せき・まちづくりNPOぶうめらん代表 関のまちづくり論

カテゴリ:本によるまちづくり( 71 )




関で読書が進むお店を認定!第1回「関の読書スポット」。

関の読書推進実行委員会のイベント「ほんのいっせき」。

読書推進にまつわる様々な取り組みをしておりますが、
今日は、関で本が読むのに適したお店を認定しました。

「関の読書スポット認定」

ほんのいっせきは「本とまちと人をつなげる」をテーマに取り組んでいます。
今回は、本のイベントに参加していただいた方などに、本が読める場所はどこですかとアンケートをとり、その結果をもとに、実行委員会で議論や実際に赴いて、選定しました。

今日は、認定店の一つカフェ・ド・ギャラリーアダチさんに、認定証を渡してきました。
店長の小森さんと一枚。

a0026530_16195275.jpg

今回の取り組みの想いは、まちづくりをやっているものとしては、せっかくなら、本を持ってまちにでて、まちの良さも楽しみながら、本も楽しんでほしいとの考えからです。


今回は選定したのは7店舗。

板取川温泉バーデェハウス休憩所

アートギャラリー是

カフェ・ド・ギャラリーアダチ

カフェほんわか

珈琲香房ひと葉

我も幸

迫間不動極楽茶屋


僕は全部のお店に行ったことありますが、どこもとっても読書が進みます。

特に僕的には、武芸川のアートギャラリー是さんの椅子の高さと肘掛の高さが、読書に絶好です。

この椅子は、お店のマスターの自作だそうです。



「ほんのいっせき」では、現在、「まちなかイベント」を開催中です。

http://honnoisseki.com

まだまだたくさんのお店で本にまつわるイベントやってます。




ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2017-03-14 16:22 | 本によるまちづくり

ピクニック図書館やりました!

11月13日日曜日に関の読書推進企画「ほんのいっせき」のイベント「ピクニック図書館」を実施しました。
イベント内容はこちらを参照してください。

天気は快晴。しかも紅葉のピークとのことで、想像以上のお客さんが来てくれました。
まだ最終的な人数は集計できていないですが、家族連れも多かったので300人から500人くらいは来て本を読んでいってくれたのではないでしょうか。
ありがたいことにNHKさんも取材していただいて、お昼と夕方のニュースに流していただけました。
実行委員長として僕も5秒ほどしゃべった姿が映りました。
a0026530_16435495.jpg
こんな感じで、読書推進委員が本を一箱選書。

a0026530_16440031.jpg
家族連れで本を楽しむ姿や、お一人様で芝生に寝転がって本を読む姿、スーツ姿で一人で読書を楽しむ市長などなど、多種多様な方々の読書姿を見て、これは相当な良い企画だったと確信しました。
a0026530_16351003.jpg

私の棚はこんな感じ。
ぜひ読んでほしい野球と相撲の本棚。
その日から大相撲九州場所がはじまるとういうことで選びました。
a0026530_16491875.jpg
個人的には、自分が選書した本がどれだけ借りられたかが気になるところです(笑)

今年のほんのいっせきは、毎月本が読めない理由に対する企画をやっていきます。
来月は「目を気にせず本が読みたい人のための講演会」です。
http://honnoisseki.com


ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-11-19 16:55 | 本によるまちづくり

公園の芝生で読書するって気持ちいですよね

僕は家だとなかなか本が読めないんですよね〜。
昔から、本を読むために、喫茶店に行ったり、公園にいったり、してました。
いろいろ試しましたが、結局一番本が読めるのは、トイレと電車でしたね。

関の読書推進のために取り組んでいる読書推進イベント「ほんのいっせき」。昨年までは大きく、3月に本のイベントを開催していましたが、今年は、いろんな「本が読めない理由に対しての企画」をということに取り組んでいます。

11月のイベントは「ピクニック図書館」です。
百年公園の芝生の上で本を読もうよという企画。

気持ちいいい芝生に、本と、テントと、ピクニックシートを用意しました。

読書推進委員のメンバーが一人一箱、本を選書。
そこから本を選んで借りてもらうと、ピクニックシートをお貸ししますので、芝生の上でゆっくり本を読んでいただけます。
お越しいただけた方全員に、「しおりちゃん」オリジナルしおりをプレゼントしまーす。
日時:11月13日(日)10:00〜15:00
場所:百年公園芝生公園


a0026530_11281208.jpg
ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-11-06 11:45 | 本によるまちづくり

デイサービスに本棚を。

昨日、ブックエカに、ラクアデイサービスの皆さんがきてくれました。
ラクアさんは関市、岐阜市に3店舗のデイサービスをしています。

今回来てくれたのは、LAQULABO(ラクラボ)という名の社員自由参加の会議だそうです。
職員の自由なアイディアを取り入れてサービスを向上させることが目的。
こういった会議を通して、ラクアのブランディングを高めていこうという取り組みだそうです。
三鴨社長、常務含め、7人の方がきていただけました。

今回の会議の議題は、プレゼンの天才、宇佐見将太君の発案でデイサービスに、本棚を置こうというもの。
今、デイサービスにはゴシップ系の週刊誌が置いてあるだけとのこと。
もう少し利用者の皆さんが楽しめる本をという思いだそうです。

3つの施設に置く本棚の本をピックアップ。

細かい字は読みにくいからできるだけ視覚に訴えるものにしよう
戦前生まれも多いから戦争の本やら、
バイク好きな人がいるからバイクの本。
銀行出身の人も多いから「関信用金庫90年史」。
岐阜の歴史の本、美術の本、なぜかウォーリーを探せまで。

利用者さんの顔と好みが浮かんでいるので、
統一感がなさそうで、ある本の選書となりました。
完成、ラクアの本棚。
a0026530_09530415.jpg
a0026530_09530011.jpeg
a0026530_09525560.jpeg

なんか愛のある選書だと思いませんか。

1ヶ月で3つを入れ替えて、3ヶ月経ったらまた選書をしに来てくれます。
こういう取り組みでブックエカを使ってもらえるのは本当に嬉しいことです。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-09-30 09:53 | 本によるまちづくり

初めての本のガレージセール

ブックエカの本が整理しきれず、倉庫がいっぱいになってしまいました。

そこで、
今日はブックエカ本のガレージセールやってまーす。
全部一冊20円。

朝から結構な人が来てくれて、こんな本あったのかとちょっと悔しくなる本も発掘されてます(笑)
9月25日今日は15時過ぎまで、
明日も10時から15時でやってます。

場所は貴船神社裏の倉庫でーす。

a0026530_11474902.jpeg

a0026530_11480827.jpeg
a0026530_11482820.jpeg

a0026530_11485391.jpeg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-09-25 11:33 | 本によるまちづくり

「本を1ヶ月に1冊も読まない市民。特に読みたくても読めない人」に対して、本を読むきっかけを提供する

昨夜は、関の読書推進実行委員会でした。

一昨年から始まったこの委員会は「ほんのいっせき」という
本のイベントを2年間開催してきました。

3年目の今年も実行委員長をさせていただきます。

a0026530_22150795.jpg

今年度新しい公募市民メンバーも加えてスタートということで、
この事業の「目指す姿」と「ターゲット」という根本を話し合いました。


○目指す「読書のまち関市」とは何か
「本をよむきっかけがたくさんあるまち」。

本をよむ環境があるまち、図書館の利用者数が岐阜県ナンバーワンのまちなどなど
たくさん意見がでましたが本を読むきっかけ、出会いがたくさんあるまちが
一番しっくりきました。
大事なのは、外から本好きを集めることが目指す姿ではないということです。
全国様々な場所で本のイベントをやっていますが、ほとんどが本好きのための取り組み。
そこを履き違えないようにしないといけません。


○ターゲットは誰か
「本を1ヶ月に1冊も読まない市民。特に読みたくても読めない人」。
この人たちを、1ヶ月1冊だけ読んでもらうようにすることが成果目標です。
統計によると日本人の半数が1ヶ月に1冊も本を読まないのです。

特に「読みたくても読めない人」というのが大事です。
読みたくても読めない人の理由を聞いてみると
・時間がない
・老眼などの目の問題
・読みたい本がわからない
などなどあげられます。

今年度この実行委員会では、この読めない理由ごとに、企画を打っていくことにしました。
目の問題には、眼科医の先生に話をしてもらったり‥。

今年も楽しみです。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-08-05 07:13 | 本によるまちづくり

『ヨレヨレ』のことを描いた『へろへろ』がおもしろい

4月は3冊の本を読みました。
最近本が全然読めていません。
時間をとってなんとか読みたいな〜と思っています。
読んだのは3冊でしたが、どれもいい本ばかり。

特に今回よかったのが
へろへろ
先日京都にいった時に話題の雑誌「ヨレヨレ」ゲットしました。
福岡市にある「宅老所よりあい」のドタバタ劇をかいた雑誌で、
キャッチコピーが「ぼける前に読んでおきたい「宅老所よりあい」のおもろ雑誌」(笑)。
突き抜けてます。
谷川俊太郎がっつり関わってて読み物としてもおもしろい。
しかも、奇をてらっているわけではなく、ちゃんと「よりあい」の想いが伝わって来るのです。
この雑誌はすごい!

そのヨレヨレを作った人が書いた本が「へろへろ」なのです。
最初、「ヨレヨレ」はよりあいの内部の人が作っている会報誌なのかな〜と思っていたのですが、
全く違いました。
れっきとしたプロの編集者がつくっています。
しかも、会報誌ではなく、ちゃんと売るために作っている。
作者の鹿子さんは、よりあいの世話人で、じっくりと関わってきた信頼関係の
中でつくられていました。
その経緯がじっくりと面白く描かれています。


2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:779ページ
ナイス数:2ナイス

へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々
読了日:4月19日 著者:鹿子裕文
きみの鳥はうたえる (河出文庫)きみの鳥はうたえる (河出文庫)
読了日:4月14日 著者:佐藤泰志
山に生きる人びと (河出文庫)山に生きる人びと (河出文庫)
読了日:4月12日 著者:宮本常一

読書メーター




by takayukin_K | 2016-05-11 08:37 | 本によるまちづくり

「栗山圭介『国士舘物語』出版記念トークライブ」を開催しました。

今回の関の読書推進イベント「ほんのいっせき」で私たちブックエカが主催したイベント
「栗山圭介『国士舘物語』出版記念トークライブ」を開催しました。

然の膳さんに場所を借りて開催しましたが、定員40人を超える超満員の中での開催となりました。
本当にありがとうございます!

今回は、本のことはもちろん、栗山圭介さんの仕事のこと、生き様のこともお話いただきました。
参加者の皆さんには、A4の紙に栗山さんへの質問、聞きたいことを1つ書いてくださいとお願いしました。
それを前に貼って、質問した方とやりとりしながらすすめました。
a0026530_16173825.jpg

前から見ていて、みなさん、栗山さんへの視線がすごかったです。
楽しんでもらえてやってよかった!

終了後、栗山さんから「いい会だった!やるじゃん!」とお褒めの言葉をいただいて、本当ほっとしました。

もちろん私も『国士舘物語』読みましたが、すごく面白いです。
やんちゃだけどナイーブな男たちの大人になる葛藤が描かれていて、
端々に栗山イズムが注入されていました。
1980年代の大学の話。ちょっと世代が違うので受け入れるか心配でしたが
まったくの杞憂でした。
いつの時代もおんなじ。最後に描かれる50代となった彼らの生き様に
共感できる人がいっぱいいるのではないかと思いました。


準備をお手伝いいただいた南波さん、矢本さん、会場提供だけでなく様々なお気遣いいただいた川嶋さん、
そして遠路かけつけていただいた栗山圭介さん、ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-03-20 16:44 | 本によるまちづくり

店主が選んだ本は、その人の人柄がみえてくるようで楽しいですね

高遠ブックフェスティバルをみてから、関市でもずっとやりたかった「まちなか古本市」。

それがついに19日、20日に開催されます。
まちなかのお店の店主が選書した本を一箱に並べていただいて、お店の前にだしてもらいます。
本町通り商店街を中心に17店舗のお店が協力していただけました。

すでに、フラッグをつけていただいているお店もありますが、
これが本町通りにいっぱいならべばすごくいい雰囲気ですよね〜。
a0026530_13031357.jpg
a0026530_13030141.jpg

店主が選んだ本は、その人の人柄がみえてくるようで楽しいですね。
すでに本を選んでいただいている虎屋の古田さんは、「ちょっと恥ずかしいな〜」と言いながら昔の角川ホラー文庫を中心に文庫本選書してくれました(笑)
a0026530_12590025.jpg

本をきっかけにお店も覗いていただいて、店主とも交流してもらえるとうれしいです。
ただ、明日は雨の予定なんですよね。明後日は晴れです!
雨でも開催します。本町にはアーケードが残っている区間もありますのでぜひぜひ!
a0026530_08391120.jpg



ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-03-18 12:17 | 本によるまちづくり

関は『こわい本』をつくればいいんじゃない。

12日土曜日に「ほんのいっせき」オープニングイベントを開催しました。
a0026530_00075927.jpg
当日には、中日新聞さんにも大きく取り上げていただけました。
a0026530_23481182.jpg
老けてみえる‥。

その中でも、ブックディレクターの幅允孝さんの講演会がメインイベント。
私にとってすごく刺激を受けて勉強にある話がたくさん聞けました。

特に、城崎温泉の話。
本と温泉として、ほんによるまちづくりに取り組んでいます。
城崎温泉といえば志賀直哉の『城の崎にて』が有名なように、
多くの文学者が逗留して小説を書いた場所です。

それを土台に、現代の作家にも城崎で城崎のことを題材とした小説を書いてもらおうというもの。
「プリンセストヨトミ」等で有名なエンタメ作家の万城目学さんが実際に志賀直哉が泊まった旅館の泊まった部屋で小説を書いたそうです。
それが、『城崎裁判』。
a0026530_23592591.png
(本と温泉HPより)

見てのとおりタオル見たいなのですが、実際にタオルだそうです。
つまり装丁がタオル。
地産地読を掲げて、城崎でしか買えないのです。
その徹底ぶりがすごい。次は、湊かなえさんが書くそうです。

講演終了後幅さんとお話しさせてもらいました。
関市だったらやはり刃物のまち。
どなたか小説かに関市について書いていただいて、装丁を刃物にして
「こわい本」なんてしたら面白いよね〜なんて話していました。

昨年のゲストのブラザートムさんからは「絵本のまち」として、市民みんなが日常を絵本にするといいよねというアイディアをいただきましたし、今年は「こわい本」。

2年間読書推進イベントをやりましたが、実際に事業、プロジェクトに取り組んでいかねばな〜と感じています。

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」




by takayukin_K | 2016-03-14 17:08 | 本によるまちづくり

岐阜県関の魅力を発信するウェブメディアです。関市のディープな情報と、まちづくりのお話。
by takayukin_K
プロフィールを見る
画像一覧

お仕事のご依頼

講演、セミナー、まちづくりのお仕事のご依頼をお待ちしております。

講演内容等はこちらからご確認ください。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

まちづくりのお仕事は、コミュニティ組織のお手伝い、市民協働によるまちづくり、CSVによる企業価値向上のお手伝い、広報誌作成支援等行っております。

お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いします。
http://www.vousmelan.com/mailform/

ツイッター

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ブログジャンル