関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

カテゴリ:ディープな関の情報( 143 )




上之保ゆずVS洞戸キウイ対決 第2段 猿にはどっちが強いのか!

昨日に引き続いて、
上之保ゆずVS洞戸キウイ対決 第2段!

猿の被害に強いのはどっち!?

この地域は猿害に悩まされることが多い!であれば、猿が好きじゃない方はどっちだろうか!
美濃市の小倉公園にご協力いただき実験してみました!


 ゆずとキウイ、サルはどちらが好きなんでしょう!
サルがあまり食べなければ、サルの被害が少ないとも言える!
ということで、美濃市小倉公園さんに協力していただき実験してみました。

 キウイ、ゆずをサルの檻の中に山盛りに置き、さぁ実験開始!!
 飼育員さんが檻から出るとサルは一斉に飛びつきます。

はじめに無くなったのはキウイ!

しかし、しばらく見ているとキウイを投げ捨てて、ゆずをよく食べている!?

ゆずを食べ終わると、キウイをちびちび食べていました。
 「キウイはたまに餌にすることもあるから、まず飛びついたんじゃない。だけど、まだ熟れていなくて酸っぱかったから、ゆずにいったんじゃないかな」と飼育員さんは話します。

 熟れていない段階で収穫するキウイ。サルは酸っぱいキウイはあまり食べないようです。(あだち)

キウイの勝利!
(まあ、ゆずの木にはトゲがあるため、一概には言えませんが‥。キウイもゆずもどちらとも、猿の被害は少ない作物と言われています。)

a0026530_15295494.jpg
1,キウイとゆずを並べる飼育員さん

a0026530_15311217.jpg
2,まずはキウイを


11月21日、22日は上之保ゆず祭りです!ゆずに関するアトラクションや物販がたくさんあるので、楽しいですよ!

a0026530_14523502.jpg
----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/





by takayukin_K | 2015-11-12 11:00 | ディープな関の情報

やってみました!上之保ゆずVS洞戸キウイ 第1段

さあ、やってきました。ゆずの季節とキウイの季節。
関市は上之保のゆず、洞戸のキウイが特産品。
でもいったい、どっちがすごいのか!
「どっちともすごい!でいいいじゃん」という声が聞こえてきそうだが、ここは白黒つけたい!

ということで勝手に、戦わせてみました。

洞戸キウイ対上之保ゆず三番勝負!

バトル1 お風呂対決 「ゆず湯」VS「キウイ湯」

「ゆず湯」
 ゆず湯は、血行促進効果が高く、古くよりひび・あかぎれを治し、風邪の予防になると伝承されてきたそうです。11月、12月の火曜日と日曜日、そして冬至の日に上之保温泉がゆず湯となります。早速入ってきました。脱衣所から風呂場に入ると、ゆずの香りが漂っています。お風呂につかると、上之保温泉のお湯とゆずの香りで、気持ちまで温かくなりますね。
a0026530_15000844.jpg


「キウイ湯」
 ゆず湯があるんだからキウイだってお風呂にいれてみたらどうなのって無茶振りをうけましてゆずVSキウイ3番勝負のうちの1番キウイ風呂やってみました…
 キウイって水に入れると沈むのよ。マリモみたいに。もちろんお湯にいれても浴槽の底をゴロゴロ。キウイの成分がにじみ出ることもなく、たとえ出てきてもなんかかゆくなりそうでした。とりあえずやってみましたが、どうということなくお湯にいろいろ浮かんで掃除が大変でした。もちろん、その後食べましたよ。
a0026530_15103753.jpg
ということで、おふろ対決は、ゆずの圧倒的勝利!
11月21日、22日は上之保ゆず祭りです!ゆずに関するアトラクションや物販がたくさんあるので、楽しいですよ!

a0026530_14523502.jpg
----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/





by takayukin_K | 2015-11-11 15:13 | ディープな関の情報

「きのこそば」が絶品の助六さんは「とろろそば」も絶品だった。

以前、きのこそばが絶品すぎると紹介した「蕎麦きり助六」さん


私はまたすごい蕎麦に出会ってしまいました。
それはとろろそばです。
a0026530_13194162.jpg
とろろそば(1,400円)

どうですか!このお椀いっぱいのとろろ!
とろろそばは冷たい方とぬくとい(温かい)方の両方ありますが、なによりこの温かいのが絶品なのです。
いや、僕は、きのこと同じくらいにとろろにも目がないのです。
それを知っていた店主の小林さんから
「北村君、あたたかい方食べたことないやろ。一回食べてみ。うまいから。」と話を聞きました。
確かに、とろろそばというと冷たい方のイメージ。盲点でした!
早速今日食べに。

このとろろ、写真を見て上の方にかかっているだけだと思ったら大間違い。
中までぜーんぶとろろなんです。
とろろとお汁を混ぜていて、カツオだしがきいたお汁ととろろが絶妙。
下からお蕎麦を探し出す感じです。
そして、とろろのおかげで正直これだけでお腹いっぱい!大満足です。
たしかに小林さんが自信をもって進めるだけはある!

安心してください。これは、きのこ違って期間限定ではなく、定番メニュー。
いつでも食べられます。

さてさて、それだけではありません。
今はとろろが旬の時期。
小林さんはこの旬の時だけ食べられる新たなとろろメニュー開発をしているそうです。

「すごい自然薯見つけた」と小林さんは言います。
この時期、毎週きのこを仕入れに行っている飛騨高山で、すごい自然薯をみつけたそう。
定番のとろろそばは「やまといも」を使っているそうです。
それも白く綺麗で粘り気のある美味しいとろろですが、
この自然薯は、弾力と味の濃さが違うとか。

試しにその自然薯をお刺身でだしてくれました。
a0026530_13373600.jpg
ひとつは、そのまま何もつけづに。もう一つは醤油を少したらして。
a0026530_13372578.jpg
どうですか。この弾力。
口にいれた瞬間、濃厚な自然薯の味が広がって、もうびっくりしました。
これはすごい。
お刺身で食べる方法と、とろろそばで食べる方法を考えているそうです。
これは楽しみでしかたありません!

岐阜県関市本町8丁目27
℡ 0575-22-2526
11:30~16:00(売り切れ終い)
定休日 金曜日

-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/




by takayukin_K | 2015-11-06 08:00 | ディープな関の情報

関善光寺の「あの洞穴」はどこまで続いているのか!

今、関の五郎丸で話題の関善光寺さん

昔から、サーカスがくるなど市民の憩いのお寺として親しまれてきた善光寺さんですが、
今はかなり参拝客が増えてきたとはいえ、昔と比べたら参拝客も減っています。
ぶうめらんとしても、関善光寺が憩いのお寺に!との思いで様々な活動をしてきました。
まさか、五郎丸でここまで話題になるとは。わからないものですね〜。
なにやら複雑な思いとともに感慨深いものがあります(笑)

その関善光寺に、洞穴があることをご存知でしょうか。
善光寺で遊んだ経験のある人なら、ああ、あの洞穴か!と思うはず。
大仏殿のすぐ隣にある洞穴。噂では、サイレン塔の下の広場にある穴とつながっているとか。
本当だったらかなーり長い。
これは気になる!!ということで、許可をいただいて、実際に洞穴に入って調べてみることにしました!

まずは住職に聞き込み。

北村:この洞穴て いつからあるんでしょ?

住職:「200年前にはあったという記録があります」

200年前て江戸時代ですよ 文化9年だって そんな前からあるんだ

住職:「江戸後期の図をみても、この洞穴がでてきます。

この洞穴から出てくる清水を龍神岩窟泉といって参拝に訪れた方々に飲まれてたこともあるとか」

今はそんなに清水が出ることもなく、洞穴の前に如意輪観音様が鎮座されてます
a0026530_20012134.jpg

さあ、いよいよ洞穴に潜入してみます!

a0026530_20052828.jpg

メンバーはぶうめらんスタッフの精鋭、平川、山田、上田、北村。

とりあえず30mの巻尺は用意!

200mの糸を巻いたメーター付きのリールもある。コウモリがでたって平気さ!


洞窟の大きさは、縦1m20cmくらい 横1mくらい。

はたして深さは?


ずんずん進んだら‥‥。

あれ?

味気なくすぐに岩盤が!

a0026530_20070478.jpg
《結論》

善光寺の洞穴は7mでした。



せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-11-05 08:00 | ディープな関の情報

「関の五郎丸」は第1発見者は。紙芝居劇団孫六座。


みなさん、「関の五郎丸」って知っていますか?関善光寺の大仏さんです。

a0026530_21103698.jpg
ほら、手がラクビー日本代表の五郎丸でしょ!
今日、中日新聞さんに取り上げられてから、早速夕方テレビにも登場!
今日の中日新聞さんによると

「W杯イングランド大会で日本が南アフリカに勝利した後、常連の参拝客が「ポーズが同じだ」と佐藤住職に指摘。
その後も次々と同じ声が上がり、佐藤住職は自身のフェイスグックに「関の五郎丸」と投稿してさらにひろまった」
とのこと。

この「常連の参拝客」こそ、創作紙芝居劇団「孫六座」の桜井さんです。
この方。
a0026530_21191307.jpg
孫六座さんは、お年寄り向けをメインとして、関の民話等を紙芝居にして公演をしています。
結成5年。どんどん人気が高くなり、今年は年間50回を超えそうとのこと。
今では10作の創作紙芝居があります。
関の善光寺、魂の木、関のいねんさんなどの郷土史的な紙芝居から
「瞼の母」、「岸壁の母」などお年寄りが好む紙芝居まであります。

桜井さんがなぜ、大仏さんの手に気がついたかというと、孫六座さんの処女作「関の善光寺」に
この大仏さんが登場するからです。
いつも見ていた紙芝居の絵にピンときたそうです。

「この常連客は僕やでね」と
関市市民活動センターに報告にきてくれました。

住職紙面で「ラクビーの試合前などに勝利祈願でお参りしてもられば」と言っています。
関は関商工を筆頭にラクビーが盛んな地域です。
さらなる名所になればいいですね!

ちなみに、孫六座さんへの紙芝居の依頼はこちら。

代表者名原 康博
電話番号0575-22-8775


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-11-03 21:28 | ディープな関の情報

失った関の銭湯。昔は16軒もあった。

いま関には昔ながらの銭湯は一軒もありません。
ほとんどの家お風呂がある時代、マーゴの湯もあるので基本的には困らない。
でもないのは寂しいものです。

関に最後の銭湯がなくなったのはわずか4年前。
新町にある錦湯さんがおじいさんが91歳までやってみえました。

実は、なんとか、関で最後の銭湯「錦湯」をまちのシンボルとして活用できないか、考えてます。
というか4年前から考え続けています。
銭湯文化が根付くまち京都に同じ名前の「錦湯」さんがあります。
そこは、銭湯で落語会や音楽イベントを開催しています。
なにかヒントがないかと京都の錦湯さんにも見に行きました。
どう活用するのか、なかなかみえてきません。

まずは、少し動き出そうと、先日、錦湯の持ち主の方に中をみせていただきました。
その詳しいことはまた後日のブログに書こうと思います。

今回は、関の銭湯文化について。
以前、ぶうめらんで調べてみました。マップに落としてみると、
僕の子供のころは確かに銭湯だった!という記憶がよみがえります!

まだ錦湯があったころのお話。
2010年2月の取材です。

-------------
a0026530_11062088.jpg

関の銭湯をたどる

その昔、銭湯は地域の社交場であった。

多くが地域のなじみの人。

「当時のお風呂はいろんな人と話ができて楽しかった」

元平和湯の前を通りがかったおばあちゃんは、そう話してくれた。

しかし、昭和40年代になると、風呂を作る家が多くなり、全国的に銭湯は激減する。

関市においても、昭和43年の16軒をピークに年々減り続け、昭和61年には半分の8軒に、

そして現在は、錦湯(新町)1軒だけとなってしまった。

今回、少しでもその名残を求めて11軒の今を訪ねてみた。

関に銭湯文化が消えつつあることはなんとも寂しいことです。




せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-28 11:09 | ディープな関の情報

関市は日本有数の酒造りのまち………だった

a0026530_17552613.jpg

古くから刃物の町として知られる関市。
しかし、関市は刃物だけではなく、お酒造りにおいても、全国的に有名なところでした。知っていましたか?
今、おもちゃ屋さんとして有名なねりやさんも昔は造り酒屋さんだったんです。


江戸時代、暴れん坊将軍徳川吉宗の頃。

関市は、岐阜県で一番多くの酒を造り、小瀬の湊から江戸に運んでいました。

その頃には、市内で14箇所もお酒を作っているところがあったと言われています。

なぜそんなに盛んだったのか、それは、水が美味しかったからです。『倭漢三才図会』によると、関の水は日本第二のもので、神水がでるため、水が清くて軽いと書かれています。


しかし、現在、関市にはお酒を作っているところは1つもありません。江戸時代後半になると海運が発達。今でもお酒が有名な神戸の灘や京都の伏見から大型の船で江戸に運ばれるようになり、関のお酒は衰退していきました。


そんな歴史を活かして、今のまちづくりにつなげることができないのか。

今、関市には「さんやほう」というお酒があります。さんやほうサポーターの方々が、関のお米みのにしきを作って、それを美濃の小坂酒造さんでお酒にしてもらっています。せっかくなら、関の酒屋さんがあればなおいいんですが‥。

まちづくりに活かす。考えてもみたんですが、今は、酒造りの免許を取得することが非常に困難です。

なんとかならいものですかね〜。






せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-15 17:55 | ディープな関の情報

刃物まつりの関で探してほしい、関だけのとっておきの風景。

いよいよ刃物まつりが明日に迫りました。
今日の関市は、前乗りした観光客、関係者がまちなかをウロウロしている姿を見ます。

ただ関市では、観光客の方に、
「関に来ても『刃物のまち』って感じがしないな〜」。
とよく言われます。
いやまさにそうなんですよね。

しかし!実はあるんです。
「刃物のまち」って感じがする関の風景が。

たとえば、これ。関善光寺にある水路なんですが、何か分かりますか?
a0026530_13163878.jpg
ほら、奥に見えるあれですあれ!
ちょっとアップにしてみます。
a0026530_13180161.jpg
水路のゴミを止める役割をしている鉄。
分かりますか。
そうです!
刃物をプレスした後の抜き柄です。これは多分包丁でしょうか。
関の刃物はプレスがほとんど。その抜き柄が大量にでます。
それは多くはリサイクルされますが、まちなかで再活用されているのです。

他にはこんな風に、家の塀として
a0026530_13425420.jpg
そして、応用編として、抜き柄をつかったアートを並べるツワモノまで。
a0026530_13451539.jpg
刃物の抜き柄をリサイクルして生活に使う。
これこそ、関だけの風景ですよね。
まちなかにあるので、刃物まつりにこられたら、探してみてください。

《追記》
刃物まつり会場の関商工会議所2階で、
メタルアートコンテストが開催しています。
これはまさに、刃物の抜き柄を活用したアート作品展。
ぜひ見に行ってみてくださいね!


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-09 12:09 | ディープな関の情報

もうすぐ刃物まつり。ところで、日本刀ってどうやって買うの?

今週はどんどん刃物まつり押しでいきます。
今回は日本刀のお話。
日本刀ってどうやって買うか知ってますか?
ぶうめらんの編集会議でも

「そういえば・・・知らん。」

という感じでした。

僕も取材するまで知りませんでした。
最低、100万円以上はするらしいぞ。
刀匠に直接お願いするの?わからないことがいっぱい!

2011年に関でオーダーメイドによる居合刀、真剣を制作、修理、販売をしている
濃州堂の五十嵐啓司さんにお話を伺った記事を紹介します。

a0026530_09312046.jpg
「刀は目的を持って選ぶ必要があります」五十嵐さんはそう話す。
刀を購入する目的は大きく分けて2つに分けられるだろう。
1つが武道用、もう1つが観て楽しむ鑑賞用である。
鑑賞用としては、昔に作られた古美術品か、現代刀匠による新品または中古品に分けられる。
さらに、「太刀」「脇差」「短刀」など刀の種類がある。
新品については、刀匠から拵(こしらえ)、各部品についてすべて自分好みに指定する事ができるがやはり値段は高くなる。
「太刀」の場合で最低100万円ほどするそうだ。
また、値段は、刀匠のネームバリューや、よい玉鋼を使っている等の材料の善し悪し、拵でも変ってくる。
現代刀匠による中古品は、新品よりは当然安くなる。
濃州堂さんの通販カタログを拝見すると、無銘で作られた場所も不明の刀だと10万円というものあるので意外だった。刀を購入した場合の手続きは、警察には届ける必要はなく、購入した刀が登録されている都道府県に2週間以内に所有者変更届けを提出するだけでよいそうだ。

有限会社濃州堂 関市山王通1-11-14
0575-23-8488
http://www.nosyu-token.jp/
----------
この話をお聞きして、
よし、僕にはまだ手が出ない。まずは鍔から買おうかなと思いました(苦笑)


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-07 09:41 | ディープな関の情報

今週末は刃物まつり!刃物まつり廉売市で、買っておきべき関の刃物3つ!

さて、いよいよ今週末10月10(土)、11日は刃物まつりです。
2日で関の人口の倍20万人訪れるまつりです。
a0026530_14025186.jpg
一昨年の刃物まつり。

刃物まつりは、1.3㎞の本町通り商店街にずらーーーと並ぶ刃物の廉売市が目玉。
それだけではない楽しみ方もあるのですが、今回はその廉売市で何を買ったら楽しいのか
まちづくりNPO代表北村的、廉売市で買っておきべき関の刃物をお教えします。
ちなみに、多分大丈夫だと思いますが、今年出店されているか未確認で買いていますので、違っていたらあしからず。

1、長谷川刃物さんの安売りしているはさみを買いだめ
はさみってなくなりませんか?
「あれ〜ここに置いておいたのに〜。だれだー使ったら戻せ〜!」
なんて会話がきっとあるはず。
そこで、これを機会に買いだめしておくことをお勧めします。
はさみといえば、長谷川刃物。長谷川刃物さんでは毎年、はさみを100円でどさーと
箱に入れて出しています。
もちろん切れ味は折り紙付き。しかもいろんな種類があります。
実はテントの裏側にこのコーナーがあることが多いので、気が付かない人もいるのでは。
僕は毎年、5本ほど買います。関にきてくれた人にお土産で渡したりもします。

2、大澤刀剣さんでレベルの高い模造刀を買う
a0026530_14103902.jpg
3年前に買った大澤刀剣さんで購入した模造刀。
重みといい見た目といい、ちゃっちいおもちゃとはわけが違います。
見たらきっと欲しくなる。普段と比べてかなり安くなっています。
実は展示品ということで、1本3千円〜5千円くらいで売ってもらえました。
まあ、何に使うわけではないですが、家にあったら嬉しくないですか(笑)
たまに抜いて「おおおーーー」と言っています。
外国の方にあげたら飛び上がるほど喜んでいただけました。
まあ、空港が無事通ったかどうかはわかりません。

3、サンクラフトさんで「アイディア台所用品」を買う
サンクラフトさんは、アイディア台所用品で有名です。
以前、世間を賑わせたのは、東急ハンズと組んで開発した「ポテトング」

ポテトチップスをつまむトングです。
他にも、毎回同じ量の味噌がとれる「みそ汁上手」などなど楽しい商品が多いんです。
サンクラフトさんのテントはいつもじっくり見てしまいます。

いかがでしたでしょうか?あえて、包丁、ナイフは外してみました。
他にも、ものすごい沢山の刃物会社が出店します。
ぜひ今週末は関に楽しみに来てくださいね。

-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/






by takayukin_K | 2015-10-06 14:23 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項