からくりの正体

関市もやっと少しずつ暑さがやわらいできました。
小学生も今日が夏休み最後みたいですね。
少し時間がたってしまいましたが、夏が終わる前に、関市のお祭りの話題について書きたいと思います。

毎年楽しみにしているお十七夜。
関市の大門通り商店街で行われるお祭りです。
大門に住む人たちが、野菜を素材に、世の中を風刺る造り物が飾られます。
結構、工夫されててオモシロいんです。
a0026530_13515822.jpg

鵜飼や富士山世界遺産、原発とかが多かったですかね〜。
多くが、ただ展示するだけでは飽き足らず、カラクリで動く仕掛けとなっています。
これがまた情緒のある動きをするのです。
a0026530_13522146.jpg

この鵜飼の展示は、鵜匠が鵜を操るひもを上げるカラクリです。ひもがあがると同時にかすかに鵜が動くのがいいです。

a0026530_13523235.jpg

そして、これが9月に関市で開催する日本刀とエヴァンゲリオン展の展示。
オクラで作ったソードが動きます。

私は、以前からどうやってこんな素敵で情緒のあるカラクリを作れるのだろうと不思議に思っていました。気になっていました。
気になって気になって仕方ありませんでした。
今年、ついに、積年の想いを成就すべく、思い切って後ろを覗き見てしまいました。
そして、びっくりしました。
それがこの動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=jC8DzbNZwTs

http://www.youtube.com/watch?v=FSg1Ir3APfA

ん?知ってました??
by takayukin_K | 2013-08-28 14:03 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K