関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

カテゴリ:ディープな関の情報( 139 )




関市が全国に誇るお蕎麦屋さん助六さんの「天然きのこそば」。平成28年もはじまりましたよ〜!

私が愛してやまないそばきり助六の天然きのこそば。
10月1日からはじまりました。


1年間待ちに待ったきのこ!!きのこ!!なめこ!!
水曜日にふらりとお店に寄ったら「明日明後日と休みにして飛騨に
きのこ仕入れに行ってくるで。土曜日からきのこそばやるぞ」とのこと
これは絶対1番最初に食べたい!
去年は本当にその時最後のきのこそばを食べました。

ということで、開店20分前に勇んで並びまして、1番に入店!
a0026530_12220630.jpg

天然の舞茸を見せてくれました!飛騨産。天然の舞茸はかなり山の奥に入らないとないので、すごく貴重なのです!
a0026530_12221149.jpg

店主の小林さんは「昨日飛騨いって冷蔵庫に入りきらんくらいのきのこ仕入れてこれたぞ!」と満足げ。
これは、どんどん食べて減らすしかありません。
「1年ぶりやから、きのこそばの作り方思い出さな」とも。

そして、ついに出てきました!きのこそば!!
a0026530_12221852.jpg
今日はいっていたきのこは、なめこと舞茸とたいこのばち。
もう至福の時です。
何がすごいかというと、きのこの味が濃厚なんです。
なめこが特に大好きなんですが、なめこがでかいし、匂いも味も濃い!
それがまたカツオだしと合うんです。

a0026530_12222299.jpg
もちろん、一滴も残さずに完食。
食べられるのは天然のいいものがとれる1ヶ月半ほど。11月中旬位は終わってしまいます。
今年は何杯食べれるかな。

帰りに近所のお餅やさん「三つわ」で大福を1個だけ購入。これも美味。
a0026530_12320079.jpg
a0026530_12222649.jpg

天然きのこそば(1600円)

岐阜県関市本町8丁目27
℡ 0575-22-2526
11:30~16:00(売り切れ終い)
定休日 金曜日

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-10-02 07:10 | ディープな関の情報

今日からスタート!関の商店街の名店が善光寺土産を開発!!

関善光寺には最近たくさんの観光客がくるようになりました。
一時期の五郎丸大仏のブームは過ぎたにせよ、安定して観光バスも入ります。

僕は以前から、せっかく善光寺に来てくれたお客さんが、近くの面白いお寺や商店街に来ていただけないことを
とっても残念に思っておりました。
だって善光寺って基本無料。
観光でお金を落としてもらわないと地域には負の遺産しか残りません。

そんなこんな考えておりましたら、さすがそば切り助六の小林さん!
「善光寺土産を開発するぞ!」
と立ち上がってくれました。

助六さんが声をかけてくれて賛同していただけたお店
とらやさん
マビッシュさん
丸吉寿司さん
の4店で善光寺おみやげ開発がはじまりました!
ほんとに関の名店ばかりなので、味は折り紙付きですよ!

僕ははたらか見ていただけですが、全部試食には参加(笑)
ちょっとだけご紹介しちゃいます!
名前がうる覚えなところもあるので、違っていたらご容赦を!

■ご縁と開運!善光寺そば!(そば切り助六)
お蕎麦の上に乗っているのは、全部「ん」がつくもの!運がつきます!
甘味にもあんこ、かんてんが入っているというこだわり。
これを食べて、娘さんは今年大学に合格したそうです(笑)
a0026530_09504048.jpg

■善光寺フォグ(マビッシュ)、福あわせ(とらや)
マビッシュさんは、ほうじ茶をベースに善光寺の霧に見立てたミルク。和のテイストでうまい!
僕が提案した、ミルクの上に卍戒壇めぐりの卍型を入れたらどうかというアイディアは、別のものを彷彿させると
却下されました(笑)

とらやさんは蒸しどら焼き!!
僕が提案した、どら焼きの中に戒壇めぐりの時に探す「錠前」を包んだらどうか
というアイディアはあえなく却下されました(笑)
a0026530_09515319.jpg

a0026530_15165792.jpeg
福あわせのイラストは関市出身のイラストレーター小川アヤ子さん、文字は東山崎あゆみさん!

■丸吉戒壇めぐり丼
時間が経ってしまっての撮影だったので、いい写真でなくてすいません。
戒壇めぐりをイメージしたチラシです!
僕が提案した、チラシの中に戒壇めぐりの時に探す「錠前」を包んだらどうか
というアイディアはこちらでも却下されました(笑)
a0026530_09523424.jpg
ということで、僕のアイディアはなんの役には立っていませんが、
全部うまいことは間違いない!
ぜひ全部回ってください!!


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-07-16 10:00 | ディープな関の情報

モネの池に行くならここは行っとけ!vol.3 板取川の天然鮎が食べられる徳兵衛茶屋

モネの池が、昨年10月のブレイク後、初めてのシーズンを迎えて、えらいことになっています。
土日はまさかのモネの池渋滞。
駐車場が少ないので、(それでもかなり増えましたが)往生する人たちがたくさんいます。

しかし、モネの池を過ぎるといつもどおりの板取。
すーすーと車が走ります。

何度もいっていますが、モネの池だけで帰ってしまっては板取はもったいないですよ!!
ということで、モネの池にきたら絶対行って欲しい板取、洞戸のスポットを紹介する第2弾。
第3弾だったかな。

1 板取川の天然鮎が食べられる 徳兵衛茶屋
a0026530_19135969.jpg
ここも人気店なんで書く必要もないかもしれません。

モネの池から車で2,3分行った通り沿いにあるのが徳兵衛茶屋です。
ここは何しろ、板取川で取れた川魚を中心とした料理が絶品なのです。

私たちは開店の45分前、10時15分ごろ到着。
ウェイティングの名簿にはすでに、名前が!
注文が入ってから魚を生簀からあげて、焼き始めるので、かなり時間がかかります。
土日は2時間待ちとかも普通だとか。
「板取川産天然あゆ入荷しました」の看板に期待が高まります。


店内は、板取川が観れる絶景。
a0026530_19154021.jpg
僕は、板取川産の天然あゆ定食を注文。1650円。
a0026530_19160649.jpg
まだあゆが少し小さめでしたが、うまい!甘みが強い気がします。

他の人は人気ナンバーワンのイワナの唐揚げ定食。
a0026530_19161215.jpg
a0026530_19155590.jpg
そして、あじめドジョウのてんぷら。

a0026530_19155042.jpg
川エビのてんぷら。今回私が一番びっくりしたのが、この川エビのてんぷらでした。
身がしっかり詰まっていて、揚げ具合もパリパリで絶妙。
ぜひサイドメニューで頼んで欲しいです。

どれも、思わず笑いがでる美味しさです。
a0026530_19141245.jpg
この看板が目印。
14時過ぎの帰り道、まだ行列ができていました。

清流川魚料理 徳兵衛茶屋
岐阜県関市板取5822-1
TEL 0581-57-2440
営業時間 11:00~16:00
定休日 火曜


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-06-14 19:02 | ディープな関の情報

ハラダ食料品店さん本日(5/31)で閉店

関のまちでは最近、残念なお知らせが相次いでおります。

ピアゴ関店の閉店が決定。
大門商店街のスーパー「マルヘイ」さんが生鮮食品の小売りを終了。
そして、緑町にあるハラダ食料品店さんが本日で閉店されることなったそうです。

ハラダさんは創業66年。お店に立つことで生きがいをもらっていると話されていました。

昨年、ぶうめらんでは、お惣菜特集 で取材させていただきました。

数年前に閉店して、お客さんの声で「コロッケを頑張る」ともう一度復活したハラダさん。


a0026530_10201674.jpg

看板商品は手造りコロッケ。ご主人・原田正三さん(73)の「もうすぐ揚がるよ」との声が聞こえたら、コロッケ目当てで行ったのでなくとも、待って買ってしまう。俵型のコロッケから熱がじんわりと手に伝わってくる。ああ幸せと思う瞬間だ。

お客の入りを見て、または注文を受けて揚げてくれる揚げ物。このほか、日替わりで並ぶお惣菜は、その時ある食材を煮たり焼いたりして作る。今ならホウレン草のおひたし、大根の漬物、肉じゃが等々。近所のお客さんがレジで「自分んちで火を使って作るより安いで」とハラダさんに声を掛けていった。ご主人の「年寄りの店には年寄りが来る」との言葉通り、店には年配の人が多く訪れる。食べる量が落ち着いた客層に合わせて、お惣菜は少量でパックにして売る。

お店はコックだった先代・お父さんが創業してから65年になる。2年前に店を畳んで老朽化した設備をすべて処分したが、新たに提供してくれる人があり、約3ヶ月のブランクを経て再開。再開後は店内に椅子やテーブルも置き、お客さんに寛いでいくよう勧める店内へと一変し、ご主人いわく「細々と」営業している。

「やってもらえて助かるわ、と言ってもらえるのが一番うれしい。この年になってお客さんのありがたみがよくわかった。もっと早くに気付いとったらよかったけど(苦笑)」と話すご主人。気取らないかたである。「大きなお店もあるなか、お客さんに選んでもらえるのはありがたいこと、うちのうりはハートしかあらへん」。随所にハートを感じるお店である。(竹川)


営業時間: 9:30~18:00

定休日:水曜日・日曜日

住所:関市緑町1-3-2


a0026530_10204372.jpg
a0026530_10210199.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-05-31 10:21 | ディープな関の情報

関市プロモーショングッズが突き抜けている件について

今、一部で、関市の移住定住促進プロモーショングッズが話題となっています。

それは「せき」で「のど」かな暮らしをしませんかというのど飴。

a0026530_22255187.jpg
飴の味は、「せきしにクール(関市に来る)せきしミントなる(関市民となる)」。

すごい。
これは思わず嫉妬してしまうアイディアです(笑)

この飴は、関市が立上げた子育て世代定住促進のPRを考える若手職員の委員会から生まれました
発案者は、市民課の深川喜正(36)さん。
まさかの小中学校の同級生です!

深川さんは

「関市でしか成立しないデザインを考えた。
今、関市は『おもしろい』『攻めてるよ』と伝えたかった。
この飴を見た人が思わず誰かに話したくなったり、
フェイスブックやツイッターでアップしたりして、
どんどん広がって行けばいいな」

と話します。

同級生のよしみで、試作段階のイラストをみせてもらいました。

ぶうめらん4月号のニュースのコーナーで紹介してから、
「どこで手に入るんだ」とか
「買いたいけどどうしたらいい」とか
ぶうめらん事務所に何件か問い合わせがありました。
いやいや、アイディアには参りました。
ぜひ深川くんには、どんどん活躍してほしいものです。
a0026530_22284184.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-05-15 08:08 | ディープな関の情報

ゴールデンウィークはモネの池から板取観光にイケイケ!

さて、間も無くゴールデンウィークがはじまりますね。
新緑の季節、睡蓮の季節だからこそお勧めしたいのが関市板取への観光!
昨年から話題になっているモネの池も5月から6月が見頃を迎えます!

しかしモネの池だけではもったいない!ということで
フリーマガジンぶうめらん最新号は、モネの池だけじゃない!本当の板取特集です。

今回案内人をお願いしたのは、板取に魅せられて一昨年板取に移住してきた井口夫婦。
外からと、どっぷり板取両方の目線を持ち合わせたお二人に、都会の人に教えたい板取を紹介してもらいました。
a0026530_17523938.jpg
井口さんの板取での生活を綴ったブログがとっても面白いですよ!

a0026530_17430973.jpg

板取にきたらここに行っとかなかん!
として紹介したお店を少しだけご紹介!

じゃがいもドーナツのお店 夢ふうせん
イベント会場で長蛇の列を並んでも何個でも食べたい揚げたてのじゃがいもドーナツが名物。
夢ふうせんさんのカフェでお勧めしたいののがかりんエード!
a0026530_18095200.jpg
Open:AM9:00~PM17:00ごろ
定休日:4月~11月:水曜日
(水曜日が祭日の場合は翌日)
12月~3月:金、土、日のみの営業
Tel&Fax:0581-57-2267


お食事処 味女(あじめ)
今年7月で40周年になる味女さん。板取の人気のお食事処です。
特に揚げ方にこだわった揚げ物が絶品。うなぎが大人気ですが、
井口さんが特におすすめなのは裏メニューのささみカツ。
幸運にも巡り会えたらぜひ一度ご賞味あれ!
a0026530_18095593.jpg
お食事処 味女
岐阜県関市板取1710-2
TEL 0581-57-2663
営業時間 11:00~14:00
17:00~22:00
定休日 月曜


ケーキ喫茶店 niwa
板取唯一のケーキやさん。
ショーケースの生菓子、棚の焼き菓子、美人店主の美香さんにかわいい店内。
「こっちではケーキをあきらめよう、と思っていたら、あったんです!」と
井口さんはniwaを見つけた時驚いたそうです。
甘さ控えめでどれも美味しい!
a0026530_18123266.jpg
080-3686-1370
関市板取1691-1
10時〜17時
月曜定休


ヤウゼハウス温泉食堂
板取川温泉とともに20年続く食堂で、その集落の人たちが営んでいます。
料理に使われている野菜の8割は板取産。
人気の田舎煮はしゃくし菜や大根で漬物を作り、それを塩出ししたものです。
a0026530_18122833.jpg
0581-57-2033
関市板取4175-9
10時〜17時
定休日水曜日


あと、私がどうしてもお勧めしたいのが
田舎料理しゃくなげの地味噌ラーメン!
板取の多くの家庭では味噌を作ってました。その味噌を使ったラーメン。
だから普通の味噌ラーメンとは一味もふた味も違います。
豆がまだ残っている味噌で半熟卵とよーくあいます!

a0026530_18143729.jpg
営業時間/11:00~21:00
定休日/水曜日
tel:0581-57-2011


板取を特集したぶうめらん52号4月号は市内の道の駅や公共施設に設置してあります。
また、モネの池横のフラワーパークにも設置してありますよ!

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-04-22 08:00 | ディープな関の情報

日本刀ハサミがすごい!真面目な遊び心で世にない商品を!

a0026530_15040282.jpg

今日の日経MJにも掲載されていたニッケン刃物さんの「日本刀はさみ」。

この価格帯のはさみでは大ヒットとなっている。
平成28年1月に 2016の観光庁長官賞も獲得。
この日本刀はさみの開発者ニッケン刃物熊田さんに話を伺った。

「まさかこんなに売れるとは思わなかった」。熊田さんは笑う。日本刀はさみは20155月の発売開始からすでにシリーズ21,000本を突破。この価格帯のはさみでの異例のヒットとなっている。ヒットの要因はまさに「本気の遊び心」だろう。刃は日本刀のような反りで、刃文まで描かれている。持ち手は日本刀の柄(つか)のようだ。「刃文は通常バージョンでは『関の孫六』で有名な三本杉をいれて、信長バージョンでは、実際に信長が使っていた『のたれ刀』の刃文を再現しています」。確かに刃文が違う!細かい!信長バージョンには、柄には漆が使われ、下緒は、実際に刀の結び方を、一本一本手で結んでいるそうだ。



 日本刀はさみは、20147月ニッケン刃物の若手3人が、若手で新商品を考えようとコメダに集まったことからはじまる。「刃文が入っていたらおもしろいね」から、日本刀はさみのアイディアが広がっていった。その場で熊田さんがスケッチを描き、次の日会社で話をすると「これはおもしろい」とすぐにGOサインが出たそうだ。20152月に東京のギフトショーへサンプルを出店。多くのバイヤーの目に止まり、発売に弾みがついたのだ。今の売り先の8割はギフトショーの時のもの。今は浅草や清水寺など外国人がたくさん訪れる場所で販売されている。「若手で考えた第1弾の企画がヒットしたので喜びはひとしおです」と話す。

 熊田さんは旭中、関高校卒の31歳。2年前の6月に関に戻ってきた。前職はシャープで炊飯器の企画をしていたそうだ。「その時の商品企画やPRのノウハウがすごく活かされています」という。

 ニッケン刃物は今年創業70周年。実は、自社ブランドに本格的に取り組み始めたのは3年前で、それまでは依頼があって製造するOEMが主だった。OEMから自社ブランド化へ。中小企業の大きな転換を日本刀はさみで成功させつつあるのだ。日本刀はさみは、この勢いにのって1月に真田幸村モデル、忍者刀モデルを発売した。「今後も真面目な遊び心で世に出ていない商品を作っていきたい」熊田さんはそう話す。


真田幸村モデルが新発売されました!


a0026530_15051024.jpg


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-04-06 15:04 | ディープな関の情報

緊急インタビュー!牛乳星人さん、YOUは何しに関市にきたの?

「牛乳が公道を走っとる」
そんな気になる事件の通報がありましたので、早速関係者に調査しました。
話を聞いたのはこの人。関牛乳さん。
a0026530_12363223.jpg

確認したところ、走っているのは3対。

a0026530_12351474.jpg
関牛乳

a0026530_12350338.jpg
関珈琲

a0026530_12351808.jpg
そして???だれ?
では、本人に早速インタビューを。

北村:あの、まずあなたは誰ですか?
牛乳:関牛乳です。あとに2対は、関珈琲とビターヨーグルです。
北:あ、ビターなんですね。わかりませんでした。
関牛乳:沿道の人からも「関牛乳!」と言われて、それごとに「俺はビターだ!」と訂正しながら走っていました。

北:いつごろ関市にきたのですか?
関牛乳:はい、あれは昨年11月、洞戸キウイマラソンのためにこちらにきました。キウイマラソン10キロの部にでましたが、見事、パフォーマンス賞を獲得しまして。調子にのってあと2対仲間を呼び寄せました。

北:今回の関シティマラソンはどうでしたか?
関牛乳:私とビターはハーフマラソンに、関珈琲は10キロに出場しました。
北:え!その格好でハーフマラソン!暑くなかったですか?
関牛乳:ええ、猛烈に暑くて暑くて。私、低温殺菌なんですが、高温になると、私の良さが消えてしまうんです。
北:沿道の人からの声援も多かったですね!
関牛乳:ええ、嬉しいことです。
「関牛乳がんばれー!」とか
「いつも飲んでるよ!」とか
ゴール前では高橋尚子さんから、「関牛乳がんばれー!」と言っていただいてうれしかったです。

北:結局どのくらいの時間で走ったんですか?
関牛乳:はい、2時間17分でした。
北:確か2時間30分で打ち切り失格ですよね?
関牛乳:はい。何度も足がつってしまったのでギリギリでした。ビタくんは沿道のみなさんに「俺はビタだ」と主張しすぎて、失格でした。

北:ど、どんまい

北:関牛乳星人さんが走ると、ランナーは終わってから牛乳を飲みたくなるんじゃないですか?
関牛乳:はい、今回、関牛乳の販売もしました。が、まあーー売り上げに貢献できたかは未知数ですね〜。

北:ありがとうございます。今後は?
関牛乳:はい、あと2対仲間を呼び寄せる予定です。「関フルーツくん」と「関りんごくん」。これで合わせて「関ミルクファイブ」が誕生です。

北:が、がんばってください。

--------
インタビュー後、関牛乳の吉田社長にこっそき話を聞きました。

もとは、ボーリングの着ぐるみだそうです(笑)

それを、ペンキ屋さんにペンキを塗ってもらい、看板屋さんにシールを作ってもらって制作。
総額3万円だそうです。

ちなみに、今回の牛乳の売り上げでは、制作費を回収できなかったとのことです。

関シティマラソンの様子が動画でみれます!

おいしい関牛乳



ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-03-21 13:11 | ディープな関の情報

突撃!関のディープスポットno.2「エベレストカレーハウス」

2回目も開催できました。
突撃!関のディープスポット。
前回うなぎの店「そらは青いぞ」の記事が大変好評でしたので、
第2回も俄然やる気になりました。

第1回を超えるようなディープな場所を探しておりましたら、すぐ近くにありました。

本町4丁目のインドネパール料理のカレー屋さん「エベレストカレーハウス」です。
できたのは4、5年前でしょうか。
関市の東田原にある人気のカレー屋さん「カンティ」と同じ経営者のお店です。

なにがディープなのか。いろいろあるのですが、まずはランチの写真をご覧ください。
a0026530_13312908.jpg
日替わりカレー。
おかしなところはありません。
ナンも大きくてフカフカでとっても美味しい!しかもナンのお代わりOK!
多分ほうれんそうカレーでしょうか。中に入っているチキンもやわらかいです。
これで720円。

私が最初に気になったのは写真の右上、メニューにさりげなく書いてあること。
a0026530_13340629.jpg
「エベレストカレーハウスには日本語できるスタッフは今休みでネパールに帰っています。
今のスタッフ日本語少ししかわからないのでごきょりょくおねがいします」(原文ママ)

え!だ、だいじょうぶだろうか。
この文章自体も日本語あやしいのですが‥。

と思っていたときに注文取りにお兄さんがやってきました。
「カレーライス、卵トッピングで、ルーはチキンでお願いします」
お兄さんにっこりと笑顔を見せる
「これはわかってない!」と思い、
メニュー指差して「日替わりでお願いします」と伝えました。
お兄さん、大きく頷いて、
「○×○×○×○×○×○×○×か?」
まったく聞き取れません‥。
考えた挙句
多分「ドリンクどうしますか?」だと思い
「ラッシー」を指さしました。
お兄さん笑顔で厨房に戻ってきました。

笑顔がとっても素敵だけど、
お兄さん、日本語少しできるのではなくほとんどできない(笑)

しかもこんなときに、キャンペーンやってるんです。
「期間限定プレーンナンからチーズナンに変更は無料!」
これ変更お願いするのって結構ハードル高いのではないだろうか。

お店に詳しい方(日本人)に話を聞くと
店長は、お店に入って3年間馬車馬のように働いてきて、やっともらえた休暇で、
3ヶ月ネパールに帰っているそうです。いい話です。
そして、今の店員さんは1ヶ月前にネパールから日本にきたばかり。
厨房の方も日本語はできないそうで、このお店、今は、日本語話せる人がいません。

そしてもう一つエベレストのワンダーな感じがこちら。
a0026530_13503236.jpg
「祈祷してあります。フエンス・門扉への犬のオシッコやめて下さい。神様が怒っています。」
下には京都の神社のお札。

カレー弁当も安くて美味しいのでオススメですよ。
ちなみに、店長さんは5月ごろお戻りだそうです。
その前に行ってみるか、その後にいくか。

ちなみに、エベレストさんで英語のイベントの開催しています。
a0026530_13591580.jpg


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-03-10 14:02 | ディープな関の情報

突撃!関のディープスポットno.1 「うなぎの店 そらは青いぞ」

関市には、普段、市民でもなかなか行かないディープな場所があります。
あえて、そんな場所を行ってみて紹介しようという企画。

突撃!関のディープスポット

どれだけ続くのか、どのくらいの頻度でやるのか
まったく不透明ですが、とりあえず気まぐれで始めてみたいと思います。

さて、第1回は、「うなぎの店 そらは青いぞ」。
関はうなぎのまちといっても過言ではないほど、うなぎ専門店の名店が沢山あります。
辻屋、しげ吉、みよし亭、孫六、角丸

「おまはん、うなぎは何派やね?」

というのは、関のジンなら一度はしたことあるであろう会話。

そんな5つの専門店に割って入るのか!うなぎ専門店が密かにオープンしていました。
a0026530_10552417.jpg
a0026530_10564358.jpg
赤と青の文字の手書きの看板。安桜山の山際。
なにやら怪しげな雰囲気が漂っています。
オープンは3年ほど前で、できた当初から注目していたのですが、
今回はじめて行くことができました。

「そらは青いぞ」さんは、完全予約制。普通の民家というか店主の自宅で営業されています。
お座敷で2部屋あるようです。
メニューは基本的にうなぎ。「鴨肉」とざっくり書いてあるのも気になります。
値段は比較的良心的ですよね。並と上との違いが200円しかないということで、
上丼を頼みました。
a0026530_11053512.jpg
関では、タレをかけて、がっつりと炭火で焼き上げるうなぎが多く、
黒いうなぎが多いですが、こちらのうなぎの色は白いです。

食べてみると、うなぎが分厚い。しかも、ご飯の中にもかなり大きなうなぎが入っていて、
ご飯よりもうなぎが多いのかと思うほどです。
なにやら、タレには、自家製の蜂蜜を入れているそうで、甘めの味付け。
タレは、辛いタレと甘いタレと置いてあるので自由につけることができます。

店主は、以前、滋賀の旅館で働いている時にうなぎを学び、しばらく別の仕事についていましたが、
一念発起してうなぎ店を開店したそうです。

ネット情報では予約してもかなり待たされると書いてありましたが、
そこまで待つことなく、いただくことができました。

見た目は怪しげな感じですが、ゆっくり過ごすことができました。
一度お試しアレ。

    岐阜県関市西本郷通6丁目1−10


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-02-29 11:18 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル