関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧




関市長選挙投票率UPキャンペーン協力店募集

関市長選挙投票率UP実行委員会さんからの転送です。
現在50店舗以上集まっています。
ご協力いただけるお店がありましたらぜひご連絡ください。
a0026530_17405122.jpg


----------
関市長選挙 投票へ行って割引キャンペーン協賛店募集

「選挙へいこう!」
9月11日に予定されている関市長選挙は、この先4年間の関市のかじ取りを担う人を選ぶ大切な選挙です。皆様は、前回(平成19 年)の市長選挙投票率が50.21%しかなかったことを御存じでしょうか。関市民の半分しか投票に行かなかったのです。その前に選挙が行われた平成11年では66.4%、平成7年は66.84%でしたので、市民の関心が大きく下がっています。
私たちは、無関心の市民に、まずは選挙に行ってもらい、関市のことを考えるきっかけにしたいと考えています。
目指すは投票率70%。
今回関市内で50店舗~100店舗の参加を目指し活動をしていきます。皆様におかれましては趣旨に賛同いただき御協力いただけますようお願い申し上げます。

【キャンペーンの仕組み】
1.市民が投票し、投票所前の写真を撮影してください。もしくは、投票入場券を切り抜いた余白部分でも結構です。
※投票所の中の写真撮影は禁止されています。外の写真をお願いします。
2.写真もしくは投票入場券の余白部分を参加店で見せると、各店が決めた割引が受けられる
■期間:9月5日(月)~9月30日(金) ※期日前投票が始まる5日から9月末まで
■協賛費:1,000円(啓発ポスター、HPの作成に使用させていただきます)
■その他:具体的なサービス内容はHP、携帯サイトにて随時公表していきます。
■参加締切:第3次締切9月3日
■主催:関市長選挙投票率UP実行委員会(代表:浅野欽一郎)
■問合せ:tel/fax:0575-46-8035



by takayukin_K | 2011-08-31 17:41 | ディープな関の情報

上之保の人たちが動き出す。

昨日は、上之保地区のがやがや会議へオブザーバー参加してきました。
上之保地区は平成17年に合併した旧上之保村で、人口1950名ほど。関市内からでも車で40分ほどかかる地区です。
今回の会議は「上之保ふれあいのまちづくり推進委員会(以下ふれまち委員会)」という地域の主要な団体が集まり、地域の人たちで構成された委員会を中心に、行政が主催ものです。
a0026530_1437495.jpg


これは、もともと昨年度、上之保地区の将来に危機感を持ったふれまち委員会が地域住民に対して、アンケートを取ったことからはじまっています。地域住民が立ち上がったことに呼応し、今年度関市がサポートに入って活動が進められています。
今回は、地域の人たち約30名?ほどが参加。上之保の良いところ、悪いところを洗い出すワークショップをしました。
皆さんからは、危機感やこの地域に対する熱意が伝わってきます。
昨日、じっくり見学させていただいて、個人的に、お金の匂い…いや、地域づくり事業につなげられそうな印象を持った課題がいくつかありました。

○上之保の特産ゆず。ゆずジュース「さわやかゆじゅ」は、絞るためにわざわざ長野の工場にもっていき1キロ1,000円もかかっている
○ゆずの加工品は結構人気があるのだが拡大しようにも、ゆずの生産量がおいついていない
○上之保温泉には、毎年10万人以上来ているが、温泉だけで帰ってしまう
○火葬場はあるが、斎場がない
○小学校等の跡地が活用できない
○高齢者の地域福祉が課題
○全国的にも珍しい西国33観音の石仏が9か所もあるがあまり知られてない
○帰ってきたい若者もいるが、仕事もなく、親自身が上之保の将来に不安を持っているので、帰ってこいとはいえない
○地域外でた人たちが地域づくりに手伝いにきてもらえるような情報発信が必要
○お年寄りがものすごく元気。シルバー加入率がこの辺ではナンバーワン。

全部で3回の会議を通して、今年度、上之保地域振興計画をつくるそうです。いろいろと僕らにできることもサポートしていきたいです。

ちょっとだけ残念なことをあげるとすれば、行政がやりすぎている感じをうけてしまいました。ある意味、熱意がありすぎる(笑)
今回は上之保の良いところ、悪いところのワークショップ。ふれまち委員会から声をかけられた人たちが集まっていたのですが、よく見かける、行政とコンサルが企画した会議に、とりあえず参加した市民という構図になっていました。はじめなので仕方ありませんが、今回はいかに来年度行動できるのかが最大の目的だけに、第2回、第3回の集まりが大切になってくると感じました。

