関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧




板取の移動販売車に想う

ぶうめらん4月号で特集した関市の旧板取村の移動販売車。人口は約1,500人。
ここでは今でも現役バリバリで2つのお店が移動販売をしています。
ぜひ皆さんに、このことを知っていただきたいので、ページをアップしちゃいます。

今回取材させていただいたのは、栄黒屋(えいこくや)さんと、カネ仙さん。
栄黒屋さんには、半日移動販売車に同乗させてもらって密着取材しました。
冬は週2回、夏は週3回、9カ所もまわっているそうです。
いつもの場所に到着すると、テープをセット。アナウンスと演歌が流れてきます。
それがいい味だしてるんです(笑)このアナウンスをテープおこしして、文章にしました。
「毎度ありがとうございます、皆様おなじみの・・・」。
アナウンスを流しはじめて2分30秒程でなじみのお客さんがわらわらと集まってきます。
店主の「こうちゃん」やおばあちゃん同士でわいわいお話して、なんかとってもいいコミュニティです。

もう一つ取材させてもらったカネ仙さんは「もう慈善事業よ〜」なんても笑っていました。
昔は、1カ所で10人以上集まったけれども、今は、1人か2人。しかも値段も高くない。
それでも、こないと困る人がいるから行く。

都市圏では、移動販売は増加傾向にあります。
オフィスでのランチ難民や、イベントでのキッチンカーのブームがあると思います。
日本政策金融公庫の調査月報2013年1月号によると、東京都で営業許可をとっている2012年 の移動販売車の数は3,203台で、増加傾向にあり、192年の1,34台と比較すると約2.4倍 となっているそうです。
しかし、昨年12月上之保をまわっていた移動販売車さんがやめられたように、地域の買い物弱者に対する「必須型」の移動販売車は年々減っています。移動販売をしている人の高齢化、コンビニ等の小売店が増えたことがあげられるでしょう。その一方で、2010年経済産業省が実施した買い物弱者対策支援事業のうち、採択された48事業のうち移動販売事業が16件あったことや、地域で立上がって移動販売を運営している例は増えてきました。そこでは、お年寄り達が集まるいいコミュニティが生まれていると聞きます。

私も今回はじめて移動販売車で買い物しました。基本の品はちゃんと抑えてあって、思ったより品揃えは充実しています。コロッケ買いたいな〜と狙っていたら、おばあちゃんが先に買ってなくなっちゃいました。その時に「あ〜取られた〜!」ではなく、「取らなくてよかった〜」と思ったんです。「他の人に迷惑がかかるから買いすぎないようにしている」なんて話も聞きました。ずっと地域で暮らして行く、譲り合いや思いやりのような気持ちを感じていい心持ちになりました。
無くなってから騒ぎだすより、今ある、取り組みを地域で支えて守って行くべきだと感じました。

a0026530_106242.jpg


a0026530_10193741.jpg

カラーでみるとこんな感じのトラック。



by takayukin_K | 2014-04-25 11:06 | フリーマガジンによるまちづくり

本との偶然の出会い

「まちの本棚」プロジェクトというのをはじめました。

関市内の中心市街地にあるお店に協力していただき、お店に本棚を置かせてもらっています。
テーマを決めて、お店に合う本を選書。毎月、本の交換をします。
本はお店で自由に読んでも良いし、気に入ったら購入もできるというプロジェクトです。

現在、4店舗に協力してもらっています。
○カフェププリエさん(関市西本郷通4-2-7-105)
a0026530_1981476.jpg

○虎屋さん (関市本町7-25)
a0026530_19114828.jpg

○然の膳関店さん(関市平和通2-18)
a0026530_1911228.jpg

○駄菓子屋カフェCHABU(関市本町2)(明日くらいに設置します)

この取り組みの目的は「本との偶然の出会いを」。
いろんな人に本を読むようになったきっかけを聞くと、多くの人が、「お父さんの本棚にあって」、「お兄さんの本棚にあって」とかなんですよね。
本を読もうとして、本屋や図書館に行ったときの出会いではなく、偶然なんです。
本が意図せずに出会える場が大切なのだと考えています。
本ってタイミングだと思うのです。
自分が今考えていること、知りたい事、困っている事、今の気分。そんなタイミングに本がふとある環境を関のまちなかにつくっていきたいと思っています。

再来月までには10店舗くらいを目指していき、マップをつくって本を探して巡る事ができるようにしたいと思っています。

毎月選ぶのも結構楽しんですよね。
私も選びたい!と言う人がいたらぜひぜひご連絡ください!



by takayukin_K | 2014-04-23 19:15 | 本によるまちづくり

本町に2つの新たなスポット誕生

先週末の関祭りあんどん御輿コンクールとっても賑わっていました。
御輿を担いでいる人たち楽しそうだったな〜。
御神輿で参加しない関祭りは久しぶりだったので、少し寂しい気持ちです。

