頑張れ!井藤真吾(中日ドラゴンズ)くん

昨日は私にとってGW最初の休み。
中日ドラゴンズの二軍も参加しているアマチュア大会ベーブルース杯を見に長良川球場へ行ってきました。毎年行きたいとおもっているんですが、やってることを忘れるんんですよね。
a0026530_11484469.jpg


お目当ては、この人。
関市武芸川出身の井藤真吾外野手。
博愛小学校、武芸川中学校、中京大中京高校を経て、2009年にドラフト7位で中日ドラゴンズに入団しました。当時は、ついに関出身の中日ドラゴンズの選手がでた!と大喜びで、すっごく期待をしたことを覚えています。
しかし、ケガもあり、プロの壁にあたり、2012年には一度自由契約。同年に育成選手として契約を結び直しました。育成選手とは、文字通り育成のための制度で、二軍の試合には出れますが、一軍の試合には出ることができません。また、伸びる見込みがないと判断されれば、次年度の更新はされないですし、しかもこの契約は原則3年という期限もあります。言うなれば崖っぷち。

しかーし、井藤くん、最近すごく調子が良いのです。私、二軍はなかなか情報が得にくいのですが、勝手に応援団として定期的にチェックしております。そのチェックによると、今シーズン開幕当初は、途中出場がほとんどでしたが、そこで少しずつ結果を残し、4月中旬からはほぼスタメンに定着。
3割3部3厘の好成績を残しています。
見に行ったベーブルース杯の試合では、アマチュアの大会で若手主体といえども、3番センターで起用。そして、なんと、2アウト2塁3塁のチャンスで、センター前ヒット。チーム唯一の2点をあげました。本人、一塁上でむっちゃ笑顔で嬉しそうでした。

同じ育成選手の赤田選手が最近支配下契約となったそうです。
一軍のチーム状態も悪いですし、このままの調子を続ければ、支配下契約も近いのでは!!
支配下契約できる期限は7月末まで。頑張って欲しいです。
そんでオフの時にはぜひぶうめらんで取材がしたい!!
by takayukin_k | 2013-05-05 12:12 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K