お隣の武儀地域では、地域全戸参加のNPO法人が、福祉有償運送を始めたり、里山を整備して遊び場を作ったりしています。上之保ふれあいのまちづくり推進委員会がそういった事業をどんどん起こしていく存在になれるのかどうかが、今回の計画づくりの最大の成果指標ではないのでしょうか。

個人的には、せきゆずミルクにかなりの可能性を感じています(笑)



by takayukin_K | 2011-08-31 14:37 | 地域メディアのまちづくり

いちゃいちゃされては困る。

鼻くそもほじりたくなる。

今日の市民活動センターは、なんかみょーに暑い。いや、クーラーはいつも通り28度の適温。やはり、どう考えても、目の前にいる二人のせいなのは間違いなさそうだ。

普段からよく知っている二人だが、女性の方は明らかにいつもと態度が違う。
「いつもと同じだよ~」と言いながら、いつもと違う声色で「そうそう私のどこが好きなの?どんな子がタイプなの?」なんて隣の男性に聞いている。

最初に言っておくと、ここは「関市市民活動センター」。ボランティアやNPOをサポートする施設である。いちゃいちゃされては困る。

「いや、あなたみたいな人がタイプだし」
正面から見ている私の目線を気にしてか、顔を真っ赤にしながら、落ち着き払っている。が、明らかに典型的な「平静を装っている人」になっている。

あまりの幸せオーラに圧されて、だんだんと私の椅子は二人から離れていく。つい、いじってみたくなり「この人で本当にいいんですか?」と男性に聞いてみた。
「ほんとほんと、わたし、わがままだよ~」
「うん、もちろん。初めてみたときから感じるものがあったんだよ」

ほじり過ぎて鼻血がでそうである。

このお二人の出会いは、第1回ぶぅらりはしごーコンだそうだ。
40対40の男女の中から、1組でもカップルができたとは、主催者冥利につきる。
しかも、二人は関に永住。人口流出を阻止し、おそらく今後の人口増加に寄与するのだ。

こんなにうれしいことはない。最近のやにこい出来事でささくれていた気持ちが一気に晴れた。

お二人ともお幸せになってください。
ちょっと、具体的に書きすぎたかな。ご本人からの苦情は直接北村までお願いします。

音楽関係の市民活動の相談をしにきていただいた時の一幕でした。



by takayukin_K | 2011-08-25 20:35 | 地域メディアのまちづくり

関市長選挙、投票証明書を発行せず。

関市長選挙の投票率UPキャンペーンに対して、今回、関市選挙管理員会が投票証明書の発行をしない決定をしたそうです。はじめは「選管は関知しないのですがやってもらっていいです」というスタンスだったみたいですが。

このキャンペーンは投票に行き、投票証明書をもらい、それを市内の参加店で見せれば、サービスがうけられるという全国的に広がっている取組。

今回この選管の決定に対して、各地で物議を醸しているみたいです。

僕が直接やっているわけではありませんが、ツイッターやフェイスブックでこのことをつぶやいたところ、全国たくさんの方から、それはおかしいんじゃないという連絡をいただきました。中には、総務省や市の選管にまでお電話したという市外の方も。

本日の中日新聞岐阜県内版です。
a0026530_12332095.jpg


今回選挙管理委員会が出した文章です。
a0026530_12334221.jpg


ちなみに、このことにより投票率アップキャンペーンをやめることはないそうです。すでに50店舗以上集まっているとか。
「投票所の外の写真」をお店に見せればサービスが受けられるように変更するそうです。

さて、このような、事実だけを書いてみました……。



by takayukin_K | 2011-08-25 12:33 | ディープな関の情報

北村好みの超狭い地域歴史トーク

金曜日から東京に行って、本日昼に帰ってきました。やっぱり自分の布団はいい。と~っても濃かったセミナーに関してはまた別の機会に自分の頭を整理しつつ書きます。

今日は、朝7時過ぎに東京を出発し、12時頃に関に到着。名古屋から関が遠いのよね~。そのまま関市市民活動センターの勤務にダッシュしました。

その後、新しくぶうめらんの企業会員になってくれるという関市広見の長春寺さんへ伺いました。
そこのおっさま(住職)は、ぶうめらんボランティアスタッフしもリーダーが檀家のお寺さんで、彼女の家への御参りの後には、いつも、最近のぶうめらんの感想をいただける、ある意味大変ありがた~いおっさまだそうです。