さてさて、その会場となった本町通り商店街も4月になって2つの新たなスポットが誕生しました。

一つが「駄菓子屋カフェCHABU」
a0026530_13492869.jpg

本町2丁目の信号交差点のところで、以前、お好み焼きの「かきさ」があった場所です。

駄菓子の販売とカフェ。
地域の子育ての場、子どものたまり場を目指していて、子どもが買えるお菓子は100円まで等のルールを決めてあります。
大人にとっても懐かしい駄菓子がいっぱいあって、すごくワクワクします。
大人は制限はないけど、100円までで駄菓子を購入しました。
近いうちに、ランチや総菜、週末限定で居酒屋もはじめられるとか。
子どものたまり場ってなくなってしまったので、CHABUさんに多いに期待したいです!

もう一つが、関市中央第1地域包括支援センター。
本町6丁目の大垣共立銀行の隣です。
4月から包括支援センターが民間委託されることになり、この地域の担当となる場所です。ここは社会福祉協議会が委託を受けています。
ここのお仕事を簡単に言うと福祉相談の一番最初の窓口という感じでしょうか。
a0026530_1412971.jpg

管理者の山田さんと一枚(笑)

実はこの建物が素晴らしいんです。
改装された入り口からは想像できないんですが、奥はうなぎの寝床のような昔からの町家。
事務所の奥は和室が続いていて、庭もキレイ。しかも今は使っていない2階もあります。いろいろと活用できそうなのです。
a0026530_1444291.jpg


山田さんも、気軽にきてもらえる場にするための、お年寄りのたまり場を作って行きたいという意欲をもっています。作品の展示、趣味の会、などなど、今後色々と活用を考えて行くとの事。確かに、お年寄りが寄ってもらう事で、相談も生まれてきますもんね。

ぶうめらんや市民活動センターにも、活動場所を探す相談も多いので、いろいろと連携していきたいと思っております。



by takayukin_K | 2014-04-22 14:08 | 関市の魅力発信!

3800冊で約7万円

4月5日(土)の読売新聞朝刊岐阜県内版に、ブックエカの「ブック基金」について掲載いただけました。
ありがとうございます!
この取材に答える為に、昨年10月からはじまって半年経過したブック基金の数字を整理しました。

・ブック基金は今、6団体で実施。
(PTA版ブック基金に参加してくれてい学校が3つ、NPOが3団体)

・これまでの約3800冊が集まった

・ブック基金にはこれまで総額約7万円を寄付

正直最初は、こんなにもたくさん集まってくれるとは思いませんでした。
本を寄付してくれた人の多くが、「本を処分しないといけないけれど、想いがあるから捨てたり二束三文で売るのは忍びない。自分の本が地域のためになるんだったら出そうと思った」と言ってくれます。基金がひとつのきっかけになれたのは嬉しいことです。
本が集まったおかげで、ブックエカの本棚も充実してきましたし「まちの本棚プロジェクト」で本を置いていただく、まちなかのお店も増やせそうです。
a0026530_18455777.jpg

---------
ブック基金とは、お金ではなく、本を地域へ寄付するという考え方です。自宅に眠っている本を発掘し、資金はNPOへの寄付に、寄付いただいた本は、ブックエカ読書空間への設置や販売、本と人をつなぐ為のイベント等の、読書推進活動に活用します。



by takayukin_K | 2014-04-10 18:50 | 本によるまちづくり

今年度のてらっこについて

ここでのご報告が遅くなりましたが、今年度から多世代憩いの広場てらっこが変わります。

1、武儀てらっこはこの3月で閉館となりました。
2、善光寺てらっこは、4月休館、5月9日より毎週金曜日のみ、10時半~14時に!
3、武芸川センターてらっこはこの3月で閉館
4、恵利寺てらっこは4月休館、5月12日より毎週月曜日開館となります。

今年度から2地域だけでの開館となりました。てらっこがはじまって3年間、様々な地域団体と連携して、助成金も頂きながら運営をしていきましたが、その間に準備をして、助成金等なくても継続できる持続可能な運営体制にできつつあるのはないかと思っております。
5月から今年度てらっこスタートします。よろしくお願いいたします。

以下、少し詳しくご報告です。

1、武儀てらっこはこの3月で閉館となりました。
正栄寺さんでやらせていただいた武儀てらっこは、閉館とさせていただくことになりました。
しかし、てらっこを担ってくれていたママスタッフが、こういう場を自分たちでやっていきたいと言っていただけたので、武儀の子育てサロンの閉館している曜日を活用させてもらって子育て支援の場づくりがはじまることになりました。

2、善光寺てらっこは、4月休館、5月9日より毎週金曜日のみ、10時半~14時に!
これまで、毎週2回開催していた善光寺てらっこは、毎週金曜日のみのさせていただきます。
茶屋の開店も、金曜日のみとなります。ありがたいことに、ランチをはじめてから茶屋の売上げがだんだん安定してきて運営費にも多少まわせそうです。
関善光寺さん
a0026530_1850794.jpg


3、武芸川センターてらっこはこの3月で閉館
4、恵利寺てらっこは4月休館、5月12日より毎週月曜日開館となります。
武芸川で老人福祉センターでやっていたてらっこですが、その場所が、武芸川事務所耐震工事の間の地域事務所が入るとのことで、そこでの開催が困難になりました。ただ、月曜日という曜日が他の子育て支援施設が休館ということもあり、皆さんから好評でしたので、恵利寺さんの曜日を月曜日に変更して開催いたします。
恵利寺さん
a0026530_18504623.jpg




by takayukin_K | 2014-04-09 18:51 | お寺を活かしたまちづくり

3月に読んだ本たち

3月、忙しさにかまけてまったくブログを更新できませんでした。
毎週末に主催イベントがあり、年度末事務・報告作業、そしてぶうめらん4月号。
4月なったので、少し落ち着かせてまとめていきます。

さてさて、忙しいとか言いながら、本はしっかり読んでいるので、いかがなものか・・・。
20冊も読んだみたい。びっくり。
3月は山崎豊子の「沈まぬ太陽」にハマり、5巻まで一気読みしたのが要因ですね。
物語にハマりすぎて、主人公が受ける仕打ちにすっかり気分が滅入ってしまいました。
そこまでして読むなという感じですが、面白いからしょうがない。

2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:6141ページ
ナイス数:26ナイス

稲盛和夫 最後の闘い―JAL再生にかけた経営者人生稲盛和夫 最後の闘い―JAL再生にかけた経営者人生
読了日:3月31日 著者:大西康之
参謀 (講談社文庫)参謀 (講談社文庫)
読了日:3月31日 著者:森繁和
ホテルローヤルホテルローヤル
読了日:3月27日 著者:桜木紫乃
沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)
読了日:3月24日 著者:山崎豊子
沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)
読了日:3月24日 著者:山崎豊子
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)
読了日:3月22日 著者:山崎豊子
沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)
読了日:3月22日 著者:山崎豊子
沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)
読了日:3月19日 著者:山崎豊子
『ぴあ』の時代 (小学館文庫)『ぴあ』の時代 (小学館文庫)
読了日:3月18日 著者:掛尾良夫
コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる (中公新書)コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる (中公新書)
読了日:3月17日 著者:山崎亮
プロ野球解説者の嘘 (新潮新書)プロ野球解説者の嘘 (新潮新書)
読了日:3月17日 著者:小野俊哉
たくらむ技術 (新潮新書)たくらむ技術 (新潮新書)感想
アメトーク、ロンハーだけは毎回録画してみている。そのキャスティングの意図、企画の立て方がファンとしてすごく面白かった。企画は3勝2敗でいい。ノッているときに負けるかもしれないけど尖った企画をやる。パクリはしない。流行りものを取り入れ大衆迎合するより、自分の面白いという感覚を大事にする。だからこそ、あの番組ができるんだな〜。ただ、本書のタイトルが、大衆迎合してるような‥。
読了日:3月16日 著者:加地倫三
シッダールタ (新潮文庫)シッダールタ (新潮文庫)
読了日:3月16日 著者:ヘッセ
アズミ・ハルコは行方不明アズミ・ハルコは行方不明感想
田舎でくすぶる若者の話しには共感でき、地方のまちづくりと称するどうしようもなイベントもかなりリアル。地方の若者を書かせたら天下一品ですね。ただ、ストーリー展開が雑というか、深みがないというか、読了後あまり印象が残らない。
読了日:3月15日 著者:山内マリコ
人生教習所人生教習所感想
小笠原諸島の歴史や風俗が知れたのは良かった。一度でいいから行ってみたい。ただ、人生教習所の主題であろう、啓発セミナーとその受講生の感じ方にもっと深みがあると良かった。
読了日:3月10日 著者:垣根涼介
クラウドクラスターを愛する方法クラウドクラスターを愛する方法
読了日:3月8日 著者:窪美澄
幸福論 (新潮文庫)幸福論 (新潮文庫)
読了日:3月7日 著者:ヘルマンヘッセ
文房具を買いに (角川文庫)文房具を買いに (角川文庫)
読了日:3月4日 著者:片岡義男
遠い朝の本たち (ちくま文庫)遠い朝の本たち (ちくま文庫)
読了日:3月3日 著者:須賀敦子
荒野のおおかみ (新潮文庫)荒野のおおかみ (新潮文庫)
読了日:3月2日 著者:ヘッセ

読書メーター




by takayukin_K | 2014-04-01 15:36 | 本によるまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル