関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧




美濃町線の歴史を振り返る

まちづくりにおいて、歴史ってすげー大事だと思う。
歴史は、まちづくりの活動にストーリーを与えてくれる。
活動にストーリーがつけば、活動している人自身、より愛着がもてるようになるし、活動への賛同者も増えることになる。

てなことで、さっそく美濃町線の歴史を調べてみた。
調べてみると、明治時代、日露戦争が終わったばかりの時代に、熱い男たちの戦い(ドタバタ)があった!!

(『新修・関市史 資料編近代・現代』平成9年、関市教育委員会市史編纂室より)
『美濃町線は、明治42年(1909年)に美濃電気軌道株式会社が設立され、明治44年(1911年)に岐阜市柳ヶ瀬から上有知間が開通した。私鉄としては県下で最初の鉄道であった。(国鉄を含めると、東海道線、中央本線につぐ3番目)
この鉄道は、岐阜と郡上、飛騨地方を結び、人々の交通の弁や物資の輸送を便利にすることによってその地方の開発に寄与することを目的とした。鉄道ができる前は、岐阜にも美濃にも徒歩か人力車または、長良川の舟運を利用していただけに、かなり便利になった。』

(明治44年2月11日美濃電鉄開通を祝う名古屋新聞記事よりなんとなく意訳)
「会社設立の経緯」
『日露戦争後の起業熱に浮かされた岐阜、関、上有知の有志者
が明治39年7月岐阜市で集会を開き、資本金を100万円を持って美濃電気軌道株式会社
を設立し、事務所を岐阜商業会議所内に置いた。翌40年、主務省より、軌道施設の特許権を獲得するまでは順調にいったのだが、起業熱が沈降し、金融界の大恐慌に伴い、岐阜市側の発起人の人たちは、採算面を悲観し、努力するものがいなくなり、ついに、せっかくとった特許権が放棄しようとする動きがあった。
そのうわさを聞いた関、上有知の発起人たちは、岐阜側の態度に怒り、両者は対立した。
明治42年、特許権取り消し間際になり、やっと、資本金を50万円に減額して、動き出した。
総株式数1万株のうち、5千株は発起人で引き受け、残りの半分を一般より、募集することとなったが、応募するものがほとんど折らずかなり厳しい状況となった。
そんなとき、大阪電気機商の才賀藤吉が電気関係すべてを大阪電気へ請け負うことを条件に4千株を引き受けた。残りは、沿線の人々が応募した。
しかし、創立総会開会当日には、重役配当問題のなかで、対立し、岐阜、関訪問の株主は一人も参加しないまま、重役等が決められた。初代取締役社長は才賀藤吉。』

ながながと書きましたが、なんかこの当時の会社設立のドタバタがなんか、今の状況ともにているような気がするのは、私だけでしょうか(笑)

・岐阜側の努力の不甲斐なさに、関側が立ち上がったか・・・
・広く一般から、お金を集めようとしたが集まらなかったというのが、現在のエンジェル基金か・・・。
・新鉄道会社に名乗りを上げてくれたマーゴの広瀬社長が才賀藤吉か・・・。

歴史は繰り返す!
美濃町線の復活はできそうな気がしてきた!



by takayukin_k | 2006-10-17 01:11 | 地域メディアのまちづくり

美濃町線再生運動にかかわり始めた

やっと、関でまちづくりの活動に参加できることが心からうれしい。

仕事に無理やり時間を作って、関で17年3月に廃線になった美濃町線を復活を目指す活動へ参加することにした。
関に電車を望む会


以前から、マーゴの運営会社が新鉄道会社の事業主となること、一口1万円のエンゼル基金など、岐阜の路面電車の動きは、注目していて、気になっていた。
そこで、岐阜のエンゼル基金の事務局の方に電話して、その日に話を聞きに行って、関の方が具体的な動きになって盛り上がりつつあるということを教えてもらい、さっそく、お話しを聞きに行った。

僕がこの活動に参加したのは、もちろん美濃町線は絶対復活させたいという前提はあるものの、この美濃町線の再生運動が、関のまちづくりの起爆剤となると考えるから。
今、まちづくりで成功したと言われているところは、すべからく、何かの危機がきっかけで町全体が盛り上がってきている。湯布院は、田舎の景観をまもるゴルフ場反対計画からはじまっているし、近江八幡は、八幡堀が水が汚染され汚すぎるため、埋立てしまうことに反対して、掃除を始めて今のまちがある。
ピンチをチャンスに変えている。関市もある意味チャンスである。民が盛り上がって電車が走るようになれば、そのパワーは、電車の取組みを通じて町全体へ波及する。なにより、やり遂げた成功体験が、次へのステップを容易にする。美濃町線の再生は関のまちづくり全体の希望だと思う。

美濃町線が再生するためには、民の盛り上がりが絶対条件。民の盛り上がりさせあれば、行政は動いてくれる状況にある。実際に活動に参加し、話を聞く中で、再生はマジでいけそうな気がする。

とはいっても、これだけ大きなことをやるには、まだまだ、人が足りないと感じた・・・。

なんかできる範囲でいいので、お手伝いしてくれる人いないかな~。っと今探しています。。。。どうっすか?

また、11月の初旬に沿線各地で説明会をやります。
場所はまだ予定の段階だけど、小屋名、福野、新関、美濃関、関口、富加、中部大学。(新関はできれば、新関駅の中でやりたい・・・)
そして、11月の中旬に富山の旧新港市長(高岡の万葉線を復活させたキーマン)とかを呼んでシンポジウムやります。
興味のある方はぜひ、一度ふらっとよってみてください。

七尾のまちづくり会社で働いて勉強させてもらったことも、NPOセンターで働いていることも、すべて関市で人の心が豊かになるまちづくりをするため。
う~ん、なんか萌えてきた燃えてきた!



by takayukin_k | 2006-10-16 22:37 | 地域メディアのまちづくり

刃物まつりレポート2006

a0026530_2183681.jpg
a0026530_2184573.jpg
a0026530_2185853.jpg

関を愛するものにとって、刃物祭りは毎年欠かさずに行っている祭り。今回は、じっくりいろんなところを回って、かなり満足した。スタンプラリーも制覇。

まず、家から一番近い関鍛冶伝承館。
中では、日本刀剣技能師の実演をやっていた。これだけ多くの人にみられることも一年に1回なので、なんかやってるひとは気合はいってた。鞘を作ったり、刀で手で持つ部分の紐?をまいていたり、なかなか見ていると面白い。その他、藤原兼房やらなんやらの作った日本刀が展示されているが、どこがどうなっていればすごいのかがよく分からない。ぜひ勉強したい。日本刀鍛錬は見飽きたのでパス。

次にフェザーミュージアムへ行った。
かみそりの歴史とか、フェザーの歴史が展示されているところ。ただ、今日は一番楽しみにしていた「ヒゲビジョン(自分の映像を画面に映しそこに好きなヒゲをコーディネートでき、写真がとれる)」がなんと、休み。今日は、鼻の下のちょびヒゲできめようと思っていたので、かなり残念。

その後、アピセ関のアウトドアナイフショーへ。
見るからにナイフマニアが多い。服がミリタリー系の分かりやすい人もいる。そこでは、特に友達が2代目で働いているMOKIナイフのブースをみる。小さなナイフのペンダントやらけっこうおしゃれな小物も置いてある。関市人として、関市っぽいものを身につけたいと常々思っていたので、これは是非ほしかったが、値段の関係でスルー。

その後、本町をぶらつく。
すごい人。一緒にいった友達が、マイ包丁がほしいというので、一緒に探す。

昼飯は、友達が親と営むうどん・そば屋の「喜屋」へ行く。ひやしコロトロロうどんがお気に入り。

その後、MOKIナイフの工場でアウトドア料理を振舞ったり、りんご皮むき大会をやっていると聞いて、そこへいく。終わりがけでお客さんはいなかったが、とりあえず、りんご皮むきに挑戦。10センチで脱落。工場では、そういったイベントのほかに規格外(少々傷があるということで、商品としては出せないもの)の販売もしており、そこで、ナイフショーでみたほしかったアクセサリーが40%オフで売っていったため購入。(写真のもの)そしてお友達価格で、元値からもう20%くらいオフ。店もお客で混んできたので、退散。

いやー今年は、いろいろと回ってかなり、楽しめた。
ただ、もう少し楽しめる場所や企画があるといいとは思う。
それぞれの工場が、MOKIのように独自のイベントをやったり。(ただMOKIもやっているということがほとんど知られていないが・・・)
また、万博でもキーワードだった、市民参加がない。市民が気軽に参加できるフリーマーケットがあったり、(1店舗フリマをやっていた)してもいいのにと感じた。

まあ、今、名古屋では産業観光ということで、工場見学や体験観光を推進している。関でも、刃物祭りの時には、工場の見学会や体験型の取り組みが、各工場でおこなわれていることで、訪れる観光客にとても、普段地場産業に触れることのない、席市民にとっても、魅力ある祭りとなることは間違いないと思う。



by takayukin_k | 2006-10-10 02:19 | 地域メディアのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル