「関の五郎丸」は第1発見者は。紙芝居劇団孫六座。


みなさん、「関の五郎丸」って知っていますか?関善光寺の大仏さんです。

a0026530_21103698.jpg
ほら、手がラクビー日本代表の五郎丸でしょ!
今日、中日新聞さんに取り上げられてから、早速夕方テレビにも登場!
今日の中日新聞さんによると

「W杯イングランド大会で日本が南アフリカに勝利した後、常連の参拝客が「ポーズが同じだ」と佐藤住職に指摘。
その後も次々と同じ声が上がり、佐藤住職は自身のフェイスグックに「関の五郎丸」と投稿してさらにひろまった」
とのこと。

この「常連の参拝客」こそ、創作紙芝居劇団「孫六座」の桜井さんです。
この方。
a0026530_21191307.jpg
孫六座さんは、お年寄り向けをメインとして、関の民話等を紙芝居にして公演をしています。
結成5年。どんどん人気が高くなり、今年は年間50回を超えそうとのこと。
今では10作の創作紙芝居があります。
関の善光寺、魂の木、関のいねんさんなどの郷土史的な紙芝居から
「瞼の母」、「岸壁の母」などお年寄りが好む紙芝居まであります。

桜井さんがなぜ、大仏さんの手に気がついたかというと、孫六座さんの処女作「関の善光寺」に
この大仏さんが登場するからです。
いつも見ていた紙芝居の絵にピンときたそうです。

「この常連客は僕やでね」と
関市市民活動センターに報告にきてくれました。

住職紙面で「ラクビーの試合前などに勝利祈願でお参りしてもられば」と言っています。
関は関商工を筆頭にラクビーが盛んな地域です。
さらなる名所になればいいですね!

ちなみに、孫六座さんへの紙芝居の依頼はこちら。

代表者名原 康博
電話番号0575-22-8775


せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/



by takayukin_K | 2015-11-03 21:28 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K