失った関の銭湯。昔は16軒もあった。

いま関には昔ながらの銭湯は一軒もありません。
ほとんどの家お風呂がある時代、マーゴの湯もあるので基本的には困らない。
でもないのは寂しいものです。

関に最後の銭湯がなくなったのはわずか4年前。
新町にある錦湯さんがおじいさんが91歳までやってみえました。

実は、なんとか、関で最後の銭湯「錦湯」をまちのシンボルとして活用できないか、考えてます。
というか4年前から考え続けています。
銭湯文化が根付くまち京都に同じ名前の「錦湯」さんがあります。
そこは、銭湯で落語会や音楽イベントを開催しています。
なにかヒントがないかと京都の錦湯さんにも見に行きました。
どう活用するのか、なかなかみえてきません。

まずは、少し動き出そうと、先日、錦湯の持ち主の方に中をみせていただきました。
その詳しいことはまた後日のブログに書こうと思います。

今回は、関の銭湯文化について。
以前、ぶうめらんで調べてみました。マップに落としてみると、
僕の子供のころは確かに銭湯だった!という記憶がよみがえります!

まだ錦湯があったころのお話。
2010年2月の取材です。

-------------
a0026530_11062088.jpg

関の銭湯をたどる

その昔、銭湯は地域の社交場であった。

多くが地域のなじみの人。

「当時のお風呂はいろんな人と話ができて楽しかった」

元平和湯の前を通りがかったおばあちゃんは、そう話してくれた。

しかし、昭和40年代になると、風呂を作る家が多くなり、全国的に銭湯は激減する。

関市においても、昭和43年の16軒をピークに年々減り続け、昭和61年には半分の8軒に、

そして現在は、錦湯(新町)1軒だけとなってしまった。

今回、少しでもその名残を求めて11軒の今を訪ねてみた。

関に銭湯文化が消えつつあることはなんとも寂しいことです。




せき・まちづくりNPOぶうめらんとは岐阜県関市のまちづくりをするNPO法人です。
http://www.vousmelan.com/story/#story1

フリーマガジンぶうめらんはボランティア編集部によって作られています。
編集部員募集中!
http://www.vousmelan.com/story/join.html

私の自己紹介ページです。
http://takayukik.exblog.jp/441800/



by takayukin_K | 2015-10-28 11:09 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K