関ジャーナル-関市のディープな情報とまちづくりのこと-

カテゴリ:CSVのまちづくり( 20 )




企業が地域の課題解決に取り組めばもっと地域は良くなる。せきの未来・社会貢献プロジェクト「みらプロ」はじまります!

103,275
776

この数字わかりますか?

上が、岐阜県内にある会社の数。
下が、岐阜県内にあるNPO法人の数。


今は、社会的企業とか、ソーシャルビジネスとかが広がっているし、一般社団法人等の新たな法人格もあるの
NPO法人のみが地域の課題解決に取り組んでいる法人格だと一概には言えませんが、

企業がほんのわずかでもいいので、地域の課題に目を向けてもらえれば、
地域は劇的に良くなると思うのです。

岐阜の企業の1%だけでも、1000社。

しかも、NPO法人の6割弱は専従職員を持たないボランティア団体。
基本的に専従職員を持って事業を回しているのがほとんど企業。


企業が本業で地域課題の解決に取り組んでほしい。
地域にいいことをして、自社の業績もあげてほしい
ぶうめらんとしては、そんな思いで、CSV/CSRに1社ずつ取り組んで来ました。
そんな取り組みが興味のある方は下記でごらんください!

そして、今年度、関市として、大きく取り組むそうです!

それが、せきの未来・社会貢献プロジェクト「みらプロ」。
いや〜これはとっても画期的な取り組みですよ。

「関市の事業所が社会貢献に取り組みやすい環境を作り、社会貢献活動を支援する仕組みづくりをすることで
事業所のブランド価値を高めて、さらに利用や消費を促進させる地域経済循環の話を構築すること」
が目的。

まず、今年度は、関市内の事業所に「寄付付き商品」を作ってもらったり、「本業による地域課題の解決」をする
取り組みをしてもらおうというプロジェクトです。

ぶうめらんとしてもこのプロジェクトのお手伝いをさせていたきます。

企業の社会貢献がちゃんと持続するために、ちゃんと地域課題の解決につながるためには、
企業側、NPO側両方に外してはいけないポイントがあります。

それは、企業としては、これから伸ばしていきたい、大事にしたい顧客の設定とその顧客に共感される寄付先や事業にすること。
また、NPOとしては、自分たちが誰のなんのお困り事を解決する取り組みで、自分たちに関わってくれているステークホルダーは誰なのかを明確にすることなどなど。

そんなあたりをサポートしていけたらと思っております。

そのスタートアップとして、下記のセミナーを開催することになりました。
「良いことをして良い業績につながる 募金百貨店から学ぶ地域貢献ビジネスの両立の方法」
a0026530_17433735.jpg
山口県の赤い羽根共同募金における「募金百貨店」の仕掛け人で著名な
久津摩和弘さんに関市にお越しいただきます。
こちらのセミナーは、企業対象のセミナーですが、この夜にNPO向けのセミナーも計画中です。
久津摩さんの話が聞ける貴重な機会ですので、ぜひぜひご参加ください。
こちらからお申込みできます。





ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2017-05-02 18:15 | CSVのまちづくり

三輪塗装×駄菓子屋カフェCHABU「子どもたちとの石鹸プロジェクト」がスタート

三輪塗装さんの新たな CSV活動がはじまります!
これまで三輪塗装さんは、
「富岡犯罪ゼロプロジェクト」として富岡自主防犯パトの会を支援したり、
地域振興券EKA券の発行を通した地域経済活性化への取り組みを行ってきました。
ぶうめらんとしてもこの取り組みをサポートしてまいりました。

詳しくは、三輪塗装さんのwebサイトをご覧ください!


そして、今回、新たな取り組みは「子どもたちとの石鹸プロジェクト」!

関市本町にある子育て支援に取り組む駄菓子屋CHABU(チャブ)さんと連携して実施します。

このプロジェクトは、チャブで講師を招いて、三輪塗装社員と小学生が一緒に石鹸のデザインを考案して
「デコパージュ石鹸」をつくります。
その一緒につくった石鹸を三輪塗装さんが工事前に近隣の家へ挨拶回り等で粗品として渡します。

このプロジェクトは、三輪塗装が工事前に近隣の家へ挨拶周りに粗品として配る石鹸を、
CHABUでデコパージュ石鹸の講師を招き、三輪塗装社員と小学生程度の子どもが一緒に
石鹸のデザインを考案し、デコパージュ石鹸を作るというものです。

