箱モノフォーラムを終えて

はじめに、ここのブログに書いていることは、北村個人としての意見で、所属、運営する団体とは関係ありせんので、あしからず…。

昨日開催された、健康福祉交流施設を考える市民勉強会。
少しでも多くの人に、この健康福祉交流施設のことを知っていただきたくて、この会のご報告をします。

意外にも会場は満員。椅子を急遽新たに並べて、用意した資料が足りなくなってしまったそうです。こんなにも市民に関心があるとは驚きました。全然ないと思っていたので…。やっぱり、多くの人が、何かがおかしいということに気が付いているんでしょう。

市役所から副市長はじめ、関係する副部長が出席。
今回は、建設部からの説明の後、事前にまちづくり協議会役員から募集しまとめた質問を会長がコーディネーターとして担当者に聞いていく形式で進行しました。

今回の市民勉強会は、みなさんがこの概要を知るいい機会になったんじゃないかな~と思います。
来られなかった方も、なんとなく雰囲気がわかるように、昨日のやり取りで、いくつか気になったポイントを挙げてみます。

○建設費と返済計画
建設費の28億円は主に合併特例債を使うそうです。合併特例債の説明もありました。28億円のうち、国の補助金が8億円、一般財源から8億円、12億円が合併特例債。その特例債のうち、7割(8億4千万円)は交付税で戻ってくるから、関市の負担は3億6千万円でいいという説明でした。
また、今後、数年後にはわかくさ・プラザの借金が終わるため、払う余裕もでてくるとのこと。人も減らしていくということです。

ただ、この当初の説明で省かれていたのは、税収が減るという面。

大きなものとして、合併の特例措置としての交付税です。現在、交付税は、合併前の板取、洞戸、武芸川、関市、武儀、上之保の6市町村分の交付税をもらっています。それが、合併から10年後、平成27年(借金返済額が一気に増える年でもある)からは、一つの市として扱うということで、6町村分もらってきた交付税が一気に減るわけです。その額は実際どのくらいあるのか分かりませんが、数億単位減ると思われます。

また、この頼りにしている交付税もいつお国が基準値を変えて、減らされるのか分からない非常に不安定な要素です。
さらに、この不況を受けての大幅な税収減。

担当の方も税収は「厳しくなる」とお話していた通り、楽観視できるものではなく、楽観的なシミュレーションでこれだけの借金をされても後々困るわけです。

○ランニングコストの8億8千万円
この館の運営に年間8億8千万円かかります。
現在も動いている施設が移転することもあり、現在の経費が6億300万円。つまり、2億7千万円以上があらたに増える年間コストです。
岐阜の未来会館は指定管理料2億円で廃止がきまりました。こちらは多くが丸抱えの直営で行うのにこれだけの経費。やはり、年間これだけ増えることは相当厳しいのではないでしょうか。

○多目的ホール
多目的ホールでは、業者7社に、飲食提供を含めたホールを運営することができるかを聞いたところ、すべてが「できない」と答えたようです。だから、間仕切りをして4つほどの会議スペースとしても使えるようにしたそうです。ただ、会議スペースも関市内に大量にあるわけです。ふれあいセンター、わかくさ・プラザ、総合福祉会館等々。また、同じようなホールで平和通会館の稼働率が7割以上あり、そこが耐震の問題で近い将来使えなくなるので、その需要が見込まれるということでした。この7割という数字、かなり疑問です。だって、結構簡単に予約できるんですもん。おそらく、1日の午前、午後、夜間のうち1回だけ入っていても稼働率100パーセントと計算しているのではないかと話している方もみえました。要するに需要予測が甘すぎるのではないでしょうか。

○新たに箱を作る必要があるのか
副市長は「集約することでよりグレードアップしたサービスを提供する事ができる」と答えていました。「グレードアップするお金が今よりも2億8千万円かかると認識してもらえればいい」とも。

そこから考察するに、市としても「ここに建物を作らなくても、今ある施設、その場での建替え等でサービスの代替は可能」と分かっているということです。
今まで完璧とまではいかないまでも、普通に提供されてきたサービス。

保健センターはその場で建替えればいいし、託児所はわかくさ・プラザにある子どもが遊ぶスペースとくっつけた方がより有効ですし、病児保育所は、病後児保育を委託している関中央病院に委託すれば良いし、精神保健相談所は、わかくさ・プラザの相談室でやればいいんだし…。

これを毎年ずーーーと2億8千万円+借金までして集約する必要があるのか。
この辺りが論点でしょうかね~。

このやりとりの模様は、まちづくり協議会のHPにて動画配信する予定だそうです。
生の声をぜひ聞いて、パブリックコメントに意見をしてください!

また、現在行われている関市議会でも3名の議員がこの建物のとを質問するそうです。

猿 渡 直 樹 日本共産党関市議員団 28日10:00~
桜 井 幸 三 平成会 29日10:00~
尾 関 健 治 あらた 29日13:00~

良ければ傍聴もしてみてください。
by takayukin_k | 2010-09-24 16:30 | ディープな関の情報

岐阜県関市の魅力をせき・まちづくりNPOぶうめらん代表北村隆幸の好みで発信するウェブメディアです。関に住んで、まちづくりに取り組む人ならではのディープな関の魅力を発信中。たまにまちづくりを暑苦しく語ります。


by takayukin_K