。昨今、行政ができないことを市民がまちづくりを担う市民協働の領域が大きくなる中、ゆるキャライベントの状況は、市民パワーを排除する官だけの取り組みになってしまうと言えます。(ゆるキャラ自体が長く続くのかはまた別の話……)

長々と書きましたが、ゆるキャライベントも普通にしていきませんかということが言いたいのです。
まずイベント企画側には、公的、私的関係なく、イベントの来ていただくのであれば、マナーとしてギャラ、せめて交通費はだしましょうよ。それで断るところがあれば、それはそれでいい。

また、様々なイベントに無料で出演している行政関係者の皆さん。ゆるキャラにそこまでの費用対効果はありませんよ。ゆるキャライベントにくるのは、多くがゆるキャラが好きな人たちです。それがきっかけで地域に遊びに来てくれることってあるんでしょうか。成功した一握りのキャラの地域だけです。戦略なきゆるキャラは意味がないのです。芽が出るまで時間がかかるものです。であれば、せめてちゃんと交通費やギャラをもらって税金を軽減しましょうよ。

 今回9月に開催される関市の合併10周年記念イベントで、ゆるキャラとグルメのイベントが開催されます。これも東京の業者がこれまでと同様のやり方でやります。かばうわけではないですが、関市が悪いわけではないんです。これが現状の一般的なゆるキャライベントなのでしょうがないのです。
でも、愛する関市だからこそ、それを当たり前だと思わずに「配慮」をしてもらないでしょうか。すでのこの時期まできてかなり厳しいのは間違いありませんが、ゆずりんとも一緒に市の方へお話させていただいて「配慮」も検討いただけるかもとのこと。ありがたいことです。

もちろん、ぶぅも出演して、合併10周年をお祝いします!
a0026530_15375181.jpg

ぶぅ近影



by takayukin_K | 2014-07-25 15:42

刀匠と一緒にマイ包丁をつくる

関は刃物のまち。
関のまちづくりを考えるなら、日本刀をつくる刀匠さんたちはまさに関の宝であり資源です。
このNPOの活動をはじめたころから、刀匠さんといろんな取り組みがしたいな〜とずっと思っていました。
福留房幸さんのご協力を得て、それがやっと実現しました!

刀匠ワークショップ「鍛造してマイ包丁をつくろう」

一つの鋼から叩いて、伸ばして、焼入れしてつくる世界でひとつのオリジナル包丁をつくります。
かなりの本格的なワークショップ。
今回ははじめてなのでまずは5組だけの募集です。
ふいごで火を起こして、鉄を熱して、真っ赤になった鉄を叩いて形をかえていく。
ここまで出来るのはなかなかないです。
すごくワクワクするワークショップです!

a0026530_11455948.jpg

「刀匠ワークショップ 鍛造してマイ包丁をつくろう」
鎌倉時代から伝わる関鍛冶の日本刀。
関鍛冶の刀匠から学びながら自分だけのオリジナル包丁をつくります。
普段、日本刀を作っている鍛錬場で開催。
一つの鋼材から、熱して、叩いて2日間かける作る本格的な包丁作りワークショップです。

■日時: 1日目8月31日(日)
    2日目9月7日(日) 共に10:00〜16:00
※基本的に両日参加できる方が対象ですが、夏休みの作品にしたいお子さん等、1日で作りたい人はご相談ください。
■場所:福留房幸日本刀鍛錬場(岐阜県関市下有知21-2刀匠の里内鍛錬場)
■定員:5組(先着順)
■対象:高校生以下は保護者同伴
■料金:8,000円(包丁1本につき)
 ※数人で1本作ることもOK
■備考:鍛錬場内は大変暑くなりますので熱中症等の対策をお願いします。
■お申込:電話/メールにて
NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん
0575-46-8035/info@vousmelan.com

【講師】福留房幸さん
http://swordsmith-fusayuki.com/

【工程予定】
■1日目
①デザインを考える

②ふいご使って火で熱する

③叩いて伸ばす

④削って包丁の形に

■2日目
⑤焼入れ

⑥名きり

⑦研ぎ/刃付け

⑧柄をつける



by takayukin_K | 2014-07-03 11:53 | フリーマガジンによるまちづくり

6月に読んだ本たち

6月は印象に残る本が多かったです。
特に平川克美さんの「消費をやめる 銭湯経済のすすめ」。前著「小商いのすすめ」の考えを更に進めたもので、藻谷浩介さんの「里山資本主義」、平田オリザさんの「新しい広場をつくる」、内田樹さんらの「評価と贈与の経済学」につながる考え方でした。関市が今後目指すべき姿はこういうことだと思っているので、そのうちに考えをまとめて書きたいと思っています。

小説では、山崎豊子さんの「花のれん」がものすごく面白かった!山崎豊子さん初期の本で、名作だと思います!


2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3860ページ
ナイス数:73ナイス

「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ (シリーズ22世紀を生きる)「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ (シリーズ22世紀を生きる)
読了日:6月29日 著者:平川克美
女のいない男たち女のいない男たち感想
短編は長編より村上春樹臭が濃過ぎなくていい。だからこそ彼の表現や世界感にほろ酔いできる。BARでビールを飲んでそのあとウイスキーのダブルの水割りをちびちび。まさにそんな感じの話たちだった。
読了日:6月27日 著者:村上春樹
ロードバイクバイブル (エイムック (1203))ロードバイクバイブル (エイムック (1203))
読了日:6月23日 著者:エンゾ早川
天才たちのプロ野球天才たちのプロ野球
読了日:6月21日 著者:二宮清純
幸福な田舎のつくりかた: 地域の誇りが人をつなぎ、小さな経済を動かす幸福な田舎のつくりかた: 地域の誇りが人をつなぎ、小さな経済を動かす感想
イマイチ。事例集に登場する地域は面白いが、筆者独自の分析もない。ネットで得れるレベル。
読了日:6月18日 著者:金丸弘美
時代屋の女房 (1982年)時代屋の女房 (1982年)
読了日:6月18日 著者:村松友視
落語こてんパン (ちくま文庫)落語こてんパン (ちくま文庫)感想
数ある落語家の書いた本にはつまらないものも多いがこの本は面白かった。柳家喬太郎が落語のあらすじを簡単に説明しながらその噺についてたらたらと書いた軽い本。いい具合に力が抜けてて、気軽に落語を知れる。
読了日:6月17日 著者:柳家喬太郎
「忘れられた日本人」の舞台を旅する----宮本常一の軌跡「忘れられた日本人」の舞台を旅する----宮本常一の軌跡
読了日:6月16日 著者:木村哲也
プロ野球 二軍監督--男たちの誇りプロ野球 二軍監督--男たちの誇り
読了日:6月13日 著者:赤坂英一
池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)
読了日:6月12日 著者:池上彰
太陽の棘(とげ)太陽の棘(とげ)感想
すごい本だった。戦後すぐに沖縄に派遣されたアメリカ軍精神科医と沖縄の芸術家たちとの交流を描いた物語。終戦後間もない沖縄の状況や生活、アメリカ人の心情など重苦しい話を土台として、その上に描かれる、誇りを持ち絵画を描くニシムイの画家たちの鮮やかな生き様がより際立つ。
ニシムイ芸術村が存在し、タイラのモデルとなった玉那覇正吉も、その自画像(表紙)も実在することを、最後の謝辞まで知らなかった。それを知ってあらためて、この物語の凄みを感じた。作品を沖縄まで見にいきたい。
読了日:6月11日 著者:原田マハ
花のれん (新潮文庫)花のれん (新潮文庫)
読了日:6月8日 著者:山崎豊子
公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)
読了日:6月7日 著者:熊谷俊人
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
読了日:6月5日 著者:村岡恵理
子どもの本屋、全力投球 (就職しないで生きるには 9)子どもの本屋、全力投球 (就職しないで生きるには 9)
読了日:6月3日 著者:増田喜昭

読書メーター




by takayukin_K | 2014-07-02 11:06 | 本によるまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル