黒からそば登場

汁に中に黒い物体。
いったい何が浮いているんだ・・・。
a0026530_17352929.jpg


最近売り出している関のご当地グルメ「黒からあげ」。最近、「笑っていいとも」増刊号にも紹介されたりして、人気が出てきています。
そう、それが蕎麦の中に浸かっているのです(笑)

これを作ったのは、うどんそば処「喜家」。僕の同級生(イケメン)家族がやっているお店です。前、ぶうめらんで「イケメンが営むうどん屋」と紹介したら、本人に怒られました(笑)

この黒からそばは、昨日から販売開始されたそうです。
見た目は若干抵抗がある・・・。もともと黒からあげだけでも、抵抗はあるのに、それをそばに入れちゃったから、もっと心理的抵抗が増しています(笑)

ただ、味は、意外にイケるんです。
黒からあげは、昆布と関の名物である椎茸との粉を使用しています。
唐揚げをそばに浸すわけですが、もともと喜家のだし汁には椎茸も使っているそうで、意外にマッチしてました。
せっかくなので、麺屋にしかできない黒からを目指した方がいい!なので「黒からコロうどん」とか、天かすにも使ってもらえたらいいな〜と勝手なアイディアを伝えときました。

4人で行ったんですが、みんな好き放題。メニューには「黒からそば」しかないのに、「黒からうどん」、「黒からうどん」で黒からは別々、極めつけは「冷やしうどん」に黒からという、浸しようがないものも注文(笑)それを全部快くやってくれました。

ちなみに、今週末の関祭りの時はださないそうです。

ぜひ、一度食べてみる価値はありますよ(笑)
イケメンも一見の価値あり(笑)
by takayukin_K | 2012-04-16 17:53 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K