趣のある本堂でゆっくりお話が聞けました。
特に広見地域のお話は面白かった。

戦国時代に長春寺ができたという話に始まり、裏の山には広見城なるものがあり、その領主(長春寺を建てた方)が関のまちなかに攻めいったなどなど北村好みの超狭い地域歴史トークにくぎ付けです。しかも、まちなかにある同じ宗派のお寺には「この領主に本堂が焼き払われたみたいな」歴史看板があるらしいみたいで、ちょっと住職は肩身の狭い思いをしたそうです。
そうそう、広見は、もともと南武芸村でしたが、昭和の大合併のときに、武芸川町と合併する南武芸村とは離れて、関町に合併したんですね。その時に、瀬尻小学校までバス通学させることが条件だったとか。それは今でも続いています。あと、長良川の氾濫の話とか…。いや~おもしろかった。

最後には「せっかく来ていただいたんやから」と、企業正会員になっていただけました。
いや~ありがたやありがたや。



by takayukin_k | 2011-08-24 01:28 | 地域メディアのまちづくり

関市長選挙公開討論会開催を断念。

とっても残念ですが、9月に開催される関市長選挙の公開討論会は開催できないことになりました。ツイッターやフェイスブック等で、期待の声をたくさんいただいていたのにも関わらず、申し訳ございませんでした。

4年前の関市長選挙に関で初めて開催した公開討論会。
これまで、両方の主張・考えをしっかりと聞く場所がなく、投票する際の判断材料が少ないということが課題でした。公開討論会により、立候補者の人柄や考えが同時に直接聞くことができたと大変評価をいただいていました。

今回、新人候補が立候補を表明し、選挙になることが確定してから本格的に動き出しました。

とりあえず事実だけを書くことにします。

まずは、関市まちづくり協議会にて主催できないか、まちづくり協議会の役員会にはかりました。しかし、まちづくり協議会はこれまで関青年会議所が事務局を担ってきた団体であり、関青年会議所のメンバーが立候補する今回は、中立性を疑われる恐れがあるとのことで、主催することは望ましくないという結論になりました。その後、前回同様、有志の会で開催することを目指しました。
しかし、粘り強く調整しましたが、最終的には、現職の予定がすべて公務で埋まっているとのことで、開催を断念せざるを得なくなりました。

力不足で申し訳ございません。

別に公開討論会にこだわるわけではないので、合同立会演説会とか、やってもらえたらうれしいんですが…。これ以上はイチ市民が動いてどうこうするのは難しそうです。

関市の今後のまちづくりを考える上で、大切な選挙であることは間違いないので、別の方法で、関の人たちに関のことを考えてもらえる取組を市民レベルでやっていこうと思っています。
具体的には「投票をしたら関のお店で割引してもらえるキャンペーン」をやります。
詳しくは後ほど。

関の人がまちづくりのことを考えてもらえる大きなチャンスであり、きっかけにできたらいいなと思っております。



by takayukin_K | 2011-08-18 18:12 | ディープな関の情報

ぶうめらん8月号、日本刀特集がとっても好評!

「日本刀のこと、まっと知っとかなあかんかったな」
ぶうめらん8月号は満を持して日本刀特集。
a0026530_1948170.jpg

これまでよりも早いスピードで反響が届いています。
取材させていただいた、「関伝日本刀鍛錬技術保存会会長」の井戸さんにも、「とっても上手くまとめてあって、おもしろい」とお褒めの言葉を頂き、刀の関係者に配ってくれるそうです。「おもしろかった」という電話も頂きましたし、プレゼント応募には、15歳の女の子から日本刀のことが知りたかったので良かったといただきました。

正直、僕自身これまで24号出してきて、今回の取材が一番楽しかった気がします。
職人ひとりひとりがものすごい技術を持っているし、その技術がとっても洗礼されてるのです。また「ぶぅでも分かる、日本一やさしい関の刀のはなし」コーナーでは、知ってそうで知らなかったことがわかりました。「関の孫六」っていったいなんなんだろうって思っていましたし、「刀匠」のなり方も知りませんでした。

ぜひぜひぶうめらん8月号を手にとってご覧ください。
必ず見ることができるのは、関市立図書館ですかね~。

そうそう、ぶぅと一緒に関を盛り上げてくれる「チームぶぅ」も募集しております。ぜひぜひ!



by takayukin_k | 2011-08-12 19:48 | 地域メディアのまちづくり

洞戸でキウイを学ぶ第2回

今年度、洞戸村ふるさと塾さんとぶうめらんが協力して行っている「キウイの里洞戸復興事業」。
その第2回研修会が開催されます。
第1回は座学と摘果作業を行い大好評だったようです。
暑いですが、キウイ棚の下は日陰で涼しく、作業の後がとっても気持ちいいです。

本日の岐阜新聞にも第2回のキウイ研修会について掲載されておりました。

第2回は北村も参加します!ああ、キウイの木がうちの庭にほしい…。

a0026530_15255066.jpg


『第2回キウイ栽培研修』

将来、洞戸で田舎暮らしをしてみたい方、キウイフルーツを栽培してみたい方、加工品の開発や、地域がいかに良くなるかなど、一緒に考えていただける熱い思いをお持ちの方大歓迎です。
一回だけ、途中からの参加も大歓迎!是非!キウイに触れて見ませんか?

●日時 : 2011年 8月14日(日)
       9:00~12:00 集合8:40
●集合場所 : 関市洞戸生涯学習センター
       岐阜県関市洞戸市場294-2
●参加費 : 500 円(お弁当付き)
※新規研修生は、賛助会員1000円(1口)で年間研修費が無料になります。
●内容   : 摘果&夏剪定講習
●開催について:基本は小雨決行。大雨が予想される場合は中止のご連絡を前日までにいたします。
●持ち物:長袖長ズボン、長靴、帽子、水筒、マイカップ、レインコート、剪定ばさみ(あれば)
●申し込み&問合せ先
NPO法人洞戸村ふるさと塾「キウイの里洞戸復興プロジェクト」担当:庄司、平野
メールアドレス kiwi.horado[at]gmail.com([at]を@に変えてください



by takayukin_k | 2011-08-11 15:26 | 地域メディアのまちづくり

ありがとう関商工。

創部66年目にして甲子園に初出場した関商工が1回戦で惜敗して2日。
関ではいまだに、関商工の話題がのぼります。それだけ大事件ですよ。これは!

9割5分の関市民がまさか甲子園に行くなんて思っていなかったはず。
関市では、甲子園が決まってからの2週間、まさにお祭りと言っていい盛り上がりでした。甲子園出場を決めた日、関市は大盛り上がり。その日、居酒屋2軒はしごしましたが、2軒とも、ピッチャーの内城くんのお父さんをよくしっとるとか、「わっちはあの子をこ~んな小さいときからしっとるでな」とか、どっぷり地元トークでした。

関市民として絶対応援したくて、僕も応援バスで甲子園にいってきました。
ホントに感動しました。
大方の人は、ここまでやるとは思っていなかったはず。同日の前に試合は大量点による勝敗だったので、この試合もそうなるのではないかと心配してました。
しかしふたを開けてみれば、延長13回まで行く緊迫の展開。
延長ノーアウト1塁、3塁の絶対絶命のピンチも奇跡的に切り抜けた時なんて、奇跡が起こったとしか思えませんでした…。
いや~、きっと関のジンは、なでしこジャパンよりも、勇気づけられたのではないでしょうか。

結局105台の応援バスが出たんですね。
40人乗っていたとしても、4200人の応援。
関市の人口の約5%が甲子園に行っていたことになります。
ほ~ら、関が静かになるはずやわ。
スタンドもアルプススタンドに入りきらなかった人たちが内野席まで進出し、3塁側内野席の8割は関商工の応援だった気がします。
好プレーが出た時、まわりを見ると、みんな立って拍手。こんなにも関からおんさったんかねとびっくりしました。

帰ってきてから、残念会をした居酒屋で熱闘甲子園を見たが、あまりにも関商工の扱い小さかったのです。
そうか、盛り上がっているのは、関だけなんやね、ふと我に返る瞬間でしたね~。
選手の皆さんには本当にお礼が言いたいですね。ありがとうございました~!
いや~この祭り、またやってほしな~。



by takayukin_k | 2011-08-11 00:09 | ディープな関の情報

関市の市民協働がついに動き出す

関市役所が市民との協働に向けて動き出しました。
まずは今年度、行政内部で市民との協働の指針をつくるようです。

本日、市職員による第1回「関市協働指針」策定部会が開催され、そのオブザーバーとして参加してきました。
参加者は市役所各課から集められた精鋭だそうです。
協働とは何かを共通認識してもらう話のあと、各課でどんな協働をしているのかを意見交換しました。
やはり、協働が大切という意識は、すべての職員が思っているのが印象的でした。

協働でやっている事業はすごくたくさんあるんですね。それを協働と意識してやるかどうかの違いだと思います。
まずは「関市全体として協働を進めていくんだ」という意識を職員のみなさんに持っていただくことが、今回の指針策定の大きな意味だと思います。

意見を聞いていて、やはり、関市民は行政に依存しすぎていると感じました。逆にいえば、行政がやり過ぎているということだと思います。

もっと市民が担い手となる力を付けなければいけません。

今年度でこの行政内部での協働指針がまとめられて、来年度以降に、まちづくり条例に向け、市民を巻き込んだ動きになっていくようです。

いやいや、それにしても関市行政内部の会議に参加するのは初めて。とっても新鮮でした。そりゃ、市民がいたら言いにくいこともありますしね~。



by takayukin_k | 2011-08-03 20:15 | 地域メディアのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル