関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

カテゴリ:ディープな関の情報( 139 )




「関の五郎丸」は第1発見者は。紙芝居劇団孫六座。


みなさん、「関の五郎丸」って知っていますか?関善光寺の大仏さんです。

a0026530_21103698.jpg
ほら、手がラクビー日本代表の五郎丸でしょ!
今日、中日新聞さんに取り上げられてから、早速夕方テレビにも登場!
今日の中日新聞さんによると

「W杯イングランド大会で日本が南アフリカに勝利した後、常連の参拝客が「ポーズが同じだ」と佐藤住職に指摘。
その後も次々と同じ声が上がり、佐藤住職は自身のフェイスグックに「関の五郎丸」と投稿してさらにひろまった」
とのこと。

この「常連の参拝客」こそ、創作紙芝居劇団「孫六座」の桜井さんです。
この方。
a0026530_21191307.jpg
孫六座さんは、お年寄り向けをメインとして、関の民話等を紙芝居にして公演をしています。
結成5年。どんどん人気が高くなり、今年は年間50回を超えそうとのこと。
今では10作の創作紙芝居があります。
関の善光寺、魂の木、関のいねんさんなどの郷土史的な紙芝居から
「瞼の母」、「岸壁の母」などお年寄りが好む紙芝居まであります。

桜井さんがなぜ、大仏さんの手に気がついたかというと、孫六座さんの処女作「関の善光寺」に
この大仏さんが登場するからです。
いつも見ていた紙芝居の絵にピンときたそうです。

「この常連客は僕やでね」と
関市市民活動センターに報告にきてくれました。

住職紙面で「ラクビーの試合前などに勝利祈願でお参りしてもられば」と言っています。
関は関商工を筆頭にラクビーが盛んな地域です。
さらなる名所になればいいですね!

ちなみに、孫六座さんへの紙芝居の依頼はこちら。

代表者名原 康博
電話番号0575-22-8775


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-11-03 21:28 | 関市の魅力発信!

失った関の銭湯。昔は16軒もあった。

いま関には昔ながらの銭湯は一軒もありません。
ほとんどの家お風呂がある時代、マーゴの湯もあるので基本的には困らない。
でもないのは寂しいものです。

関に最後の銭湯がなくなったのはわずか4年前。
新町にある錦湯さんがおじいさんが91歳までやってみえました。

実は、なんとか、関で最後の銭湯「錦湯」をまちのシンボルとして活用できないか、考えてます。
というか4年前から考え続けています。
銭湯文化が根付くまち京都に同じ名前の「錦湯」さんがあります。
そこは、銭湯で落語会や音楽イベントを開催しています。
なにかヒントがないかと京都の錦湯さんにも見に行きました。
どう活用するのか、なかなかみえてきません。

まずは、少し動き出そうと、先日、錦湯の持ち主の方に中をみせていただきました。
その詳しいことはまた後日のブログに書こうと思います。

今回は、関の銭湯文化について。
以前、ぶうめらんで調べてみました。マップに落としてみると、
僕の子供のころは確かに銭湯だった!という記憶がよみがえります!

まだ錦湯があったころのお話。
2010年2月の取材です。

-------------
a0026530_11062088.jpg

関の銭湯をたどる

その昔、銭湯は地域の社交場であった。

多くが地域のなじみの人。

「当時のお風呂はいろんな人と話ができて楽しかった」

元平和湯の前を通りがかったおばあちゃんは、そう話してくれた。

しかし、昭和40年代になると、風呂を作る家が多くなり、全国的に銭湯は激減する。

関市においても、昭和43年の16軒をピークに年々減り続け、昭和61年には半分の8軒に、

そして現在は、錦湯(新町)1軒だけとなってしまった。

今回、少しでもその名残を求めて11軒の今を訪ねてみた。

関に銭湯文化が消えつつあることはなんとも寂しいことです。




せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-28 11:09 | 関市の魅力発信!