 駄菓子屋カフェCHABUは、駄菓子の販売を通して、子どもたちの育成に取り組んでいる団体です。

小学生同士の縦のつながりから、地域の大人と出会う場として、安桜小学校の子どもたちを中心に広く

利用されています。


今回、CHABUの子育て支援の一環として三輪塗装と本プログラムを実施することで、CHABUを広報的、資金的な応援につなげます。



a0026530_10114755.jpg

作った石鹸をチャブから買い取ることで、チャブへの資金的
支援にもなりますし、このノベルティを配布することで、
子育て支援に取り組む団体を応援しているという企業の
イメージアップにもつながります。
さらに、今回は、三輪塗装さんの社員さんも一緒に取り組む
ところが素晴らしいことだと思います。
ノベルティを配布する社員さん自身が作った石鹸だと、思い
入れも変わってきますよね!

4/1の石鹸づくりは小学生以下のお子さんであればどなたでも参加できます!
まだ少し空きがあるそうなので、いかがですかー?
三輪塗装さんからのお土産もありますよ!


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2017-03-30 10:13 | CSVのまちづくり

柏の木を親子で植えて、その葉で柏餅を作ろう。虎屋さんのCSVプロジェクトがはじまります。

関の和菓子の名店「虎屋」さんのCSVの取り組みが動き出しました!
とらや柏餅プロジェクト

端午の節句に食べる柏餅は、「柏の葉は新しい芽がでるまで葉が落ちないから、途切れることにない
家系の繁栄を願って食べられる」んですって!

知ってました?

僕は全然知りませんでした。

しかも、柏餅に使われている葉っぱのほとんどが中国産。国産はほとんどないんですって。
それに以前から疑問を持っていた虎屋の古田社長は、

「じゃあ、自分たちで植えてみよう!」
せっかくなら、男のお子さんを持つ家族に、親子で一緒に植えて、その柏の葉を使って
柏餅を食べてもらおう!
とうことに。

すごくいい取り組み!流石です。

このお話を聞いたいのは、12月に開催した友田景さんを迎えてのCSVセミナーの打ち上げで
高橋商店さんで飲んでいた時。

ということで、すぐに、古田さんは5本ほど柏の苗を入手しました。
早速やってみることになりました。

今回は、とりあえずお試し。
本当に葉っぱがなるかわからないし、何年で何枚でるかがわからない。

ということで、参加費無料で5組だけ限定です。

すでに、この1年に男の子が生まれた家族が数組決まっているので、残りわずかです!
a0026530_09124429.jpg





by takayukin_K | 2017-03-16 09:14 | CSVのまちづくり

「企業とNPOとの協働」という言葉の違和感

書きたいことが溜まっていまして、記事がタイムリーではありません。

1月24日に企業とNPOとの協働現場訪問ツアーが関で開催されました。
これは岐阜県主催で、ぎふNPOセンターが運営しているもの。
こんな感じの内容でした。
関牛乳株式会社 × NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん
関牛乳株式会社の関のソウルドリンク「関牛乳」を子どもの頃から好きになってもらいたいという思いと NPO法人せき。まちづくり NPO ぶうめらんの高校生が地域づくりに関わる機会をつくり、関市への郷土愛を醸成 させたい思いが合わさり、関高校の文化祭での「関牛乳総選挙」など高校と企業の連携が生まれています。 工場を見せてもらいながら、企業と NPO が協働してまちづくりに取り組む思いをお聞きします。
関牛乳さんの工場見学をさせていただいて、
高校ぶうめらんと関牛乳さんのコラボした取り組みについて、そして、ぶうめらんが取り組んでいるCSVの取り組みについてお話しさせていただきました。
a0026530_19490399.jpg
僕も工場の中に入るのは初めて。
a0026530_19485515.jpg
真剣に話をしてくれる吉田宰志社長。
参加いただいた方々も、とってもよかったと言っていただけました!

それにしても、以前から「企業とNPOとの協働」という言葉に違和感を感じています。
何が違和感なのか少し考えてみたら、
「第1の顧客としての企業」
「第2の顧客としての企業」
を分けて考える必要があるのではという考えに至りました。

第1の顧客としては、通常の事業活動。車を売って、お金をもらうと同じことです。
NPOは「社会を良くするための」サービスを提供している団体。
「社会を良くするための」をとってしまえば、サービスを提供している事業所として
企業となんら変わりがないわけです。
ぶうめらんならフリーマガジンの広告枠を販売して、企業に買ってもらう。
これは協働というのだろうか。

第2の顧客としては、支援者としての立場で、企業に資源を提供してもらうこと。
子育て支援の活動をしていて、その場所をショッピングセンターとかが提供してもらうとか
地域の防犯活動の車の維持のために資金を企業に提供してもらうとか

今、これを両方ごちゃまぜで企業とNPOとの協働と言っているのではないでしょうか。

第1の顧客としての企業とのやりとりは、協働と言わないほうがいいんじゃないかな〜。
ここでは、NPOも企業と同じ土俵で選ばれなければなりません。
NPOの強みとして、社会性や市民とのつながりがあるとかがある。それは、企業としてのデザインが強みとか、販路が強みとかの強みのオプションの一つではないでしょうか。

第2の顧客では、企業的に言えば、CSR、CSV、社会貢献。
こっちを企業とNPOとの協働というのではれば、なんとなくしっくりくる気がします。

自分が企業とNPOとの協働を使う時には、この辺りを分けて考えようと思っています。

まあ、そもそも、企業との協働の違和感の根本は、NPOも企業と一緒にやることを特別視せず、
当たり前にサービスを提供して、連携するようにならないといけないということからきていると思います。

あ、決してこの事業をディスっているわけではなく、この企業とNPOとの協働ということが当たり前になる世の中にしなければいけないなーと思ったという話です。


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2017-02-01 20:12 | CSVのまちづくり

味噌牛乳が関牛乳の商品になる!?関牛乳総選挙in関高校

今、密かに進んでいる、高校生ぶうめらんと関牛乳のコラボ。
「味噌牛乳づくり」

本当に大丈夫か!!!

という感じですが、着実に進んでいるのです。
今月のはじめには、関牛乳さんと、味噌屋さんが高校生MTGにきてくれて、
実際にいろんな味噌をまぜて飲み比べをしました。

もともとは、関牛乳総選挙として、関高校の文化祭にて
「関牛乳の中に入れるのなら、どれが美味しい?」
を高校生に投票してもらったことがはじまりです。

その流れを漫画形式にまとめました。

a0026530_21431726.png
はてさて、味噌牛乳はどうなるのか。
なにやらお正月の三が日に善光寺で実際に販売してみるとかしないとか。
乞うご期待です!


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-12-24 08:00 | CSVのまちづくり

最強の関牛乳のパートナーはどれか!関牛乳総選挙in関高校文化祭

こんなにテレビに出たのは、生まれて初めてかもしれません。
9月6日にNHKのほっとイブニングぎふ、夜9時前のニュース、CBCのイッポウ、ぎふチャンのステーション。なんと4つ!しかも次の日に中日新聞、岐阜新聞にも!
すごいでしょ!

ただし、このスタイルで(笑)
a0026530_11021747.jpg
関牛乳星人。
ちなみに左が私です。
関コーヒー星人。

僕らは、関牛乳といえば、すぐに飲みたくなるあの味を思い出すのですが、
今の関高校生にはそれが少ないようです。
なぜなら、関牛乳の自販機が関高校にはないから!
関牛乳を関のソウルドリンクとして売り出そうということでこの取り組みがはじまりました。

このあたりの経緯はセキビズの松浦副センター長がブログに書いてくれています。

せっかくやるのだから面白いことをやろう!
ということで、高校ぶうめらんの編集部に協力を依頼して、
関牛乳になにを混ぜたらおいしいのか!
関高校の文化祭で総選挙をしてみようということになりました。

まずは、編集部のみんなで、立候補者を絞る調査。
a0026530_11091496.jpg
そこで選ばれたのが、
あんこ、緑茶、マロン、きなこ、味噌汁。
み、みそしる?

誰しも一度目を疑うのですが、編集長の加藤くんが一押しです!

投票箱もせっかくならと選挙管理委員会から本物を借りてきました。
18歳選挙の練習も兼ねて。
a0026530_11143111.jpg
こんな感じで全種類試飲してもらいます。
a0026530_11150516.jpg
取材をうける牛乳星人(社長)。シュールです。
a0026530_11145652.jpg

最終的には、こんな結果になりました。
投票数は153票。
a0026530_11160885.jpg
グリーンティーがダントツ1位でしたが、個人的にはみそ汁が大健闘!

