関市PTA連合会とぶうめらんが連携が決定!ぶうめらんが関市内の小中学校へ配布。

『関・再発見フリーマガジンぶうめらん』を発行して今年6月で10年になりました。


これを機に、フリーマガジンを大きな改訂しようと取り組んできましたが、

この度、関市PTA連合会さんと連携させていただくことが、昨日の関市小中学校PTA会長会で決まりました。


改訂のコンセプトとしては、

「関が戻ってきたいまちになるメディア/親が関に戻ってこいと自信を持って子どもに言えるようになるメディア」


これまでは、広く関市民に「関のミディアムスローライフを提案する関のネタ帳に」ということでやってきました。

もう一度NPO法人ぶうめらんのミッションである、「若者が関に戻って住み続けられるまちに」に改めて立ち返り、対象を絞ることにしました。


子どもたちに、「戻ってきたい」と思ってもらうことは大切ですが、それと同時に、保護者が関の良さを認識し、子どもに伝えていただくことが大切と感じています。

郷土教育は盛んに行われてきておりますが、繰り返し定期的に伝えていくことが大切です。

ぜひ郷土教育の一環として、対象とした保護者のかたに直接この想いを届けたいと考えました。


連携の内容は下記です。


⑴フリーマガジン『ぶうめらん』の中に、約2.5ページの関市PTA連合会公認広報紙を作成します。

 取材、記事作成、編集はPTA様と協力しながら、ぶうめらん編集部にて行います。


  (2)配布協力:PTA広報紙として『ぶうめらん』を各学校から長子への配布いただきます。


 関市PTA連合会の会長を長年務めた太田塗料の太田尚文さんに相談にのっていただき、両者がwin-winになれる連携方法を考えてきまいした。

 PTA連合会さんにとっては、役員ではないPTA会員になかなか連合会の活動の周知ができてこなかったという課題があったそうです。その点を、ぶうめらんと連携することで、手間とお金がかからずが広報紙を作成し、課題解決に役立ててもらえないかと考えております。


 今回ぶうめらんは改訂準備のため6月号をおやすみさせていただきました。

 次号は発行日も変更して9月1日に発行予定です。


 内容もパワーアップいたしますので、ぜひぜひお楽しみに!!


 

a0026530_11335410.jpg

関市PTA連合会の富田会長と。
ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」

by takayukin_K | 2017-06-23 11:35 | 地域メディアのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K