関市は日本有数の酒造りのまち………だった

a0026530_17552613.jpg

古くから刃物の町として知られる関市。
しかし、関市は刃物だけではなく、お酒造りにおいても、全国的に有名なところでした。知っていましたか?
今、おもちゃ屋さんとして有名なねりやさんも昔は造り酒屋さんだったんです。


江戸時代、暴れん坊将軍徳川吉宗の頃。

関市は、岐阜県で一番多くの酒を造り、小瀬の湊から江戸に運んでいました。

その頃には、市内で14箇所もお酒を作っているところがあったと言われています。

なぜそんなに盛んだったのか、それは、水が美味しかったからです。『倭漢三才図会』によると、関の水は日本第二のもので、神水がでるため、水が清くて軽いと書かれています。


しかし、現在、関市にはお酒を作っているところは1つもありません。江戸時代後半になると海運が発達。今でもお酒が有名な神戸の灘や京都の伏見から大型の船で江戸に運ばれるようになり、関のお酒は衰退していきました。


そんな歴史を活かして、今のまちづくりにつなげることができないのか。

今、関市には「さんやほう」というお酒があります。さんやほうサポーターの方々が、関のお米みのにしきを作って、それを美濃の小坂酒造さんでお酒にしてもらっています。せっかくなら、関の酒屋さんがあればなおいいんですが‥。

まちづくりに活かす。考えてもみたんですが、今は、酒造りの免許を取得することが非常に困難です。

なんとかならいものですかね〜。






せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-15 17:55 | 関市の魅力発信!

刃物まつりの関で探してほしい、関だけのとっておきの風景。

いよいよ刃物まつりが明日に迫りました。
今日の関市は、前乗りした観光客、関係者がまちなかをウロウロしている姿を見ます。

ただ関市では、観光客の方に、
「関に来ても『刃物のまち』って感じがしないな〜」。
とよく言われます。
いやまさにそうなんですよね。

しかし!実はあるんです。
「刃物のまち」って感じがする関の風景が。

たとえば、これ。関善光寺にある水路なんですが、何か分かりますか?
a0026530_13163878.jpg
ほら、奥に見えるあれですあれ!
ちょっとアップにしてみます。
a0026530_13180161.jpg
水路のゴミを止める役割をしている鉄。
分かりますか。
そうです!
刃物をプレスした後の抜き柄です。これは多分包丁でしょうか。
関の刃物はプレスがほとんど。その抜き柄が大量にでます。
それは多くはリサイクルされますが、まちなかで再活用されているのです。

他にはこんな風に、家の塀として
a0026530_13425420.jpg
そして、応用編として、抜き柄をつかったアートを並べるツワモノまで。
a0026530_13451539.jpg
刃物の抜き柄をリサイクルして生活に使う。
これこそ、関だけの風景ですよね。
まちなかにあるので、刃物まつりにこられたら、探してみてください。

《追記》
刃物まつり会場の関商工会議所2階で、
メタルアートコンテストが開催しています。
これはまさに、刃物の抜き柄を活用したアート作品展。
ぜひ見に行ってみてくださいね!


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-09 12:09 | 関市の魅力発信!

もうすぐ刃物まつり。ところで、日本刀ってどうやって買うの?

今週はどんどん刃物まつり押しでいきます。
今回は日本刀のお話。
日本刀ってどうやって買うか知ってますか?
ぶうめらんの編集会議でも

「そういえば・・・知らん。」

という感じでした。

僕も取材するまで知りませんでした。
最低、100万円以上はするらしいぞ。
刀匠に直接お願いするの?わからないことがいっぱい!

2011年に関でオーダーメイドによる居合刀、真剣を制作、修理、販売をしている
濃州堂の五十嵐啓司さんにお話を伺った記事を紹介します。

a0026530_09312046.jpg
「刀は目的を持って選ぶ必要があります」五十嵐さんはそう話す。
刀を購入する目的は大きく分けて2つに分けられるだろう。
1つが武道用、もう1つが観て楽しむ鑑賞用である。
鑑賞用としては、昔に作られた古美術品か、現代刀匠による新品または中古品に分けられる。
さらに、「太刀」「脇差」「短刀」など刀の種類がある。
新品については、刀匠から拵(こしらえ)、各部品についてすべて自分好みに指定する事ができるがやはり値段は高くなる。
「太刀」の場合で最低100万円ほどするそうだ。
また、値段は、刀匠のネームバリューや、よい玉鋼を使っている等の材料の善し悪し、拵でも変ってくる。
現代刀匠による中古品は、新品よりは当然安くなる。
濃州堂さんの通販カタログを拝見すると、無銘で作られた場所も不明の刀だと10万円というものあるので意外だった。刀を購入した場合の手続きは、警察には届ける必要はなく、購入した刀が登録されている都道府県に2週間以内に所有者変更届けを提出するだけでよいそうだ。

有限会社濃州堂 関市山王通1-11-14
0575-23-8488
http://www.nosyu-token.jp/
----------
この話をお聞きして、
よし、僕にはまだ手が出ない。まずは鍔から買おうかなと思いました(苦笑)


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-07 09:41 | 関市の魅力発信!

今週末は刃物まつり!刃物まつり廉売市で、買っておきべき関の刃物3つ!

さて、いよいよ今週末10月10(土)、11日は刃物まつりです。
2日で関の人口の倍20万人訪れるまつりです。
a0026530_14025186.jpg
一昨年の刃物まつり。

刃物まつりは、1.3㎞の本町通り商店街にずらーーーと並ぶ刃物の廉売市が目玉。
それだけではない楽しみ方もあるのですが、今回はその廉売市で何を買ったら楽しいのか
まちづくりNPO代表北村的、廉売市で買っておきべき関の刃物をお教えします。
ちなみに、多分大丈夫だと思いますが、今年出店されているか未確認で買いていますので、違っていたらあしからず。

1、長谷川刃物さんの安売りしているはさみを買いだめ
はさみってなくなりませんか?
「あれ〜ここに置いておいたのに〜。だれだー使ったら戻せ〜!」
なんて会話がきっとあるはず。
そこで、これを機会に買いだめしておくことをお勧めします。
はさみといえば、長谷川刃物。長谷川刃物さんでは毎年、はさみを100円でどさーと
箱に入れて出しています。
もちろん切れ味は折り紙付き。しかもいろんな種類があります。
実はテントの裏側にこのコーナーがあることが多いので、気が付かない人もいるのでは。
僕は毎年、5本ほど買います。関にきてくれた人にお土産で渡したりもします。

2、大澤刀剣さんでレベルの高い模造刀を買う
a0026530_14103902.jpg
3年前に買った大澤刀剣さんで購入した模造刀。
重みといい見た目といい、ちゃっちいおもちゃとはわけが違います。
見たらきっと欲しくなる。普段と比べてかなり安くなっています。
実は展示品ということで、1本3千円〜5千円くらいで売ってもらえました。
まあ、何に使うわけではないですが、家にあったら嬉しくないですか(笑)
たまに抜いて「おおおーーー」と言っています。
外国の方にあげたら飛び上がるほど喜んでいただけました。
まあ、空港が無事通ったかどうかはわかりません。

3、サンクラフトさんで「アイディア台所用品」を買う
サンクラフトさんは、アイディア台所用品で有名です。
以前、世間を賑わせたのは、東急ハンズと組んで開発した「ポテトング」

ポテトチップスをつまむトングです。
他にも、毎回同じ量の味噌がとれる「みそ汁上手」などなど楽しい商品が多いんです。
サンクラフトさんのテントはいつもじっくり見てしまいます。

いかがでしたでしょうか?あえて、包丁、ナイフは外してみました。
他にも、ものすごい沢山の刃物会社が出店します。
ぜひ今週末は関に楽しみに来てくださいね。

-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-06 14:23 | 関市の魅力発信!

関市には100年以上続く企業が70社近くもあるんです。

「関の工場参観日」が好評です。
文字通り関の工場を見学できて、そこでは工場を製造物をいかしたワークショップ等がおこなわれるイベントです。今年度で2回目。8月26日〜29日まで開催されました。
詳しくはこちら。
http://www.kojosankanbi.jp

近隣のまちに行った時、「うちのまちでもぜひあのようなイベントがやりたい。でも、見ることができる工場や会社が少ないんですよね〜」という話がありました。
確かに、思い浮かべてもそのまちには少ない。
やっぱり関市は刃物のまち、ものづくりのまちで工場が恵まれていることに改めて気が付きました。

2年前に関の企業で100年続いている企業がどのくらいあるのか調べたことがあります。

そうしたら、なんと70社近くがあることが分かったのです。
《江戸時代から続いている関の企業》
ヒサヤ商店
三河屋酒店
㈱ヤマベイ
山久
平賀屋
(資)八神屋呉服店
㈲中七硝子店
㈱辻屋
㈱魚国
ふかがや丹羽眼科

《明治時代から続いている企業》
㈱八神屋洋品店
㈱信濃屋茶舗
松前屋薬局
柏豊商店
三星刃物㈱
(資)神谷眼鏡院
角丸
㈱十六銀行関支店
梅田屋紙店
東京海上火災保険
明治生命保険(相)関営業所
中嶋屋 井上商店
㈲角鍬商店
小松屋
㈲カネトモ建材店
㈱マルエイ
㈲安田屋旅館
藤本商店
関印刷㈲
㈱村瀬商店
義春刃物㈱
㈱ワカイ
丸登屋 
福田刃物工業株式会社
橋本屋精肉店
藤田雑貨商行㈱
長野建設株式会社
金子屋餅菓子店
ますや紙店
㈱広瀬屋呉服店
㈲写真の須田
杉山タンス店
栄屋旅館 
㈱五ニ堂
ヘアーサロン アダチ
㈲三田屋
㈱玉星老舗
(資)中喜金物店
(有)金子金蔵商店
㈱小坂刃物製作所
貝印㈱
三浦自転車店
関信用金庫
ヘアーマックス ワカイ
丸平食料品店
(資)浅野屋呉服店
大善商店
㈱長沼水道工業所
マルヘイ㈱

※2013年の段階。関商工会議所、関市東商工会、関市西商工会の提供資料をもとにぶうめらんが作成

上記の企業のうち、福田刃物工業さんに取材させていただいたので、当時の記事をご紹介します。

福田刃物工業株式会社 創業1896年
a0026530_11462518.jpg

 明治時代に入り、関市ではポケットナイフの生産が始まった。1896年、初代福田吉蔵によって福田刃物工業はポケットナイフメーカーとして創業。1910年には紙断裁包丁を試作し、日本で初めて製品化した。それを機に、断裁包丁製造の工業用機械刃物メーカーへと事業転換した。(124文字)
 現在、売上は10億円。年間約800社の顧客に約8,000種類の製品を提供する。40年前までは売上シェア100%だった断裁包丁は、今は10%止まり。代わりに、リサイクル資源市場に不可欠な粉砕刃の供給量が増えているという。この会社の話が聞きたい。

 本社・工場は小屋名にあり、高品質・高利益・短納期を実現するために、社内一貫生産体制を確立。販売する製品はすべて日本製というこだわりだ。専務の福田克則さんは「他の刃物メーカーがやらないこと、自分たちでなければできないことを増やしたい」と話す。69人の社員を全員正社員にし、やる気を引き出せる環境で自主性が生まれればと期待を寄せる。だからノルマも目標も社員に与えないそうだ。
「会社に遠慮することなく、自分たちの力で自由に有給が取得できる、そんな生産性の高い部門にしたい」と専務に息巻いた社員が、工夫を重ね、仲間らとそれを実現しようとしている。社員の話を次々と始める克則さん、表情は柔らかくなっている。

 自社の技術を「ハイテク産業を支える基盤技術」と例える。変化するハイテク産業に合った刃物を創り出していけば、どの時代にあってもユーザーに必要とされる会社になれるはずだと。近年は営業職が全国を飛び回る。ユーザーが困っていることを細かく調査し、長い年月をかけて、ニーズに応えていくのだという。
 今後は、技術の伝承、社員の自立、新市場開拓が存続の鍵だという。「創業は古いですが小さな会社。コツコツと着実に前に進んでいきたいです」。楽隊(下段参照)を社内で復活させたい。関市でこれからも本社を置いてやっていきたい。もっと地元の雇用を増やしたい。 ―想いは収まらない様子で、この会社の視野の広さと背負うものの大きさに圧倒された。


福田刃物工業さんの関とのかかわり

▶︎日本時計
終戦の年に関で創業した時計メーカー。1949年には世界初の中三針ゼンマイ柱時計を開発するなど、時計メーカーとして勢いを伸ばしたが、1960年に廃業。製品の90%はアジア向けに輸出されており、国内に残っているものは数少ない。日本時計の創業者・福田好司さんは克則さんの大叔父で、不思議な縁を感じてコレクションを始めた。本社の応接室には日本時計製の時計131台が並んでいる。上の写真の時計もそう。(180文字)

▶︎楽隊
明治から昭和にかけて会社独自の音楽隊をもっており、出征の見送りの記録もあるなど、地域でも演奏していた。楽隊はロゴマーク及び商標になって受け継がれてきたが、最近、社内で楽隊再結成の機運が高まっているようだ。

▶︎サイレン塔
 安桜山頂にあるサイレン塔は克則さんの祖父、二代目福田吉蔵により昭和13年に建てられた。当時は自分の名前が出るのを嫌がり、母の名前で寄附したという。かつては一日計6回の時報が鳴っていたらしい。
※記事は2013年2月のものです。

ふくだはものこうぎょう
関市小屋名353  
0575-28-5888 
http://www.fukuda-web.co.jp/



by takayukin_K | 2015-10-01 11:46 | 関市の魅力発信!

関市が全国に誇るお蕎麦やさんの絶品きのこそばが今年も解禁!

「あなたは最後の晩餐に何を食べますか?」

と聞かれたら、迷わず答える!

「助六のきのこそば!!!」と。
a0026530_23304931.jpg


関市本町8丁目にある「そばきり助六」。
土日は行列必至の名店で、全国からお客さんが訪れます。
芸能人にもファンが多く、ある有名芸能人のそば会に招かれて定期的に東京でそば打ちをされているんです。大将の小林さんには公私ともに大変お世話になっています。

ふと、昨日お店の前を通ったら、
「きのこそば」の看板があるではないですか!
a0026530_2331533.jpg


きたーーーーー!
今年もついに始まったか!
毎年超絶楽しみにしているきのこそば。
先週の土曜日からはじまったそうです。

どうです、どうです、うまそうでしょう!
天然のなめこやらまいたけやらが、ものすごくたくさん入っています。
特になめこがぶるんぶるん!なのです。
出しもカツオだしがよーくきいてもうたまりません。
お汁も一滴も残さず食べきります。

食べられるのは、天然のいいものが取れる間だけ。だから期間も約1ヶ月半と短めです。

今年は何杯食べられるだろうか。
ああ、楽しみです。

天然きのこそば(1600円)

岐阜県関市本町8丁目27
℡ 0575-22-2526
11:30~16:00(売り切れ終い)
定休日 金曜日

-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/



by takayukin_K | 2015-09-30 08:00 | 関市の魅力発信!

これが分かれば関のジン。代表的な関弁講座。

外から来た人にとって、関の言葉は、「怒っている」みたいに聞こえるようです。

決してそんなことないんですけどね~。

関に来た時に、皆さんが戸惑わないように、代表的な関弁を紹介します。

ジン
人のことを指す呼称。「御仁」と言った武家言葉の名残かと推測されるが定かではない。「あのジン」「関のジン」と言った用い方をする。
複数形はこのジンの後に「た」を加え、「あのジンた」(あの人たち)と表現する。

なるい
「穏やかな」や「なだらかな」などと言った平穏な状況を指す一方で、期待するレベルまで達していない程度を示すネガティブな様を言う。

にすい
「レスポンスが良くない」「気が利かない」「噛み合わせが甘い」「不器用」など動作や機能が今ひとつ満足できていないことを指す言葉。この状況を強調する時には接頭語として「ど」を冠し、「どにすい」と言ったりもする。

おぞい
品質が劣っていたり、出来栄えや見栄えが良くないこと指す形容詞「自信作やったけど、提出したらおぞいこと言われてまった」などといった使い方をする。

まえる
仲間に入れるという意味で用いられ、子供達の間では遊びの輪に入れて欲しい時に「まえて!」という具合に用いた。
「まえたろか」は仲間に入れてあげようかと言う意味合いの活用形である。


-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/



by takayukin_K | 2015-09-29 08:00 | 関市の魅力発信!

関市は野菜直売所の宝庫!約15カ所も直売所があるんです。

野菜が高い!

今、大雨の影響?台風の影響?でスーパーの野菜が高いですよね。

毎日の買い物は私の役割ですのでそのあたり敏感に反応しています。

こんな時こそ利用したくなるのが野菜の直売所!

実は関市には大小合わせて約15カ所もの農産物直売所があるんですよ。知ってました?

私が一番利用するのは、「ふる里農園 美の関」ですね。
農産物だけでなく、イチゴ狩り、ブルーベリー狩りなどの体験農園やバーベキュー小屋、動物広場があってまさに農業のテーマパークです。

「ふる里農園 美の関」はこんな場所です。
--------
地物野菜が買える場所
a0026530_1804857.jpg


県道坂祝線を坂祝方面に向かい、建設中の国道248号線バイパスを越えてすぐの左手、香林寺池公園の東に6万坪の大農園が広がる。この大農園こそが「ふる里農園美の関」である。

まるで道の駅を思わせるような造りの直売所では、この農園と地元で栽培された、
とれたて・新鮮な地物野菜等の農産物が毎日直売されている。

どれも自然豊かな土地から栽培された自慢の一品である。
また農村女性グループ「ふる里レディース」の手による、この農園で栽培された農産物や地域の畜産物を使用した弁当や惣菜・コロッケ等も店頭に並び、好評を博している。

また当農園は地物野菜等の購入だけではなく、農産物の収穫体験や食品加工体験が出来る施設でもある。
収穫体験はイチゴ、ブルーベリーが主。
特にイチゴは12月ごろから5月初旬まで体験ができる名物企画!
また将来的には、もっと多くの種類の農産物の収穫体験が出来るような「農業公園」を目指していると言う。

新鮮な地物野菜等を提供するだけではなく、収穫体験等を通じて農業という文化そのも
のを継承していく場を提供する。そう、まるでここは農業のテーマパークである。

http://minoseki.net
TEL:0575-25-1588
FAX:0575-25-1577
住所:岐阜県関市大杉567番地10
営業時間 9:00~17:30

他にも、関にはこんな直売所があります。

かみのほ朝市
JAめぐみの ファーマーズマーケット とれったひろば関店
関・はさま農産物直売所
濃州関所茶屋 ふいご
マーゴ朝市
水と緑のふる里 森の駅
道の駅 むげ川
道の駅 ラステン洞戸
むぎ農林産物販売所

岐阜県のHPで場所と直売所の詳細が載っているのでぜひチェックしてみてください!
http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo-koyo/nogyo/chisanchisho/asaichi/area_chuno.html


-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/



by takayukin_K | 2015-09-28 18:08 | 関市の魅力発信!

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル

XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項