「きのこそば」が絶品の助六さんは「とろろそば」も絶品だった。

以前、きのこそばが絶品すぎると紹介した「蕎麦きり助六」さん


私はまたすごい蕎麦に出会ってしまいました。
それはとろろそばです。
a0026530_13194162.jpg
とろろそば(1,400円)

どうですか!このお椀いっぱいのとろろ!
とろろそばは冷たい方とぬくとい(温かい)方の両方ありますが、なによりこの温かいのが絶品なのです。
いや、僕は、きのこと同じくらいにとろろにも目がないのです。
それを知っていた店主の小林さんから
「北村君、あたたかい方食べたことないやろ。一回食べてみ。うまいから。」と話を聞きました。
確かに、とろろそばというと冷たい方のイメージ。盲点でした!
早速今日食べに。

このとろろ、写真を見て上の方にかかっているだけだと思ったら大間違い。
中までぜーんぶとろろなんです。
とろろとお汁を混ぜていて、カツオだしがきいたお汁ととろろが絶妙。
下からお蕎麦を探し出す感じです。
そして、とろろのおかげで正直これだけでお腹いっぱい!大満足です。
たしかに小林さんが自信をもって進めるだけはある!

安心してください。これは、きのこ違って期間限定ではなく、定番メニュー。
いつでも食べられます。

さてさて、それだけではありません。
今はとろろが旬の時期。
小林さんはこの旬の時だけ食べられる新たなとろろメニュー開発をしているそうです。

「すごい自然薯見つけた」と小林さんは言います。
この時期、毎週きのこを仕入れに行っている飛騨高山で、すごい自然薯をみつけたそう。
定番のとろろそばは「やまといも」を使っているそうです。
それも白く綺麗で粘り気のある美味しいとろろですが、
この自然薯は、弾力と味の濃さが違うとか。

試しにその自然薯をお刺身でだしてくれました。
a0026530_13373600.jpg
ひとつは、そのまま何もつけづに。もう一つは醤油を少したらして。
a0026530_13372578.jpg
どうですか。この弾力。
口にいれた瞬間、濃厚な自然薯の味が広がって、もうびっくりしました。
これはすごい。
お刺身で食べる方法と、とろろそばで食べる方法を考えているそうです。
これは楽しみでしかたありません!

岐阜県関市本町8丁目27
℡ 0575-22-2526
11:30~16:00(売り切れ終い)
定休日 金曜日

-----------------------
せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/

by takayukin_K | 2015-11-06 08:00 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K