関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧




美濃加茂市長逮捕の報道が気持ち悪い

ここ1週間、なんか世界が気持ち悪い。
というかメディアが気持ち悪い。

ソーシャルメディアが発達して、マスメディア以外からの情報が入るこのご時世では、その濃淡が一層現れる。

特に藤井美濃加茂市長の逮捕に関する報道。1度お会いしただけで本人のことをよく知っているわけではないが、明らかに異質なものを感じる。
まだ容疑者であり、片方が認めていて、もう片方が認めていないにも関わらず、一斉に犯罪者として報道。大きく警察発表に偏っている。そして、落胆の声のみ取り上げられる市民の声。「期待していたのに許せない」「さっさとやめるべきだ」「社会経験がないのにできると思わなかった」などなど。僕がとっても大好きなラジオ番組でも、片方の意見しか読まれなかった。

逮捕に関して疑問を投げかける声も多くあるが、それらは黙殺されている。
例えば神谷宗幣氏のブログ。facebookで100件以上シェアされている。
http://ameblo.jp/jinkamiya/entry-11884708237.html

一体この状況はなんなのだろう。
情報発信がマスメディアしかなかった頃は丸く収まっていたのだろう。
地元の新聞は、こういう時こそ大勢に流されず、こまめに取材した多面的な事実を載せるべきではないのか。いかにも浅い。

実際まだ罪の真実は分からない。しかし、このマスメディアのおかしさだけは分かる。

ソーシャルメディアを使い慣れた世代として、個人がメディアになることが当たり前の世代として、マスメディア等に対し「これまでと同じやり方が通ると思うな」という声を上げないといけないと思う。
そして今日は、メディアと警察がもたらしたえん罪「松本サリン事件」からちょうど20年。



by takayukin_K | 2014-06-27 17:10

6年前のスイーツ特集

ぶうめらん7周年の41号が発行されました。
今回はぶうめらん6年ぶりの関のスイーツ特集。大変反響が高く、いつもよりたくさんの声をいただいております!

前回のスイーツ特集は第4号までさかのぼります。まだ発行部数が6000千部で季刊発行(今は20,000部隔月発行)だったので、知っている方はほとんどいないだろうな〜。見ている方はよっぽどのぶうめらん通!
a0026530_19331910.jpg

第4号のスイーツ特集は、巻頭で虎屋の2代目古田博文さん、3代目古田敦資さんのお二人に老舗の秘訣をインタビューしています。敦資さんが虎屋を継いだ動機は、中学生の頃に『私の主張大会』で学校代表になり「将来は虎屋の後を継ぐ」と高らかに主張してしまったことだそうで。
a0026530_19391654.jpg

紹介しているスイーツは、虎屋の「円空さん」、時代軒の「いちご大福」、プティ・ラパンの「苺のタルト」、かぢやの「シフォンケーキ」、パリブレストの「ミルフィーユ」、イル・カミーノの「イチゴタルト」。ぶうめらんスタッフで関のスイーツを買い漁って、お気に入りを選び出しました。どれも美味しかったのを覚えています。
しかし全部モノクロページなのです。当時カラーページは表紙だけなので仕方ないことだったんですが、美味しいイチゴ大福も、きれいなイチゴタルトもモノクロ・・・。41号は全部カラーです。この辺りに成長を感じます。しみじみ。

ちなみに、このころから欄外の「関の小ねた」をやっていました。
あらためてみると面白い(笑)
当時メンバー内で絶賛だったのが、みずかさんの「富野の小ネタ」

富野の私の家にはピザが来ない。断られる。(みずか)
富野中学校では「体育祭」の事を「親子運動会」という(みずか)
富野では猿に部屋を覗かれる(みずか)

毎号やっているのぜひ欄外にも目を向けてみて下さい。



by takayukin_K | 2014-06-25 19:40 | 地域メディアのまちづくり

関市の自治基本条例案は継続審査ですって

現在、関市では自治基本条例の制定を目指しています。
昨年1年間かけて公募市民、各種団体代表、学識経験者からなる関市自治基本条例策定審議会をやってきました。
詳しくは、下記の関市のサイトにあります。
http://www.city.seki.lg.jp/0000003446.html
私も市民活動センターとして審議会に加えていただきました。

その審議会で作ってきた条例案は今年2月に市長へ答申し、今回の6月議会に議案が上程されています。
議会では「自治基本条例に関する特別委員会」が設置されることになり、20日に開かれました。
その結果がこれ。
a0026530_157196.jpg

6/20岐阜新聞朝刊中濃欄

委員会で継続審査になったので、本会議でもそうなる公算が高くなりました。
いっろいろと思うところはありますが、残念です。
新聞に紹介されていた意見がこちら。

■具体的政策が入っているので別枠で定めてはどうか
新聞に書いてあった意見です。今回の自治基本条例には「地域委員会」や「まちづくり市民会議」、「市民活動センター」が盛り込まれています。自治基本条例は理念条例なので具体的な施策はここで定める必要はないのではという意見かと思います。
最近の多くの自治基本条例では、理念で終わらすのではなく、より理念が浸透するための具体的な施策をいれることが多くなっています。愛知県新城市では、議員、市民、行政が一同に集まりまちづくりについて話し合う「市民まちづくり集会」を年に1回やることが条例に盛り込まれています。関市に盛り込まれてい施策は、自治基本条例の理念を実行していく仕組みとして必要なものです。これがないと、条例自体が骨抜きになってしまうのではないでしょうか。

特別委員会には仕事があって傍聴にいけませんでしたが、傍聴された方のお話を聞きしました。その他、下記のような意見がでたとのことです。まだ議事録ができおらず、聞いたものなので不確かなものです。
・審議会には、議員も含めて組織したほうが良かった
・住民投票の条項はもっと踏み込まなくては意味がないのではないか
・意欲のある公募市民だけで決めていけるようになるのは、選挙で選ばれた議員がいるのにおかしい。

議論してもらうこといいことなので、ぜひ政策論争をどんどんやっていただきたいです。
ただ、審議会に傍聴した議員さんは1,2名だったこともあり、市民で話してきたことの想いが伝わっていないようか感じを受けています。せっかく継続審査にするのであれば、審議会委員と議員と意見交換をするような場を設定してもらえると嬉しいな~と思いました。



by takayukin_K | 2014-06-22 17:30 | 中間支援のまちづくり

5月に読んだ本たち

5月に読んだ本で一番良かったのは、「辞書になった男 ケンボー先生と山田先生」でした。朝日新聞の書評で読んで、図書館に入らないかな〜と定期的に検索していたら、ある日突然入っていました!新明解国語辞典と三省堂国語辞典にまつわる実話のお話で、読んでから新明解国語辞典すぐに買ってしまいました。

もっとじっくり自分の中に落としこみたいのが、「評価と贈与の経済学」。贈与経済こそ、ナリワイや小商い、里山資本主義につながる概念だと思うので、その辺りを関市に近づけてもう少し考えてみたいところです。


2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3001ページ
ナイス数:37ナイス

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)感想
本能寺の変には、光秀に土岐氏再興の悲願があり、長宗我部氏救済の意図があった。これを様々な角度から論証されており大変説得力がある。ただ、説明が間延びしてくどい。論文ならこれくらい必要かもしれないが、読み物として精査がほしかった。
読了日:5月31日 著者:明智憲三郎
評価と贈与の経済学 (徳間ポケット)評価と贈与の経済学 (徳間ポケット)
読了日:5月28日 著者:内田樹,岡田斗司夫FREEex
投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)感想
ほぼ日で、著者の連載を読んで興味を持ちました。「真面目にお客さんのことを考えている会社がのびる、企業はプロダクト志向ではなく、ミッション志向でないといけない」。この辺りは、まさに、NPOと変わらない。企業は利益を最優先させるものとして、いいイメージを持っていなかったが覆された。
読了日:5月26日 著者:藤野英人
シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))感想
1983年に描かれた宮崎駿世界観の原点。ナウシカ、もののけ姫、ラピュタとも共通する。いや〜すごくいい。絵がすごくあたたかくて、文も無駄なく詩的。大きな絵本でみたい。
読了日:5月25日 著者:宮崎駿
鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)
読了日:5月18日 著者:佐藤信之
辞書になった男 ケンボー先生と山田先生辞書になった男 ケンボー先生と山田先生
読了日:5月12日 著者:佐々木健一
ふるさとの生活 (講談社学術文庫)ふるさとの生活 (講談社学術文庫)
読了日:5月11日 著者:宮本常一
ブンブン堂のグレちゃん: 大阪古本屋バイト日記 (ちくま文庫 く 25-3)ブンブン堂のグレちゃん: 大阪古本屋バイト日記 (ちくま文庫 く 25-3)
読了日:5月7日 著者:グレゴリ青山
死にとうない―仙ガイ和尚伝 (新潮文庫)死にとうない―仙ガイ和尚伝 (新潮文庫)感想
関市出身の仙厓和尚の伝記。飄々とした絵と同じ、飄々とした人生を送ったと思っていたが、それは、過酷な半生や修業から導き出たものだった。美濃は仙厓に冷たかった。仙厓出生の地である関市の者としては残念。貧しい小作農に産まれ、望まぬ子として美濃市のお寺に預けられる。横浜で修業し高名を得てからも、育ったお寺の住職の話しがあったが、本人も故郷へ帰ることを望みながらも、出自を理由に叶わない。最終的に美濃国を追放されるさいに、「から傘を広げてみれば天が下 たとえ降るとも蓑(美濃)は頼まじ」という歌まで歌われている。
読了日:5月6日 著者:堀和久
風の歌を聴け (講談社文庫)風の歌を聴け (講談社文庫)
読了日:5月3日 著者:村上春樹
虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫)虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫)
読了日:5月2日 著者:森沢明夫

読書メーター




by takayukin_K | 2014-06-05 11:02 | 本によるまちづくり

ぶうめらん創刊7周年。

 関・再発見フリーマガジンぶうめらんが6月で創刊7周年を迎えました。
a0026530_1853137.jpg

 編集部のみなさん、企業会員/市民会員のみなさん、印刷会社のみなさん、中日新聞販売店のみなさま、設置にご協力いただいているみなさん、取材に協力いただいた関の人たち、そして何より読者のみなみなさま、本当にたくさんの人に支えられてここまで続けてこれました。
 ぶうめらんはまちづくりのフリーマガジン。関市の魅力を伝えて、関市を好きな人を増やすという市民の意識改革を掲げております。続けなければ意味がないと覚悟してはじめましたが、数字で現れるものでもないので、手応えがあるのかないのか。でも7年前よりも、関市の事が好きだ!関市のために何かやりたい!という人は増えている様な気がします。そういえば、市民発のイベントも増えてますし、市民活動団体もどんどん増えています。

 一番月日を感じるのは、初期のママ部に関わってくれたお子さん達です。あの頃は乳幼児だったのにもう小学校に入学してますもんね。まあ、僕自身も、冊子作りをした事がないずぶの素人で赤ん坊も同然でした。7年経ってぶうめらんの誌面、編集方法等、小学生くらいには進歩できているだろうか……。自問自答の日々です。

 記念すべき7周年の41号からはカラーページを大幅に増やします。カラー4ページから12ページになります。これでほとんどがカラーページ!これで食べ物企画もどんとこいです!

毎号出すのに山あり谷ありですが、今後も出し続けているつもりです。
今後とも温かいご支援よろしくお願いいたします。



by takayukin_K | 2014-06-04 18:38 | 地域メディアのまちづくり

三冊書店

5月31日にブックエカで「三冊書店」というイベントを行いました。
a0026530_2351696.jpg


これは、皆さんがテーマにそって3冊選書し、それを販売してみようという参加型1日古本屋体験イベントです。
にんげん図書館さんが、昨年開催し、とても面白そうだったので、今回ブックエカを会場に一緒に開催させていただきました。

三冊を選書するというのが肝です。
ブックエカでも本棚プロデューサーの棚をつくり、テーマを決めて本を並べてもらっていますが、それぞれの個性がでて面白い。
今回もいろいろなテーマの三冊がありました。

僕らがつくったのは、こんな三冊。
「なにしろ松井秀喜が好きなもので」
・不動心 松井秀喜著
・逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方 伊集院静著
・祖にして野だか卑ではない
本人の著書、他者の評論、そして伊集院静が松井秀喜に読んだ方がいいと薦めた本です

落語のはじめの一歩
・落語娘
・談志楽屋噺
・木久蔵一代バカの中身
落語がきになっている人はこの三冊を読めばつかめる。

まちづくりを楽しめる小説
・三匹のおっさん 有川浩
・小説UDON  東野ひろあき
・ミッション①まちおこし
まちづくりの楽しさがわかる小説たちです。

ブックエカの本の中から皆さんが選んでくれた3冊

ふむさん
「ダークとは、暗黒とは、そこにあるけど分からないこと」
・宇宙には何かあるのか
・宇宙は本当にひとつか
・宇宙は何でできているのか

あかねさん
「植物を愛でる」
・植物図鑑 有川浩
・庭仕事の愉しみ ヘルマン・ヘッセ
・葉っぱのフレディ


本好きが集まって、本の話ができるとっても楽しい時間でした。

皆さんが選書してくれた三冊セットはしばらくブックエカにならべます。
すべて購入できますのでぜひぜひ!



by takayukin_K | 2014-06-03 00:06 | 本によるまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル