『ハゲタカ』を読みすぎてNPOの乗っ取りを考えてみた。

この1ヶ月で真山仁の本を6冊読みました。

ハゲタカ上下
ハゲタカ2上下
当確師
バラ色の未来

a0026530_16005361.jpg
いやーおもしろい。
ここ最近は、完全に頭の中が、ハゲタカモードで、いけてるNPOの事業とかみると、

「その事業買収できんかな」
なんて考えている自分にびっくり。
「抵抗したら敵対的でいっちゃうよ」みたいな・・・。

どうでもいいですが、NPOって乗っ取りが簡単なんです。
基本的に法律的に「開かれている」ことがもとめられているので、
会員になりたい人をこばめない。

定款の雛形には、

(入会)

第7条 会員の入会については、特に条件を定めない。

2 会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとし、理事長は、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。


という項目があるわけです。さらに、総会の権能として、雛形にはこう載っています。

(権能)

23 総会は、以下の事項について議決する。

(1) 定款の変更

(2) 解散

(3) 合併

(4) 事業計画及び予算並びにその変更

(5) 事業報告及び決算

(6) 役員の選任又は解任、職務及び報酬

(7) 入会金及び会費の額

(8) 借入金(その事業年度内の収益をもって償還する短期借入金を除く。第49条において同じ。)その他新たな義務の負担及び権利の放棄

(9) 事務局の組織及び運営

(10) その他運営に関する重要事項

つまり、(6)から、
10人の正会員がいるNPOだったら、11人悪意のある正会員がはいれば、総会で理事の解任ができちゃうわけです。
別に、(6)は入れなければいけないことではないので、役員の選任は、総会の権能ではなく、
理事会の権能にしてしまえばいいのですが、雛形がこうなっているので、こうしているところがほとんど。

ボランティアが多かったNPOの時は別にいいですが、ソーシャルビジネスとか事業型NPOとか、
事業をやっているところが増えて来ている昨今、企業のように乗っ取りも十分ありうります。

まあ、基本的にNPOの事業は、その理事長はじめ、役員の方々の能力や個性つまり、人に依っているものが多いです。
なので、乗っ取って、その人がやめてしまえば、事業として回らなくなることが多いでしょう。

ただ、最近の全国的に広がっている小規模多機能自治組織/地域運営組織。
概ね小学校区の人たちでまちづくりをする組織ですが、
法人格を取るときにNPO法人を選択するケースも増えています。

その地域の運営する組織が乗っ取りにあってはいけないと
今、あらたな法人格をつくる検討がされています。

そんなことをつらつら書きましたが、私がこの記事を書き始めた理由は、
この告知でした(苦笑)

a0026530_16324168.jpg
『ハゲタカ』著者真山仁さんの講演会が今週日曜日です。
席数残りわずか!
こちらのサイトから申し込みできます!



ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」

by takayukin_K | 2017-03-22 16:33 | 中間支援のまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K