当初「商品化」等は考えていませんでしたが、マスコミに囲まれて、
「商品化を検討していきます」
と社長が答えちゃっていました(笑)
楽しみが増えました!

ぜひみそ汁を商品化お願いします!

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-09-09 11:18 | CSVのまちづくり

関市にお金を落として!三輪塗装さんが地域振興券を発行

関市東新町で外壁塗装やリフォーム事業を手がける有限会社三輪塗装さんが、「地域振興券Eka」を発行しました。
一つの企業が地域振興券を発行するのはとってもめずらしいことで、
ぶうめらんとしても、協力させていただいております。

三輪塗装さんは、平成27年度に
「人や街に安心、安全、元気を提供する」
ことを経営戦略として策定し、地域貢献事業にも力を入れています。
これまで、富岡地域の青パトの活動支援や市民オープン講座等を実施していました。

これまでのレポートはこちらから


三輪塗装CSV活動「富岡犯罪ゼロプロジェクト」の記者会見を行いました。


その取り組みの一つとして、今回、地域振興券「Eka券」を発行しました。
Eka券」は、三輪塗装さんが、イベントや、お客の紹介のお礼、
施工金額の割引等で発行し、
もらった人が、それを市内の提携したお店で使える仕組み。

社長の三輪雄彦さんは、
「関市内には、素晴らしいお店がたくさんある。
これまで、現金で割引を行ってきたが、
せっかくなら地域のお店で使える
仕組みができないかと考えた」と話します。

Eka券は、年間約50万円分を発行し、まずは市内15店舗程度の飲食店で
使えるようにする予定です。

発行は7月ごろからを予定しております。

問い合わせは三輪塗装さん

a0026530_11352553.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-06-27 07:35 | CSVのまちづくり

みんながちょっと公に開放することで、地域は変わる。三輪塗装さんが「ついで」に著名な講師によるカラーセミナーを開催。

まちづくり、地域活性化、大上段に構えると、議論だけでなかなか進まなくなりませんか。
特に男性が多いとそうですね。そもそも論だけで進まない。
進まないと、つまらなくなってメンバーが減ってくる。

まちづくりに特効薬はなく、長年かけてじわじわ変わってくるものです。
長年かけるためには無理は禁物。
やはり、「ついでに」、「ちょっとだけ」が大切なキーワードになります。

最近そのついでのちょっとだけの取り組みでいいな〜と感じることがいくつかありました。

まず一つ目が氷見市。
先月話題になっている氷見市の新庁舎に視察に行ったのですが、
その時一番感心したのは、
「視察に来た人をただで帰さない!少し職員向けに話をしてください」
というもの。
視察には、えらい大学の先生や、専門家がたくさん来ます。
それをただで帰すのではなく、少しだけ突発的なセミナーが開催されています。


そして、昨日、地域のCSVに積極的な三輪塗装さんが、市民講座「カラーセミナー」を開催しました。
これもある意味「ついで」。
三輪塗装さんの来店ルームの仕事をしたカラーコーディネーターの黒田さんが福岡から関市にくるとのこと。
その時に、せっかくなので、市民向けにカラーのセミナーをしてもらおうと開催されました。
a0026530_15591171.jpg
とってもいい取り組みですよね。
企業にもいろんなすごい専門家に仕事を依頼することもあると思います。
その時に、ついでにちょっと話してもらう。
そういう企業が増えれば、生涯学習のレベルもぐぐっとあがるのではないでしょうか。

そして、「ついで、ちょっとだけ」をまち全体にまで広げたのは、
小布施の「オープンガーデン」ですよね。

オープンガーデンとは
個人の庭などを一般の方に公開する活動のことです。1927年にイギリスで創立されたNGS(ナショナル・ガーデン・スキーム)という善意団体が、個人の庭園などを一般の方々に公開し、それに関わる収益を看護・医療などに寄付した活動が、オープンガーデンの始まりと言われています。

統一した花を育てているわけではなく、それぞれの家が、好きな花を育てているので、
四季折々いろんな姿を楽しむことができます。

地域のみんながちょっとだけ、ついでに開放してもらえることを
中間支援団体としてコーディネートしていければと思います。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-02-06 08:29 | CSVのまちづくり

大学生の就職観「人のためになる仕事をしたい」人の率は近年下がっている

CSVのセミナーをやらせていただくときに、前段として
なぜCSVなのかという話をします。
そのときには、
「多くの社会課題がつながりの不足から生まれているものだから」
「第4の消費として、社会的な消費、つながり消費が求められているから」
という2点が主です。
ただ、最近、果たしてそうなのだろうかというデータがでてきました。

昨年11月の日経MJに載った記事
「しぼむ社会的消費」
それによると

---------------
1990年代の「エコロジー」に始まる「社会的消費」はほぼ一貫して広がり続けた。

消費者庁の「倫理的消費研究会」にマーケティング会社のデルフィスが提出した調査結果が
参加者にちょっとしたショックを与えた。
地球のことを考えた消費やライフスタイルに「興味がある」人の割合が09年の59.8%
から15年の45.4%へ、ほぼ一貫して減少していたからだ。
---------------
 社会的消費への意識は上がっているかと思いきや、2009年から下がっているそうです。
また、学生の仕事への意識も。

-----------------
マイナビが大学生に聞いている就職観。
02卒では10%にも満たなかった「人のためになる仕事をしたい」という回答が
13年卒では19.2%と2倍以上に。しかし15年卒では14.8%まで減少し、16年卒も16.3%にとどまる。
---------------
私にもこれはおどろきでした。
「人のためになる仕事をしたい」という人は多少なりとも増え続けているのではなかと思っていたからです。その感覚は、2013年くらいまでのことなんですね。
a0026530_23283398.png
何が原因かわかりません。
社会的消費の意識は少しずつさがっているということも考慮に入れながら、企業に提案していかねばなりません。
それでもまだ6人に1人はそいう意識の子はいるということが希望ですね。


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-27 23:32 | CSVのまちづくり

一社一村運動が面白い

明日は、IIHOEの川北秀人さんに関市に起いただき、地域委員会により地域の自慢大会です。
川北さんには前日入りしていただいてお食事をしながら色々と相談させてもらいました。
まさに役得!

いろんな話を伺った中で、今ぶうめらんとして取り組んでいるCSVサポートについても聞きました。
地域の中小企業がもっと地域の課題解決に向けて取り組みをしてほしい。
今、共感してもらえた企業さんとCSV活動をしていますが、これは、自分たちが
間に入って話をして企業と地域の課題をつなげてできるもの。
これを広げるためには、仕組みが必要だと感じていました。

そのあたりを聞いてみるとズバリ。
すでに、仕組みとして取り組んでいる事例をおしえていただけました。

それは静岡県が取り組んでいる「一社一村しずおか運動」。

---------

~めざせ!企業と農村の協働による地域の活性化~

一社一村運動の目的は協働活動による地域の活性化。農村の要望である「人手がほしい」「交流を増やしたい」「安定した顧客がほしい」「一緒に特産品を開発したい」と、企業の要望である「社会貢献をしたい」「社員の福利厚生に活用したい」「地域の資源をビジネス化したい」のニーズを結びつけ、協働活動を行うことで、都市と農村の交流が生まれ、地域の活性化を促進するという仕組みです。

---------


会社が、サポートする農村を表明。そこと協働で活動する事業です。

もともとは韓国が発祥なんですね。静岡では2005年にはじまっています。
HPで農村からの要望、課題がアップされており、それを見て、企業は選ぶことができます。
これまで41件の認定事例があります。

というか、調べてみると、岐阜県でもやっとる‥。
しかもそこそこ活発に。
失礼しました、知りませんでした。

こういう取り組みは、企業の発掘や実際の地域との調整事項が大変だと思うのですが、
どこまでできているんでしょうか。
みずほ総研からでている214年のレポートによると
http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/pl141217.pdf
企業数がすくないこと
交流にとどまり新事業までいかないこと
が課題に挙げられています。

企業は単なる社会貢献では手をあげるところは少ないでしょう。
企業内に戦略的CSRと位置付けて、その戦略にあった地域課題と組むことが必要です。
ただそのあたりはちゃんと提案しないとなかなか気がついてもらえないと思います。

韓国も、静岡、岐阜も基本的に農村が対象ですが、べつに農村じゃなくても全然いいんですよね。
関市の地域委員会からも、困っていることを、地域の課題を表明してもらって、
企業が、サポートする地域委員会を表明してもらうこともできそうです。

いろんな可能性がありますね。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

お前は誰だと言われれば。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-01-23 23:56 | CSVのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。好き勝手やってますが、たまにまちづくりを暑苦しく語ります。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル