広報誌は情報発信だけではなく、つながりづくりのツールとして位置付けよう

もう先週のことになりますが、3/3に、瑞穂市の社会福祉協議会の職員研修にて
「面白く、読んでもらえる広報誌の作り方」セミナーでした。
30名近くの職員さんが参加してくれましたが、多くが、広報誌に携わっている方々。
とってもやりやすかったです。

今回のセミナーのゴールとしては、社協の広報誌をもっと読んでもらえるために、一つでも変化がおきること。

そもそも、社協だよりを読んだ後、「誰にどうなってもらいたいのか」という点を
投げかけながら、
ぶうめらんはじめ、広報誌のコンセプトの事例と、「変化を起こす」ためのポイントをお話ししました。

そして具体的に
・魅力的な特集の作り方
・取材の方法
・素人がちょっとだけ写真をうまく撮るポイント
・文章のポイント
・見出しの大切さ

をお話しした後、事前に見せてもらっていた瑞穂市社協さんの広報誌を講評しました。

このテーマでのセミナー1年ぶりだったので、内容を大幅にリニューアルしました。

変えていない大事な部分は
「広報誌をたんなる情報発信の道具としてではなく、つながりづくりのツールとして位置付けよう」ということです。

みなさん、忙しい業務の中、広報を分担して、自分の担当分を作っていますので、後回しになりがちです。
でもそれではもったいない。
少し時間を使って、今後、社協に関わってもらいたい方々を巻き込みながら冊子をつくることによって、その方々を傍観者ではなく、当事者にできます。
広報誌は、経営的に今後つながりたい方々と、簡単につながることができるツールです。
ぜひ経営戦略の中に広報誌を位置づけてもらえるといいと思います。

a0026530_11504183.jpg

ーーーーーーーーーーー
ツイッター ゆるくつぶやいています。よければフォローお願いします。

私のプロフィールです。

せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

読書空間と古本のお店
コミュニティブックカフェ「ブックエカ」

by takayukin_K | 2017-03-11 11:50 | 地域メディアのまちづくり

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K